Home > TVゲーム > 三国志NETが終わった

三国志NETが終わった

やっと、ぐっすり眠れます。

寝てる間に都市が奪われてはいないか、超心配で眠れない。自分の行動まであと50分でも、状況の変化が超心配で、起きてるときは離れることができない。なんともオソロシスなこのゲーム、ようやく終わりました。ここ数日、私の生活を完全に支配したゲームがようやく終わりました。もう寝る。っていうか帰ってきたら寝ちゃってドラフト出しそびれかけた。

せっかくなので、感想を交えて自分視点の経過。メモをあまりとってなかったので、うろおぼえな上に日付(というか日付感覚?)も記憶にないので、前後や認識がおかしかったら該当する人ごめん。

途中途中に、メモに残ってた作戦案を掲載してみました(メモから抜粋ではない…メモのほとんどがコレの羅列だった)。他国の人もこういうのとか、tipsみたいなのあったら見たいなあ、と言ってみる。

建国即滅亡〜鯆国仕官時代

  • 建国したら速攻で机国(くにばさん…通貨は苦煮葉…苦い葉を煮たものが通貨として使用されている珍しい国。民明書房刊「三国志・國林鯖版」)に潰される。
  • 鯆国(田丘殿…おかださん)に最速で招かれ、参加。
  • ぱわふりゃーな武力より人望を買われ(笑)、米撒き米撒き。
  • 南方を完全制圧しつつ、北へ中央打通。襄陽から洛陽まで一気に落とす。
    三国志地図1
  • 内藤殿(NIGHT-Dさん)やら猫那三位殿(かずさん)など、後の鯆国主力が続々参加。
  • 内藤さんにより、「たみちゅ!」が流行(米を撒いて民忠を上げる行動を指す)。たみちゅたみちゅ。
  • 襄陽西の那国(珂川殿…那珂川さん)と不戦協定。ああ、このときに協定など結ばず潰しておけば…。
  • 洛陽を呪国にとられて打通停止。襄陽から東に領土を広げ、華麗殿(かれ〜さん)の国などを滅ぼし傘下に加える。
  • このころ、襄陽以南を平定した鯆国、北東を収めた机国の二国が大国として確立。西方〜洛陽あたりは五カ国くらいの群雄割拠。
  • 那国から密書が来る。「大国の一武将で終わるより、小国の大将軍になりませんか」。
  • 半日くらい待って応じる。ちなみに胃が痛くなるほど悩んだわけではなく、給料が出るターンになってから寝返ろうと思ってた。さらば鯆国。

