Home > 世間話 > ひょっとしてマジでやってるのか?

ひょっとしてマジでやってるのか?

中国大学受験:今年も鉛筆の「偽2B」問題が浮上

中国の大学受験「全国統一試験」を巡り、今年も鉛筆の「偽2B」問題が浮上している。採点は数年前から、機械読み取り方式を採用したが、読み取れるのは2Bの濃さだけ。しかし、受験生の急増で2Bは品薄状態。色の薄い偽物が市場に出回るようになり、知らずに偽物を使った学生は正解しても機械に誤りと判断され、受験に失敗する例は後を絶たないという。

流し読みしたときは「共産党はそうやって儲けてんのか、きったねー」と思ったんですが、受験生が思わぬ所で足元をすくわれないようにと、北京市や南京市などでは本物の2B鉛筆を支給。とか言ってるあたり、どうもギャグのつもりはないらしい。…あ! もしかして意図的に地域格差を!?

ニュースとしてはこっちのが面白いかもしれないが、あまりにマジすぎて引いちゃった。

コメント:1

Nakagawa 05-06-10 (金) 17:30

 すげー、ネタにしては質が悪すぎるからリアルな
んだよなあ、すげー、ほんとに。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20050610_1663/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ひょっとしてマジでやってるのか? from キョカラソドットコムホームページ

Home > 世間話 > ひょっとしてマジでやってるのか?

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top