Home > ベスプレ > 勝手にフォローする機

勝手にフォローする機

何か書いてみるテスト・4年目を、プログラムに詳しくない人向けに勝手にフォローしてみるテスト。

注:半分くらい憶測です。RBOツール製作者=那珂川さんの発言より得られた情報を、経験を含めて私なりに解釈したものです。私は内部でどういう処理をしているのかを正確には知りません。なので、そういった部分については質問されても答えを持ち合わせていません。

とりあえず転載してみるテスト。

PreviousERA = GetPreviousERA(lngPlayerID)
If PreviousERA > 500 Then
DeffenceAdj = -5
ElseIf PreviousERA > 450 Then
DeffenceAdj = -3
ElseIf PreviousERA > 400 Then
DeffenceAdj = -1
ElseIf PreviousERA > 350 Then
DeffenceAdj = 0
ElseIf PreviousERA > 300 Then
DeffenceAdj = 1
ElseIf PreviousERA > 250 Then
DeffenceAdj = 3
Else
DeffenceAdj = 5
End If
PreviousAVR = GetPreviousAVR(lngPlayerID)
If PreviousAVR < 210 Then
DeffenceAdj = DeffenceAdj + 5
ElseIf PreviousAVR < 230 Then
DeffenceAdj = DeffenceAdj + 3
ElseIf PreviousAVR < 250 Then
DeffenceAdj = DeffenceAdj + 1
ElseIf PreviousAVR < 270 Then
DeffenceAdj = DeffenceAdj + 0
ElseIf PreviousAVR < 290 Then
DeffenceAdj = DeffenceAdj - 1
ElseIf PreviousAVR < 310 Then
DeffenceAdj = DeffenceAdj - 3
Else
DeffenceAdj = DeffenceAdj - 5
End If
OffenceAdj = -1 * DeffenceAdj

なんかミミズがのたくってて分かりづらいので、日本語化してみます。

  • 前年度リーグ防御率が…
    • 5.00超 → 守備力補正値を -5 とする
    • 4.50超 → 守備力補正値を -3 とする
    • 4.00超 → 守備力補正値を -1 とする
    • 3.50超 → 守備力補正値を 0 とする
    • 3.00超 → 守備力補正値を 1 とする
    • 2.50超 → 守備力補正値を 3 とする
    • 2.50以下 → 守備力補正値を 5 とする
  • 引き続き、前年度リーグ打率が…
    • .210未満 → 守備力補正値に 5 を足す
    • .230未満 → 守備力補正値に 3 を足す
    • .250未満 → 守備力補正値に 1 を足す
    • .270未満 → 守備力補正値そのまま
    • .290未満 → 守備力補正値から 1 を引く
    • .310未満 → 守備力補正値から 3 を引く
    • .310以上 → 守備力補正値から 5 を引く
  • 攻撃力補正値は、守備力補正値に -1 を掛けた値とする
  • マイナスの方が良い補正がかかる、はず(パラメータを数値にすると能力値E>Sのはずだから)

ここまで、コレがなんであるか全く説明がありませんでしたので説明します。

RBOでは選手の成長に様々な補正がかかりますが、実は前年のリーグ平均防御率とリーグ平均打率から、野手や投手の成長に補正がかかっているのです。俗に“天秤”といわれている補正です。

パッと見て分からんと計算する気なくすなあ、という人向けに作りました。

それも面倒くさい人は表を見てください。

守備/攻撃〜.209.210〜.229.230〜.249.250〜.269.270〜.289.290〜.309.310〜
〜2.5010/-108/-86/-65/-54/-42/-20/0
2.51〜3.008/-86/-64/-43/-32/-20/0-2/2
3.01〜3.506/-64/-42/-21/-10/0-2/2-4/4
3.51〜4.005/-53/-31/-10/0-1/1-3/3-5/5
4.01〜4.504/-42/-20/0-1/1-2/2-4/4-6/6
4.51〜5.002/-20/0-2/2-3/3-4/4-6/6-8/8
5.01〜0/0-2/2-4/4-5/5-6/6-8/8-10/10

自リーグの防御率だの打率だのを計算することすら面倒くさい人は知らん。勝手にしてくれ。

この補正の特徴は以下の通り。

  • リーグ防御率とリーグ打率の格差が大きい場合(打高投低/投高打低)、格差を是正する働きをする
  • リーグ防御率もリーグ打率も高い(低い)場合、補正は小さい(打高投高/打低投低は補正しない)
  • 補正は弱いチーム/強いチームだけにかかることはなく、同リーグなら同様にかかる
  • 例えば守備・投手にプラス補正がかかる場合、防御率の高いチームにも低いチームにも同じように補正がかかる(補正はリーグ単位)
  • 補正はチームの強さに全く関係なく、リーグ内での結果によってのみかかる。リーグ全体がゲロ弱くても、防御率・打率が理想値に収まっていればプラス補正は得られない
  • 誰のどの能力が上がりやすい、ということには関係ない。全体の率にゲタを履かせるものと思われる
  • 本塁打が少ないから長打が上がりやすいとか、打率が高くても総得点が低いから上がらないとかはない。天秤に関しては打率と防御率しか見ていない