那国の軍師時代

目標は、三国志の字面どおり三国の均衡を演出すること。それには二大国に対抗できる国を作らねばならない。

  • 鯆国が6人、机国も10人前後の武将がいる中、那国は私と珂川殿わずか2名(実勢でなく総勢)。西方北部〜中央の武蔵中原国や呪国にすら劣る現状に悩む。人数は机>武蔵中原>鯆>どこか>那=呪くらいだったかな?
  • とりあえず、国境を接している鯆国人・武蔵中原国人・各国君主以外の全員にダメ元で勧誘の手紙を投げてみる。
  • 3〜4人が応じてくれる。特に机から2人引き抜けたのが大きい。人数だけなら中規模国となり、武蔵中原国・呪国に対抗できそうに。
  • 前後して西方南部を平定。東部は不戦協定の鯆国なので、敵は西方中部の武蔵中原国のみ。だが回廊状で攻めづらい。
    三国志地図2
  • 長安攻略作戦を提案。交渉のため延期。
  • 珂川殿の武蔵中原国吸収合併交渉の結果を待ちつつ、その間に内政を充実させる。
  • 交渉は決裂。戦争・戦争・戦争ができるぞ〜。かなり待ちかねた。武蔵中原攻略作戦発動。
  • 武蔵中原国を滅ぼす。次の敵は北西の呪国。那国の漢中と呪の長安でにらみ合い。長安すげえ堅そう。イゼルローンってかドルドレイ。
    三国志地図3
  • またも珂川殿の呪国吸収合併交渉で戦争ができない。戦争!戦争!戦争!一心不乱の戦争を!!!
  • やっとやっと交渉決裂。今度こその長安攻略作戦(命令書散逸)。
  • 注:敵だからって問答無用で滅ぼすと、滅亡後味方になってもらえなさそうなので、交渉で吸収したかった。武将数で優位に立たないと絶対に勝てないゲームだから、間違ってはいない。だが! 血気に逸る諸将を抑えなきゃならない軍師は大変なんです(涙)。軍師だって戦争したいんだよう
  • このころ、武将数の比が 那1:呪1.2:机2:鯆2.5 くらいになる。
  • 呪国にスチームローラーをかけている間に、鯆国が机国を中東部より電撃的に蹂躙。
    三国志地図4
  • あまりに早い机国崩壊速度に、那国は選択を迫られる。激しく抵抗する呪国を完全に滅亡させてから対鯆戦か、呪国は一時放置して机国を救援するか。鯆国が机国を飲み込んでしまうと、那国では対抗できなくなるため、机国が残っている状態で鯆国を牽制しなくてはならない。
  • 結局、呪国を先に滅ぼすことに。後背に敵を抱えたまま大国と事を構えるのは著しく不利。
  • こうなる前は、呪国攻略後、鯆国が机国を攻めれば鯆国を、机国が鯆国を攻めれば机国を攻める計画だった。
  • このころだっけ? 長安制圧と前後し、机国と不戦協定を結ぶ。鯆国との協定破棄は確定の未来。
  • 呪国を滅亡させ、那国は名実ともに第三の国となる。机国はまだ持ってる。よしよし。
  • 鯆国に対し、不戦協定の破棄を通達。12ターン後(半日後)に戦争可能となる。机国が息を吹き返し始める。
  • 襄陽攻略作戦。国境の江州に戦力を集結し、開戦を待つ。
    三国志地図5
  • 異常に防備の固い襄陽を攻めきれず、攻撃停止。逆に出撃拠点の江州を攻撃され、陥落寸前まで追い込まれる。
  • 江州防衛作戦。守備を優先させ、机国が襄陽を攻め始めるまで忍耐の一手。
    三国志地図6
  • なごみ ●【勝利】項注は華麗を倒しました!(10日12時4分) ●【勝利】内藤銀次は項注を倒しました!(10日16時2分)
    項注はRavelさん。
  • このへんでだいたい、終了までと同じくらいの武将数になる。 那16:机14:鯆23 くらいだったかな?
  • 鯆国に勝てる要素が全くない。どうしよう。
  • 鯆国の武将に手紙を投げる。「三国が3の国、那国で戦ってみませんか?今なら漏れなく最強国・鯆との厳しいバトルが待ってます。興味を持たれた武将の方は、那国軍師・恭祖まで”こっそり”お手紙ください。密書ります。裏切るのは、君だっ」
  • 誰も来てくれなくて(´・ω・`)。
  • それでもなんとか持ち直す。机国との共同攻撃を狙って交渉。敵の敵は味方、一国で鯆国は倒せない。
  • 第二次 襄陽攻略作戦。開始は翌日朝。のはずだったが…。
  • 朝起きたら、コレ。
    三国志地図7
    超驚いた。作戦開始前に江州を一気に落とされたらしい。
  • 最初に繋いだ時点では敵は成都までだったので、梓潼〜漢中を順に攻めてくる敵の頭を叩いて反撃と思ったが、味方は長安まで戻って篭っており、遅滞戦術が取れない。それでは急激に戦線を拡大してバラけがちな敵に体勢を整える時間を与えてしまう。一箇所で待ち受け続ける=敵に楽をさせることになり、無傷の敵に集中して雪崩れ込まれてしまう。また、当時の長安は首都だった成都より開発が進んでいたこと、長安の奥は未開発だったことから、長安が取られれば経済的に負けを意味するし、取り合いになっても土地が荒廃し、経済力はガタ落ち。そんなところで最終戦は行えない。最悪でも反撃拠点まで。もっとも、鯆国が突っ込んでくる場合を想定した作戦を立てていなかった私が悪い。
  • 本土奪還作戦(2/11)。急遽、漢中で防衛線を張る。その間にほぼ無抵抗で武都まで取られる。
  • 漢中の攻防。不完全な防衛線は一方的に押される。
  • 長安に集合命令。漢中を放棄し、長安を最終防衛線とする。
  • 机国から仕官を勧める密書。長安が落ちたら応じる、と返答。
  • 長安が落ちたらもう勝ちはなく、呪国のように無駄な抵抗を続けるしかないが、それは敵味方お互いにつまらないので降伏を進言するつもりだった。もし降伏しない場合は寝返る腹積もりだったが、結果的に長安は一度も落ちずに済んだ。
  • 机国の攻勢などにより、鯆国の衝力が落ちる。逆襲開始。
  • 漢中を奪回。本土奪還作戦(2/12)。成都まで一気に押し込む。
  • 江州奪回予備作戦 1。江州以外を取り返す。
    三国志地図8
  • この時期、鯆国最大の重要拠点・襄陽の北と東の都市は人口が0人となっていた。おそらく「堀」戦術をとり、故意に都市を荒廃させた(またはさせっぱなしにした)のだろう。人口0の都市は徴兵ができない=消耗した戦力の現地調達ができない。つまり、そこを拠点とした反復攻撃ができないため、防御側にとって一方的に有利な戦術である。これで西の江州までが堀になってしまえば、襄陽は三方を掘に囲まれ難攻不落となってしまう。江州を戦場とすれば、鯆国は確実に江州の堀化を目指すはず。だから江州を確実に確保し続けられない限り、何も考えず江州を占領することは愚策と言える。江州の獲り合いで都市が荒廃すると、那国が一方的に損をする。実際、鯆国による江州の防備は死ぬほど薄く、あからさまに堀化を狙っていると見られた。
  • 江州奪回予備作戦 2。が、武将の統制が完全でなかったため、江州の占領し合いで堀化してしまう。がーん。テラヤバス。しかし、こういう時こそ魔法使いはクールにせな。
  • これで江州を奪回・保持するには、最大半年間、現地徴兵をせずに敵の波状攻撃を凌ぎつつ、民忠を51以上にする。しかない。無理無理。
  • 無理だが、沈黙し続けていると敵は肥えるわ味方はつまらないわなので、江州奪還作戦。無理攻めをしてみた。やっぱし無理。
  • 策なし。なので挑発してみる。
    • 恭祖から鯆国へ「鯆国武将に物申す。少数の敵に怯え、何を襄陽に引きこもるのかと。敵の倍の人数がいながら、なぜ全国制覇を目指さないのかと。へたれの君主に尾を振り続けるが諸将の意思であるか? 恥ずかしくも情けなし。」
    • 田丘@襄陽から那国へ「那国武将にもの申す。きけば貴殿らは軍師・大将軍に2年先の行動先まで指定されるという傀儡であるというではないか(笑 そのまま生涯を終えるが諸将の意志であるか? 恥ずかしくも情けなし」
    • 恭祖から鯆国へ「鯆国武将にもの申す。貴国の君主は煽りに対し「(笑)」などと煽り返す小物なり。諸将の命運を預けるには、器も忍耐も足りぬなり。」
    • 猫那三位@江州から那国へ「貴国の軍師恭祖殿の言葉に、鯆国が軍師我、猫那が爪で返答としようぞ!」
    • 紅秀麗@襄陽から那国へ「那国、謀略と権道にて国を成すか、臣、追い詰められようとも、正道・王道を進む君子に従うものなり。臣、更に那国諸将に申す。偽王に尽くし天下を盗んだとて五岳正神に誇るる事適わず」
    • 恭祖から鯆国へ「紅秀麗殿にもの申す。貴殿の信は難解なり。その意味把握すること能わず。」
    • 恭祖から鯆国へ「猫那三位殿にもの申す。軍師は後方で指揮するものなり。挑発に乗りて前線に出るは愚将なり。」
  • どうにか江州の維持ができないかと、江州浸透作戦を立てる。が、これは偶発的に始まった次の作戦によりお蔵入り。たぶん実行してもダメだったと思う。
  • やたらオン人数が多くなったので、こりゃいける、ということで永安−江州便作戦、通称ワープ戦術を使用する。前回の襄陽攻略作戦の時に堀真殿(真堀一さん)の提案した、技術の高い都市の兵を前線で活用する作戦(4人くらいワープ担当がいた覚えがある。詳細失念。その時はオン人数の多数&持続が必要という理由で却下)を簡略化したもの。手順は下記の通り。
    1. 永安と江州に部隊長を置く。
    2. 永安で徴兵した武将(n時00分行動)は、江州の部隊(毎時30分行動)に入る。
    3. 江州の部隊長が集合をかける。
    4. 武将が守備なり攻撃なりする(n+1時00分)。
    5. 兵力を消耗したら、永安の部隊(毎時20分行動)に入る
    6. 江州の部隊長が集合をかける。
    7. 永安で徴兵する(n+2時00分行動)
    部隊の入隊/脱退は手動で行う必要があるため、武将はオンし続ける必要があるが、移動ターンなしで徴兵→攻撃を行える。この戦術は、部隊長同士の行動時間が同時に近いほどロスが少ない。この場合、武将の行動が毎時21分〜29分だとロスが1ターン生まれるため、その時間は訓練なり民忠上げなりすることになる。部隊長は集合をかけ続ければいいのでオフで構わない。
  • 別に永安である必要はなく、もっと遠い都市を利用した方がよい戦術だが、この時は成り行きで始まったので永安を利用した。また、部隊長担当も、そのときばったりだったのと、戦術が洗練されていなかったので30分離れており効率はよくない。
  • 念のため(長安まで攻め込まれて懲りた)、江州防衛作戦を用意しておく。
  • 「7月までに江州の確保&民忠51以上」に成功。堀は埋まり、徴兵が可能になった。
  • このあたりからだろうか、項注殿(Ravelさん)が軍師の軍師的になってくれたのは(笑)。
  • 今度は鯆国から挑発が。待ってました、こういう戦争もいいものです。
    • 夏侯元@江陵から恭祖へ「はじめまして、鯆の夏侯元と申します。鯆は2国に攻められるも膠着。ここは貴国で洛陽を攻められてみてはいかがでしょうか?状況は一変するかと。」
    • 夏侯元@江陵から恭祖へ「その際は、鯆の田丘君主に東方侵攻の進言と、崩れかけた机の諸将への呼びかけをお忘れなく。」
    • 恭祖から鯆国へ「貴国の夏侯元殿にもの申す。敵の攻勢を逸らすに策謀をもって当たるとは卑劣なり。我ら誇りにかけても洛陽を陥落せしめる所存なり。あ、違う、襄陽です。襄陽狙ってます。本当ですよ!」
    • 夏侯元@江陵から恭祖へ「確かに卑劣かも知れませぬが、このままでは状況は動きませぬぞ!襄陽へ潜入されれば判ると思いますが。襄陽は落ちませぬ。洛陽は手薄にござります。」
    • 恭祖から鯆国へ「貴国の夏侯元殿に再度もの申す。状況が動かぬは貴国の責なり。小国に怯え引き篭もる貴国の責なり。長江が乾くも匈奴の襲来も全て貴国の責なり。うまいだけの果実はなし。洛陽は貴国が攻めるがよし。」
    • 夏侯元@江陵から恭祖へ「よく解り申した。我が国の責務果たしましょうぞ。首を洗って待っておられよ!」
    • 恭祖から鯆国へ「貴国の夏侯元殿に再々度もの申す。我が国の首は貴国ほど汚れなし。たまには襄陽の外に出て運動されよ。」
    • 紅秀麗@襄陽から恭祖へ「ネタにしてもそろそろやめてくれるとありがたい。ぶっちゃけこっち今行動放棄10人以上居て動けないことで煽られるときついんだよね。」
    • 紅秀麗@襄陽から恭祖へ「カコウゲンさんがそっち全員に手紙送ってるんじゃなきゃ個人宛でやってくれるとうれしいなぁw 送ってるなら続けて続けて」
    • 夏侯元@江陵から恭祖へ「ええ、実は現在南方の国におりまして(^^;…襄陽にはおりませぬ(^^;…実は首を洗っていただいても槍が届きませぬ」
    • 恭祖から鯆国へ「貴国の紅秀麗殿にもの申す。ネタとは何ぞや? 煽りとは何ぞや? 我が国は信に信を返したのみ。動けぬ将がいるは貴国が責。貴国の事情など我が国は知らず。尻に火のつく日を楽しみに待たれよ。」
    こちらからすれば、敵方の主力ブレーン(と思われる)の考える時間を、自分がくだらない文章を考える時間以上に奪えればいい、程度の考えでした。
  • 机国の対鯆国攻勢が激しくなる。堀を奪ったり奪われたり、襄陽に攻め込んでみたり。
  • 鯆国の矛先が那国に向く。江州を奪われ、江州防衛作戦の通り成都まで撤退。だが、時間帯が悪く多数の武将が江州に置いてきぼりとなる(これは結果的によかった)。
  • 鯆国の攻めが異様に遅いため、机国と戦う時間稼ぎで追っ払われただけ/実は攻める力がない、と判断。江州を取り戻す。取り残され武将の守備ループによって占領即防衛ができ、占領キャッチボールで土地が無駄に荒れずに済む。
  • ここで膠着。
  • 15日17時でゲーム終了とのアナウンス。
  • 完全決着がなくなったので、襄陽を落とせば勝ち、守り切られれば負け、という雰囲気になる。
  • 項注殿との会話。項注殿のメッセージはメモしてなかった。
    • 項注殿に基本的に同意。ただ、攻撃をやめるのは守りにマイナスです。守備ループは必ず徴守で2ターンかかるけど、攻撃は2人抜けば攻攻徴で1ターン得、さらに守備をはがせる。
    • 攻撃を受けなければ守備がたまり、守備がたまれば攻撃に人を割ける。敵はこれでかなりターン得してます。最前線の人数はそう変わらないのに押されてるのは、攻撃で抜いてる守備枚数が違うからと思います
    • 鯆に勝つ、という視点だと襄陽を力づくで落とすしかないですが、まず技術400が最低条件。1ターンに15上げても追いつかないから、同条件にしての力押しはほぼ無理。
    • ゲームに勝つ、という視点でなら、机を食い荒らすのが一番早くて簡単です。洛陽−許都が破れれば。一昨日データだと、許都は城壁0。洛陽も22。守備は東。だけど今は攻撃方向からして人数割いてる可能性が高い。
    協定なんか破る気満々というか、気にしてなかった。たぶん机国と共同での襄陽攻撃がボツれば破ってた。那国が机国を食い荒らす速度の方が、鯆国が那国or机国を破る速度より早いと思ってた。
  • 机国と共同で襄陽を攻撃することになる。作戦開始の合図は、机国の江夏&新野占領。それと同時に、占領前から江夏&新野に潜ませた机国武将が襄陽を強襲する。
  • 第三次 襄陽攻略作戦。ワープ戦術を今度は長安−江州で使用。襄陽 の技術が500を越えているのと、おそらく守備ループ部隊と攻撃部隊を分け、攻撃部隊は訓練してから出てくるのとで、江州の雑兵や永安・成都の弓兵では太刀打ちできない。そこで長安の技術500(呪国の遺産&内政担当の努力)を利用し、兵の性能を五分にする。訓練値は机国と同時攻撃を行うことで問題ではなくなる。
  • 23:30ごろ、作戦開始。
    三国志地図9
  • 江州が民忠維持失敗で徴兵不可(農民が300人割った)になるアクシデント。長安の民忠も50を割り込む。が、敵が防戦一方なので、守備はある程度無視して攻撃優先とする。
  • 1:40ごろ、ついに守備を全て剥がして城壁に到達。「我到達敵城壁。579→476」
  • その後、200台まで削るが鯆国武将の守備が復活し始める。
  • 5:00ごろまでオンし続けるが、まだ落ちない。さすが襄陽、いったい何機のMSが降り(ry。2時間くらい寝る。
  • 起きたら襄陽が落ちてた。敵が襄陽に取り残されてる間に攻める。
  • 昼ごろ、鯆国を残り1都市まで追い詰める。
    三国志地図10
  • 反撃を食らい、2都市を取り返される。
  • 残り2ターンで攻撃するが、どうやら鯆国はこの事態を想定して南海に拠点を築いていた模様。滅ぼしきれないことが確定する。
    三国志地図11
  • タイムアウト直前、鯆国から2通の密書。内容は「箱舟に乗って南国へ行きませんか」という感じだった記憶。せっかくなので次なるフロンティアへ旅立つことにする。さらば那国。