かなりクセのある補正です。以下、ちょっと偏ってはいますが天秤の働きが面白い方向に動く例。

例えば1リーグ6チーム中、打率.280で防御率4.50の打撃寄りチームが1つ、他は全て打率低防御率高のチームだったとしましょう。リーグ平均では打率が.225で防御率が3.45だとしましょう。この場合、天秤は守備補正4、攻撃補正-4となります。攻撃にプラス補正、守備にマイナス補正です。リーグ全体としては投高打低を是正する働きですが、1チームだけ存在する打撃寄りチームにとっては逆効果の補正となり、超打率のチームになる可能性が高くなります。1対5ではリーグ平均値が逆転するのはかなり先のことでしょうから、それまでの間、超打率チームはますます超打率チームになっていきます。

これを逆手にとると、結構面白い遊び方ができそうですね。

で、具体的にこの数値は何にどれだけ作用するのかですが、おそらくそのまんま成長力に足し算引き算するのではないかと思います。素の成長力に性別と監督の補正がかかった後に、重点・特訓・天秤とかかる…のだろうか。例えば、素が24歳CCCの野手で、女性で(BCD)、監督50歳SDADで(CBD)、重点長打で(長打のみ努C?)、特訓かかってて(EAB? 長のみ努A?)、天秤が守備系-1攻撃系+1ならば(防御率を上げようとする補正)、守備肩はESA、他打撃系はEBC、長打のみEBBになる、のかなあ? 重点がその能力だけ努1ランク増、特訓が全部才1ランク努2ランクだったかどうか良く覚えてない。

そうなると+10とか鼻血出そうですが、今のRBOで平均防御率3以下とか5以上とか、打率2割以下とか3割以上とかはほぼ出ないので(超偏っても冠制度により10年毎に是正されるし、そもそもそこまで偏る前に天秤が機能する)、実質的には表の中央9パターンしか出現しないものと思っていいと思います。

コメント:14

kyouso 06-05-18 (木) 12:57

本文中のプラス補正とマイナス補正って記述が、プログラム上の+-と実際かかる補正がいい方向か悪い方向かと混在してるような…。
各自で常識的な方向に脳内補正してください。

NIGHT-D 06-05-18 (木) 14:52

 補正の係り方。
トレの細かいことは知りませんが、たしか
監督補正後に、全員の該当能力に「天秤」補正であってると思います。
係り方も、たしか補正プラス1ならまんま該当能力の才能努力が、両方とも同じように
プラス1もしくはマイナス1ずつとかで。成長時も低下時もそれぞれ両方向に。
あくまで大元のベースは、なので、あとで他にいろいろ係って、実際は、
どうなってるかのかわけわからんですけどね。
 ところで、「天秤」はもう1つあります。定義次第では別のものですが。
ふつうの「天秤」を、私は「守備天秤」と呼んでます
(守備だけじゃないけど、守備にキツく出るので「守備天秤」)が、
「パラ天秤」(と勝手に呼んでる)ものも存在します。
リーグ内の平均球速が高いと、リーグ内全体に球速が上がりにくくなるとか
リーグ内に長打がないのばっかだと、長打が上がりやすいとか、そういうの。
どのパラにまであるのかとか、どのくらい効くのかとかは知らんですが。
# つまり宇治は、自らの存在が球速を上がりやすくしてるのだ!なにかの陰謀だ(違)
# 昔に「天秤」とか呼び出したのも、私で(いやもっと前に同じ呼び方してたひといるかもですが)、
# 語源は、大昔のウイニングポストの「血の天秤」に似てたからだったりします。
#
# *「血の天秤」=ある系統(ノーザンダンサー系とか)の馬が、
# ゲーム内世界全体でなんとか%を越えると、どの牧場でも、
# その系統の仔馬の強いのが、ほとんど産まれなくなる、という豪快な(?)補正。
#
# おまけのどうでもいいトリビアでした。
 「守備天秤凪」と呼ぶ現象があります。
リーグ全体がガチガチで、「守備天秤」が、強力な”守備投手低下・打力上昇”になったままの状態が
続くことです。その状態であるにも関わらず、上位の、ある球団の守備がちっとも落ちず、
(若くて高成長力な内野手が、最初から守備高い/もしくは上がったなど、理由あることもあります)
一方、下側にはまった球団は、「守備天秤」に引っかかりまくって、守備がちっとも上がらず(BとA/Sの差を)で、
下側になった球団は、どうにも勝てない状態になります。
 普段のRBOでは、けっこう変動する守備が、この状態になると、
全球団ほぼ止まったまま、凪のようになるので、(勝手に)「守備天秤凪」と呼びます。
そもそもは、「守備天秤」が強力にかかるので3年そこそこで終わることが多いですが、
運次第では下手する5、6年続いて、しばらく順位がロックされて(順位もほぼ凪に)しまったりする
ゲニオソロシキ現象です。
# ただ、逆にいうと、下側が永遠に続くわけではなく、一方打力は……。
# あとはレンタルでごにょごにょ。以下省略。
 で、これなんですが、この状態でも平均防御率が3.00を切ってしまうことは、
250年体制以降ではほぼありません。というか今の編成を考えると3.50を切ることすらレアケースです。
一方で、平均打率.230を切ってることは、けっこうあります。
ここの平均打率.230が、+1から+3になる境界条件ですね。
なので、「守備天秤凪」のトリガーは、ある意味、打率。敵は打率.230。撃つべし打率.230(謎)
 「守備天秤凪」の逆の状態、名前は考えてませんが「打力落ちまくり状態(仮)」に
なるには、防御率のほうがトリガーになりそうです。
1つか2つ下位球団が悲惨な防御率を出し続ける場合とかに。
現状で、リーグ平均打率が.310を越えることはないし、
2歩手前の.270すら越えることはあまりない感じなので。
もっとも、最近は6巡目でもまともな守備のチームが増えてる感じなので、
「打力落ちまくり状態(仮)」は、昔ほどは起こらないようですが。
 さて、ここからはチャットでも言いましたが、
現状では、「守備天秤凪」「打力落ちまくり状態(仮)」になる条件に
上位・中位球団はあまり関係しません。
というのは中位以上の球団は、ある程度のブレがあっても、
たいていバランスが取れてるからで、平均するとたいてい
きょ〜そさんのテーブルの真ん中へんに収まるからです。
ところが、下位球団には恐ろしいバランスのチームが存在します。
キャスティングボートを握るのは下位球団。そしてリーグ再編でどこに当たるかは読めない。
……以下省略(笑)
 書かないとか言ってたのに、釣られた〜(笑)
長くてすまんかった。