再び鯆国時代&机国時代

  • タイムアウト後の鯆国掲示板を覗く。最後のコマンドで何する? という話題で、紫工事殿(FIOさん)が「呼んでみたら来そうな人に密書」としていた。それで呼ばれたのか!
  • ふと密書の項目を見ると、机国からの密書がそのままになっていた。もうゲーム終わってるから無効かな? と思ってOKを押してみる。
  • なんと机国に寝返ってしまった。ゲーム終わっても密書は有効ということが証明された。完。

感想

眠れる。

寝てる間に負けるのが恐ろしい。本物の将軍は万倍つらいのだろうか…。

最大の戦闘は「第三次襄陽攻略戦」。戦い自体はただの力押しだけど、ガンダムで言うと、規模:ソロモン戦>ア・バオア・クー戦/激戦ぶり:ソロモン戦<ア・バオア・クー戦 で、この戦いは後者って感じ。とにかく激闘。

一番お気に入りは「永安−江州便作戦」。特に指示しなくても動いてくれていた諸将が感動もの。よく那国は軍師で持ってるといわれたけども、チームプレイができ、かつ自立性の高い武将が多かったことが最大の勝因だと私は思う。誰かが統制を取り、武将は統制に従いながらも、その通りに動くだけではなくある程度は自分で考えて動く。近代戦で言うと「考える兵士」みたいな。

各武将が王様でも二等兵でもなく、軍曹的に動いてくれた。私の指令もだんだんと記述がアバウトになっている。細かく指示しなくても動いてくれることが分かってきたからだ。動いてくれない武将を軍師はどうにもできないし、考えない武将は軍師の予想外の事態に対応できない。他の国の武将はどうか知らないが、那国の武将はその点で強かったと言える。

そういう意味では、三国志NETは野球などのスポーツと似ている。指示に従うのが嫌だとか、逆に指示されたことしかやりたくないとか、しまいには指示するのが嫌だとか、本当にそう思っているなら参加すべきではない。仲間にも敵にも失礼だ。チームでプレイするゲームをやる以上、仲間とは協力して自分の役割を果たさなければならないし、勝てなくても楽しめればいいよ、なんて言うのは対戦相手を侮辱するに等しい。しらける。

やる以上は、特に勝利を争うゲームでは、相手も勝利を求めて争う意思があるという前提があるのだから(ないなら構わないが)、自分なりの全力で勝利を目指し続ける、という参加料を払わなければいけない。それがチームの仲間にも対戦相手にも、主催者にも敬意を払うことになるんじゃないだろうか。

勝利条件がどこにも書いてなかったので、襄陽を落とした那国が勝利者ということで。ってオラ那国じゃねえええ! やっぱり最大面積の国が勝ったことにしましょうか。

システムについてはまた後日。いい面も悪い面もレポートも感想も全然書き足りない。

コメント:17

Nakagawa 06-02-16 (木) 17:54

 きょ〜そという人材を登用した時点で、逆転勝ちは十分ありうると考えていました。
 当初、きめ細かい作戦は全部軍師がやってくれていたので、私は君主として、登用と他国との交渉のみにしぼって、戦術行動は軍師の指示に従っていたのですが、うまくいってくれたようでです。
 チームプレイと勝利を目指す義務については、完全同意。異口同音な内容を言ってくれて嬉しいとかいうと、お前の文章は感じ悪いから同じには思えないとか、言われそう(笑)

FIO 06-02-17 (金) 5:33

遅くに参戦でしたがかなり楽しめました。くにばさん、そして、参加者の皆様どうもです。
なんとなく分かってきた漢中攻防戦の頃には鯆の攻勢に限界がきてしまってたのですが、留守番隊長(勝手に名乗った)としては、その後の襄陽攻防戦のスリルが最高でした。それ以上に睡眠不足に悩まされました・・・那に取り残されたヒト救うための目覚ましとか使ってたし(ちなみに、それでも寝坊して国滅ぼしかけた)
いやしかし、そうですね、やっと眠れますね。
と思ったら項注殿と思い出話が弾んで今夜も寝られませんでした・・・

こざぴ〜 06-02-17 (金) 9:18

最後は机国にまで(笑)
【独立しるっ】
独立ボタンおいときますね〜

真堀一 06-02-17 (金) 11:16

ワープ戦術原案:http://www2.ocn.ne.jp/~mahori/kouryaku.txt
原案では「堀は埋めない(埋めても無駄)」が前提だったのですが、実際には埋め(堀地域での施し連打)と攻略の同時進行となりました。後々の融通を考えれば正解だったと思います。
堀真は戦闘では役に立たないし人望がいまいちなので施しも苦手だし、と中盤以降動きがぎくしゃくしていましたが、長安太守(自称)として銃後のお仕事させていただきました。どうもありがとうございました。
P.S.で、キャラもプレイヤーも漢字が違うんですが(涙)

きょ〜そ 06-02-17 (金) 13:27

>nakagawaさん
正論か否か、感じ悪いか否かについてはすでにチャットでボロクソ言ったので、もう言うことはありません。ただ、本件に関しては普段の知性はどこにいったのか疑問に思わざるを得ません。
>FIOさん
南海では参りました。早めにFIOさんに寝返ってもらえばよかったですね。そうすれば襄陽や他も、武将の戻りが遅くて、もっと早くいけたかも。
>こざぴ〜さん
勝ち組の机国に入らせてもらいました。たぶんあの後は那国の覇権拡大を逃れてロシアに逃亡したと思います。
>真堀さん
名前なおしておきました。ゲーム中はすごい神経つかって変換してたんですが、まだIMEが覚えてくれません(涙)。目立ちませんでしたが、内政では大活躍でした。長安の堅さは対机国の抑止力として大きかったと思います。
>原案
chouan.txtは見つかったのですが、kouryaku.txtでしたか、senryaku.txtとかjyouyou.txtとかで探してました。どうもです。
堀は意外と埋まるものでしたね。埋める戦術は一応出てきたので、今後は埋めさせない戦術を編み出さないとですね。
ていうか堀戦術自体できないシステム希望(笑)

内藤 06-02-17 (金) 17:48

 さすが、マップ入りだ。某てきと〜年表とは違いますな(涙)
さて、まず……
・「みんちゅ」じゃなくて、「たみちゅ」です!
 そこんとこよろしく。
いや、どうでもいいんですが、まずツッコんどかないと(笑)
・襄陽の「掘」。その通りです。
 新野と江夏はかなり前からですね。徹底してました。
いや、正確には徹底したかった……かな。
あとご存じでしょうが、昔は苑も弘農も「掘」というか焦土でした。
(苑は鯆が埋め立てるまで。弘農はたぶん最後まで)
そら洛陽と襄陽はお互い落ちませんよね(笑)
 江州は、守れそうなら鯆側の橋頭堡にしたかったのですが、
無理そうだったので、「掘」指定されました。
その後、鯆国から見てても、那国が「掘」を埋め立ててるのが分かったので、
おもしろかったです。たぶん那国のひとにはこの表現で通じると思いますが、
ちゃんと「町の人」連れてきてるなぁと。
・鯆国から見てても、那国がワープ戦法やってるのが分かったので、燃え。
 ていうか、集合守備/集合攻撃/先行守備/先行攻撃、テラウラヤマシス。
初期の頃には、鯆国もワープ「車掛かりの陣」を
「苑−襄陽間ワープ、ターゲット:洛陽」でやってたんですけどね〜。
要するにこの頃、苑も新野も焦土だったのでやらざるを得なかったんですが。
 そうそう、それで思い出したんですが、
初期の頃の鯆国。ほんとに10人前後いたら良かったんですが、
しばらく6人でした(涙)人数増えるまでは埋め立てとかできなかったの〜。
・そういや、鯆国の最大版図はボクヨウとギョウまでです。
 いやもう当時守る気なかったけど、一応主張しておきます(笑)
地名けっこうATOKに登録したけど、そういやこの2つは放置だったらしいです(涙)
・城壁と訓練なんてかざりです。えらいひ(ry)
・弓ラッシュ万歳!(涙)
 ノーコメントで(笑)
>感想
 多くは語らず、ただ同意するのみ。

 書き込もうとしたら、
名前のところのオートコンプリートに集合部隊名が残っててちょっと懐かしい。

きょ〜そ 06-02-17 (金) 20:22

某年表はさすが、年月が入ってますな。うろおぼえすぎて間違いだらけの某こことは違いますな(涙) というわけで、みんちゅと10人前後と最大版図をこっそり直しときました。緻密にメモっとけばよかった。いまさら年月つけて時系列見直すのも面倒くさいし、まいった。まあ、主観バリバリで書かれた歴史書もあるくらいだからいいですよね。たみちゅたみちゅ!
>堀
弘農は最後まで堀でした。最後の最後まで机の長安襲撃を警戒して偵察してました。洛陽も襄陽同様に難攻不落といえばそうなのですが、机は結局2箇所守らなきゃならないので、襄陽ほど脅威には思っていませんでした。必ず通らねばならない道ではないですから。
そうなると、中盤以降の机が異様に消極的だったのもうなずけます。防御が2箇所必須で、人数が劣勢で、出撃拠点が全部堀で、なおかつ武官少なめじゃ、自分から動くのは著しく不利ですね。それこそ鯆と那が争っているスキに埋め立てるしかない。
話それますが、机はその後、どっちかが勝ちきる直前で卑怯にも(笑)那国を裏切るべきだったと思います。
那が勝ちそうなら、襄陽攻めの間にこっそり弘農を埋め立てて隊長武将を1人用意(那は襄陽攻め中にこんなとこ偵察してる余裕ない)。襄陽−江陵あたりまで落ちて鯆の反撃が来たくらいで集合かけて長安攻め。右側は守りづらいので、いっそ防衛を放棄してはどうでしょう。梓潼まで取れれば洛陽−許都より東はツンデレ、じゃない、ツンドラ扱いでほったらかし。むしろ江夏から洛陽まで来るのに8ターンかかってロシアン防御が可能です。寿春〜柴桑あたりに城壁を200くらいずつ用意しとければ、さらに遅滞できてナイスでしょう。洛陽までリアル半日以上かかります。右側は守りにくいから、左側と領土を入れ替えられれば机が有利になるんじゃないかな、と。あの右側はハイパーネックだったと思います。
那が負けそうなら…どうすっぺ。でもあれで負けたら那がバカだよなあ。それでも負けたら…いや、負けそうと踏んだら、鯆と協定結んで対那は条約反古、机の長安攻めに時間差で鯆が江州を攻撃。那国領土を武都−梓潼で南北に半分ずつという約束。むしろ那&机の襄陽共同攻撃自体がブラフ。だったら打つ手は用意してませんでした。せいぜい長安に部隊を残しておく程度で。ゲーム外の要素ってやつで、机国はたぶん協定破棄はしない、と思ってました。
史実では(笑)、那国は長安を放置してはいないが襄陽固め&鯆攻めがメインだったので、長安攻めしかないでしょう。襄陽−江州だと3国入り乱れた泥試合になって、“那国を裏切った”ことによって得た速度を活かせない。しかし、ここで長安の城壁MAX(950)が効いてきたと思います。武力100に連弩50でも1ターンで落とすには6〜10人くらい必要なはずなので、武官の少ない机は足止め必至。さてどうする?
机は、篭りがち、篭らざるを得ない鯆よりも、常にどっかしら攻める気質の那が最も厄介だと考えるべきだったと思います。最後が机vs那だと、守りづらい領土を抱えた机が不利ですし、だからこそ那は机と組んで、最も邪魔な鯆を倒すべきだと思っていました。
>江州
橋頭堡になるのであれば、こちらは永安が最前線となり、江州が荒れて困るのは鯆なので、それの方がたくさん戦争できましたね(笑)。埋め立ては、TCで言うと相手領に農民8人くらい連れてって強引に城建てる感じで。そういえば博多掲示板で再TCスレ立ってますので、よろしければいかがでしょう。
堀は、敵がよほど間抜けか、町の人6人で民忠を2ヶ月で50にするとか、力の差が余程なければワープ以外で突破できないと思います。少なくとも現時点では。なので、焦土は構いませんが掘とワープはなしにしたいと思ってます。勝手に思ってるだけですが(笑)
>「車掛かりの陣」
そのネーミングセンスをください(涙
>・城壁と訓練なんてかざりです。えらいひ(ry)
今の三国志NETでは、訓練より徴兵-戦争ループのが強いと思いますね。資源が続くのであれば。でも武将多数でMAX訓練騎兵を使った無停止電撃戦はかなりもえ〜
長安で防衛がヤだったのって、襄陽から訓練済みの高級兵がそのまま来るからなんですよね。下手したら本当に無徴兵で突破されかねない。手前でちょっとずつ削って、現地徴兵した雑兵相手なら少しは楽ができるので。
>・弓ラッシュ万歳!(涙)
コストパフォーマンス最高、すなわち最強(涙)
内藤さんは最後まで、引き抜きたいなあ、でも来てくれないだろうなあ、でも欲しいなあ、楽になるなあ、と思ってました。全部任せて寝たいと(笑)。でもゲームとしては内藤さんが敵の方が面白いので、痛し痒しです。
まだまだ書き足りぬ=考え足りぬテラタノシス。
オートコンプリートってメガオイシス?(涙)

新十条 06-02-17 (金) 21:28

>話それますが、机はその後、どっちかが勝ちきる直前で卑怯にも(笑)那国を裏切るべきだったと思います。
タイミングをはかって破ろうという意見は出ていました。
そのタイミングは、那国が襄陽を抜いた瞬間。
襄陽攻略戦を那国鯆国で立場を入れ替えてやってもらっているうちに上部からという案でした。
計画だけで、それに向けた動きは少なめ。
洛陽の内政を充実させるのが、どちらに向かうにも良いということだったともいます。
なのに、反対に江州抜かれて那国が押されてしまうのですから、計画は計画のまま。
その後は終了時間が決まったので、襄陽陥落のみにターゲットを変えたのだったと思います。

中路 06-02-17 (金) 21:43

>寝てる間に負けるのが恐ろしい
朝起きたら亡国してました(涙)
自国ではありません、自国ではありません、自国ではありません…
コマンドはこの言葉が6つ並んでました。
本気でへこみました。

きょ〜そ 06-02-17 (金) 21:50

>新十条さん
そこで襄陽攻めて那国が復活したところをお召し上がりになられれば〜
やっぱり警戒はしとくもんですね。お互いに破る気はあった、と(笑)
>中路さん
僕も一番最初に同じ目に遭いました(涙)
亡国です… 亡国です… 亡国です…

内藤 06-02-18 (土) 0:06

書き出すと切りないかもなんですが(笑)
机国はそうですね。期限やリアル事情がなければ、
鯆国が壊滅しつつも滅亡しきる前に、那国を攻撃してたでしょうね。
そして、那国長安の城壁もそこまで段取りができてれば活きたでしょうね。
戦略的に生きない城壁は飾りってことでどうか1つ(涙)
(要するに高い城壁作るくらいなら、ゼゼコ増やしたほうが派
技術もないと意味ないけど。<ノーコメントにしようと思ったのに結局書いてるよ(涙))
机国は、苑、洛陽、許都、長江沿いに分散して布陣してましたので、
鯆国も那国も、段取り整えて真っ直ぐ洛陽方面に総攻撃できれば、
実は単独で洛陽・許都を落とせるだろうなと思っておりました。
(実際どうかは想像の域をでませんし、鯆国には即時実行能力があったかは疑問です。
あと、もちろん、那国は鯆国がそれをやりとげてしまったら困るので、
させてはくれまいというわけで(涙))
一方、鯆国は、襄陽落ちたらもはや国力ガタガタなので、
国土が多少残っても、その後、もう瓦解してると思います。
なので、実は机が動くのは、那国が襄陽落として即の
絶妙なタイミングで動かないといけないかもしれません。
(ある意味、襄陽落ちてからじゃ遅いのですが、落ちてないと鯆が机を襲うジレンマ)
ちゅうことで、那国は鯆国の襄陽落とせば、勝ち決定に近いでしょう。
人材の流れがどうなってたかわかりませんが、
鯆国人がほとんど全部机国に行ってもたぶん那国が勝っただろうなと私は思ってます。
(なお、私自身は、襄陽が落城した時点で、自分の解雇を君主に進言したでしょう。
鯆の勝ちはもうないとの判断で。たぶんね。てへ☆
そして、その後どこの国にも行かないを選択したと思います。
密かに、そのときに登用が来たときの文面考えてあったりします。
「返事がないただの屍のようだ」
で、襄陽城で討ち死にしたことにして、戦場を在野のままうろうろしつつ、
年月などをメモしながら、にやにやする予定でした。
結局、使うことはなかったですが、ひでー計画ですね(笑))
あ、そうそう、でも期限ができた時点で、
期限のときに、例え1都市でも生き残れば、三国引き分け、仲良く勝ち点1(?)なのですよ。
ゴールに向かったシュートが放たれていても、笛が鳴ったら得点0。おほほほ(謎笑)
(こういうの言うために、紫工事さんが「南海箱船計画」やってくれたと思うので、
書いとかないとね(笑))
>机国のツンデレ
机国は、洛陽・許都の内政値が案外低く、また内地も内政値があまりなかったので、
実は、寿春・合肥・柴桑がけっこうな収入源だったと思います。
戦略的に他が取れないなら、一時的でも東を捨てる覚悟では動けなかったかもしれません。
このへん、どうなんでしょうね。
(逆にいうと鯆はこっちを取られてる時点でしょぼーん。守る能力は無かったですが)
>江州橋頭堡
江州を橋頭堡化する場合は、永安を「掘」にすることになるんですが、
そうするとむしろ鯆が再度成都を落とせなくなるというステキなおまけ付でした(笑)
なので、どうせ容易にはできなかったと思います。
まぁ、長安に行ったときに成都を守れなかった時点で、
こっちが即負けというわけではないけど、「勝てない決定」な気分でございました(涙)
>長安と訓練
そうですね。ていうか武都・漢中で戦ってた感じだと、
襄陽の訓練済み強兵種軍団を使って、先行守備+ワープ攻撃を駆使して、
速攻連撃できない限り、たぶん長安を落とせなかったでしょうね。
現地で消耗戦になった場合、鯆は襄陽と分散してるぶんどうしようもなく。
いや、もちろん集合はかけたんですけど、まぁそういうことで。
>最大版図の嘘
実は、鯆がボクヨウ・ギョウを取ったときには、北海と渤海以北は机領のままで、
北海と渤海以北を鯆が取ったときは、陳留・ギョウ・ボクヨウは机領だったと思いますが、
ややこしいので黙ってます(といいつつ書いてます)。
>内藤さんは最後まで、引き抜きたいなあ〜
それはお互い様ということで(涙)
そもそも鯆に行ったのは、きょ〜そさんいるから楽だと思ったからなのになぁ(笑)

きょ〜そ 06-02-18 (土) 14:16

城壁は難しいですね。農業商業とトレードオフになるので(農業はそこまでいらないけど)、上げるべきところだけを上げるべきだけ上げ、いらんとこは0でないと無駄すぎ。人のいるところてか、主戦場は技術ですね。
またも話それますが、米ってむっちゃ余りませんでした? 中盤は農業1:商業1くらいでやってたんですが(わかんないから)、後半は農業1:商業2〜3くらいで丁度いいと思いました。それでも金が雑兵分すら足りないってことにはなりませんでしたが、高級兵のため米を売るハメになった武将が続出。
那国から言わせてもらうと、襄陽はともかく、江陵か武陵が城壁MAXで、しかもそれが事前偵察の時に発見できてたらすげえやだったなと。襄陽落としたあと、はなっから机に行く計画になってたかも(笑)。そしたら攻めも完全全力が出せずに落とせなかったかも。
今回のMAPだと大国に育つタネの場所って
・江陵より南
・成都周辺
・長安より北
の3箇所で、机国のあった場所は本来は最初に大国ができる場所じゃないはず。それでも机国が成立してたのは、単に初期に超圧倒的だった勢力が寿春と洛陽の2箇所にフタをでき、さらにその直後に自分らより強い勢力と弱い勢力ができて睨み合いになっちゃったからで、たぶんもう1回同じMAPでやったら洛陽周辺が主戦場、右上は渤海より北、建業より右下に小国ができてあとは取ったり取られたりになるんじゃないかと思います。襄陽もあそこまで固まる前に主戦場化して、代わりに江陵が堅くなるんじゃないかと。
最後は結局今回と同じ色分け(襄陽&合肥以南、江州〜長安、洛陽〜寿春)になると思いますが、旧机領は自然と他2国に狙われるNo1国になってる予感。
3国入り乱れて洛陽の取り合いがしたかったんだよう(涙)
洛陽・許都は、互いに邪魔しなければ那でも鯆でも取れたとは私も思ってました。同意。机がもっと強ければ、襄陽より洛陽が主戦場になったでしょう。襄陽と違って机には寿春があるから、洛陽は結構キャッチボールになりそう。
鯆が全員机に行っても那の勝ちも同意。たぶん新メンバーが機能する前に領土をかなり奪えて、頭数のせいで収入が落ちる攻撃ができる、はず。
中盤では、たぶん田丘殿は武将をクビにしたりしないだろうから、領土を削れさえすれば金も米もきつくなる…とか思ってました。
>「返事がないただの屍のようだ」
屍が返事しとる(笑) ていうか先生、倭国人なのに討ち死にしないでください(笑)
>勝ち点1
鯆は最高で引き分け、那は最低でも引き分けなのです!(涙)
>机国ツンデレ
内政値あげまくってそうな印象だったんですが、違うのか。それだと捨て領土は厳しいですね。那国も長安攻防の時に収入半分で、しばらく戦えるけど長期は金が尽きるな、と思ってましたから、机も同じか。
>最大版図の嘘
よく覚えてますね(涙)
侵食してる感じがするので、北海と渤海以北は机領にしときました。
>それはお互い様ということで(涙)
当時の鯆は、将来の圧勝が見えておりました(涙)
もっと武将の引き抜き合いが活発なゲームだと思ってましたが(三国志ゲームってそういうイメージ持ってた)、イザやってみたら、引き抜くメリットはあるけど引き抜かれるメリットがゲーム的にゼロに等しいのね(涙)。やっぱし個人の勝利条件がないのはイカンですね。何かを貯める(全体で例えば100万点しかないのを争奪)系がないと、より(何かの)獲得効率のよさそうな、条件のいい国に行こうって気は起こらないです。
例えば、名誉ポイントみたいなの。大都市は10万点、小都市は1万点とかにして、国土の合計点数がその国の規模。君主は例えば30%点、大将軍は10%点とか配点されてて、小国の君主より大国の大将軍の方が権力あったりして、酒とか頭からかけられても文句言えないの。それで、大国の木っ端武将より小国の将軍のがイイカンジにして、引き抜き活性化。そこに個々の戦績とか功績とか。
最初全体で100万点で、全土MAX開発で500万点分とかにすれば後発の不利もある程度ないだろうし。自分の開発された土地が荒れたらその分ポイント下がるし、戦争なら敵のポイントを奪えるとか。作る側は面倒くさそうだけど。
あんまりポイント溜め込んだ武将は、叛乱の芽を摘むとかいって君主に粛清(強制下野)される。逆に一定ポイントで独立可もしないとですね。誰が何ポイント持ってるかはわからない。頭のいい武将は数10%の誤差で見えるようにして、力をつけた部下にあまり手柄を立てさせないようにできたり…。武力バカが君主で、しかも国を長期維持できるって違和感あるじゃないですか。ランキングではベスト10は発表するけど順位はぼかさないと危険だな(笑)
武将も自分+COM幕僚みたいな方がやりやすそうだけどなあ。COM幕僚なら死の演出で痛みが出るし、銀英伝みたく自分の能力を補ってくれたりして。不在時は幕僚に任せるレベル(内政のみとか、戦争までしていいとか)を設定しとくと勝手に動いてくれたり。つまり幕僚というアイテム、装備ですね。高機能な奴は高い(笑)。
もっといくと、氏族の長とか。人口が0になったら敗北で、全氏族中最大の人口のプレイヤーが勝利者。徴兵可能人数も自分の氏族の人口依存で、戦争して勝って相手の民を吸収するか(完全指揮下でなく、あくまで配下が持ってる氏族の民。他氏族の民は自分の長以外の言うことは絶対聞かない)、10年くらい節約生活しないと徴兵適齢期の人口が増えなくて戦争できないとか。馬の頭数が足りないと兵士がいても一方的に負けちゃうとか。生めよふやせよ〜
ほんとキリないですね。今度は一緒に中国を統(ry

内藤 06-02-18 (土) 20:34

やっぱり際限ないらしい。
>米
米余りまくりでしたね。鯆国も商業中心にシフトしてからも、
結局、米を売って高級兵を雇おうって感じでした。
(余談ですが、銀国のときは知力10のため、なにをやっても内政値が上がらず、
その後てきとーに兵士雇ったら、米不足で破産しました。
むしろ知力に振った5がすごく無駄(笑))
そうそう、1つ聴きたかったんですが、那国では財テクしました?
複数都市間で米と金を転売して儲けるの。集合使ったりして。
鯆ではできなかったです(涙)
# 実は為替予約?(相場は、入力したときの相場が反映される)ができるので、
# それを使ったバグ技っぽいあやしいことのができるのを知ってたんですが、
# 使わないで秘密にしてました。
>江陵か武陵
そうですね〜。
ていうか随所で言われるとおり、これ、3倍くらいの人数がいるはずのゲームでしょうから
ひとが3倍いてちゃんと動けそうなら、そういうのを提案してたと思います。
タイミング良く後方で集合かけるひとがいるか(実は集合自体は定期便でもいいけど。
前線から退く人はオンして部隊に入らないといけないし)や、
内政値と城壁を上げる速度などなどを考えると。
江陵か武陵に内政人員移動計画はもちろんというかありましたし、少数は行ってたんですが、
あの人数で多くを移動してたら、襄陽がもっと早期に落ちて終わってたと思います。
まぁそんな感じで、襄陽落ちたらさようなら前提で動くしかない感じの
企画倒れで終わりましたとさ(涙)
>3国入り乱れて洛陽の取り合いがしたかったんだよう(涙)
初期の頃はまさにそれだったんですけどね〜。
>倭国人?
氏が内、名が藤、字が銀次ですよ?(え〜
>クビ
(毒が多すぎるので検閲されますた(笑))
>引き抜き
そうですね〜。
貢献と階級はあれど、そう機能してない感じでしたしね。
途中、銀次の貢献いらんから、上限ひっかかってるひと貢献上げてくれとか
思ってたのはあるんですが。まぁ、鯆はひたすら戦ってたので、やる気のある武官が、
貢献上げるのには困らんかったです(笑)
# 撃墜数は攻めないと取れないけど、貢献は防衛ループでも、もりもり上がるし。
余談ですが、銀次はあと500ちょっとで、階級が「皇帝」だったらしいです。
「皇帝」になったら簒奪できるのに(もちろんデマ)。

>車掛かりの陣
そういや送り込むだけなら、デスラー戦法?(笑)

真堀一 06-02-18 (土) 23:50

>商業重視
ところがこれが金給料の上限に引っかかってあまり意味がない罠(涙)
結局バランスのよい内政&米売りの方が効率がいいのかも

きょ〜そ 06-02-19 (日) 12:59

際限ないですのう(笑)
>米売り
資源担当みたいな武将(まさに文官)ができるといいんですけどね。譲渡できないのが致命的。あの上限に何の意味があるのかわからん。高レベル武将が100とって低レベル武将は1とかになるのを防いでる、と想像してますが、だったら上限より下限つける方がいい思うんだけどなあ。
>財テク
組織的にはやってません。各武将、そこまで困ってなかったような。どっちかというと、金なし米あまりってより、金たりるぽ米くさってるかんじで、特に後半は交換レートを気にするほどではなかったですね。金が尽きた人は個々で米売ってました。戦場の都合で最後の最後まで高級兵を出せなかった、というのもあるかも。
>ひとが3倍
3倍の速度でワープ、もとい、そんなにいたら統制とれないってか、何人かが想定外でも明後日の方向を向いてても、人数が多い分なんとかなるような気がします。そもそもそこまで細かいことするのを想定してるゲームじゃない疑惑(笑)
>襄陽落ちたらさようなら前提
これは最善手に近かったと思います。結局最後まで単独国相手なら落ちなかったわけですし、机と那を組ませなければ鯆の耐久勝ちだったと思います。
鯆の悲劇は、見かけ上の戦力が大きかったことかも。各国、同規模程度に丸まれば…やっぱ引き抜き裏切りが機能してないとこに行き着く(笑)
>貢献と階級
ある程度貢献あれば困らないですね。皇帝まであるのは驚きました。武将なのに皇帝って、先帝の隠し子が身を隠しているんですな。
>デスラー戦法?
デスラー戦法 の検索結果 約 533 件
ドメル戦法 の検索結果 約 172 件 (´・ω・`)
ガミラス戦法 の検索結果 約 26 件
ドメル戦法世代ですまん(?)
意外と情報ないもんですね。2chのせいだ!

内藤 06-02-19 (日) 15:57

>資源譲渡
そですねー。武将単位もですが、
もし国単位の譲渡ができてたら、銀国は東方諸国と組んで、
洛陽付近で、しばらく暴れてたと思います(笑)
>階級値低い武将の制限
新武将の急増で、突然バランスが変わるのとか、
それによって国の財政崩れないようにするのが目的なのかなぁと思ってました。
君主の許可とかなしに勝手に仕官できるし。解雇権も君主しかないし。
>財テク
あれ、やってませんでしたか。
きょ〜そさんならなんか組織だってやってそうだなぁと
鯆国では勝手に言われてたんですが(笑)
鯆国でも私は、米売れば、弓ラッシュするぶんには困らなかったんですが、
連弩とか(高いけど趣味で)武器とかほしかったし、
他国も財政状況途中まではそう違わないと思ったので、なんかやってるのかなぁと。
>ひとが3倍
そこで、むしろきょ〜そさんの感想に行き着きます。
もちろん方針やら指針やらは必要ですが、
一部の人が、完全な統制を取るようなゲームじゃないんだと思。
>襄陽
なんかこう、堅い城があると落としたくなるっていう感情が
起こってそうだなぁとは思ってました(笑)
>皇帝
そして、ゲームが長く続くと「皇帝」だらけに。
オソロシヤ。
>デスラー?ドメル?
ドメル戦法派か!
私もドメル戦法のほうがうれしいんですが(笑)

きょ〜そ 06-02-19 (日) 18:38

>国単位の譲渡
友好的な国に武器渡して、言うこと聞かない産油国と戦わせる大国もえ。
>堅い城
そこに城があ(ry
>皇帝だらけ
2〜3人殺しても予備だらけで簒奪できない(笑)
>ドメル派
宇宙空間で急降下爆撃もえですよ。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20060216_1810/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
三国志NETが終わった from キョカラソドットコムホームページ

Home > TVゲーム > 三国志NETが終わった

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top