こざぴ〜 06-05-18 (木) 14:52

勉強になりました。
しかもニューマシンまで造っていただきありがとうございました。
でもわたしはそこまで考えて運営できないんだろうなぁ(涙)

NIGHT-D 06-05-18 (木) 15:17

250年じゃなくて251年体制ですね(涙)<細かい自己ツッコミ

こざぴ〜 06-05-18 (木) 15:31

わーい。なぜなにの増刊号だ(涙)

那珂川 06-05-18 (木) 16:27

> 守備天秤凪
 開発者も知らなかった副作用(笑)
 なるほどね、このへんの考察が、情報を一番知ってる開発者よりも強い秘訣なのかあ、と思いました。
 内藤さんも注も考察のレベルでは同じくらいなんだろうけど、注は自分の考察を外にもらさないで独り占めするから、その差が横浜Lと銀コレの差になるのか、などと勝手に想像して愉快になってます。

FIO 06-05-18 (木) 21:12

で、注の悪い評判はどんどん増していくわけで(笑)

中路 06-05-18 (木) 22:20

># つまり宇治は、自らの存在が球速を上がりやすくしてるのだ!なにかの陰謀だ(違)
こうして宇治が次のリーグでどこに行くかという一喜一憂が見られるようになるのですね(笑)
…でも、宇治自身の球速はほとんど上がってないような気もします。
いや、それで良いんですが…

NIGHT-D 06-05-18 (木) 22:33

いや〜、おもしろいし(笑)
ネタを振ってくれたきょ〜そさん、那珂川さんに感謝。
レスでなくて、補足を先に。
ちゃんと調べてませんが(ていうかすでにきょ〜そさんが調べてそう(笑))、
251年体制以降では、
平均防御率は、たいてい「3.51〜4.00」か「4.01〜4.50」で、まれに「3.01〜3.50」か「4.51〜5.00」、
平均打率は、ほとんどが「.230〜.249」で、ときどき「.210〜.229」か「.250〜.269」、
くらいかも。
しかも多くは、以下のどっちか。
「3.51〜4.00」「.230〜.249」 1/-1 ふつう堅め
「4.01〜4.50」「.230〜.249」 0/ 0 ふつう柔らかめ
で、以下の2パターンが、ときどきあって、
「3.51〜4.00」「.210〜.229」 3/-3 「守備天秤凪」発生注意報
「4.01〜4.50」「.250〜.269」-1/ 1 柔らか
さらに以下3パターンになると、もうけっこうレアな気がします。
「3.01〜3.50」「.210〜.229」 4/-4 「守備天秤凪」発生注意報・強
「3.01〜3.50」「.230〜.249」 2/-2 堅い
「4.51〜5.00」「.250〜.269」-3 /3 「打撃下がりまくり」発生注意報

Ravel 06-05-18 (木) 22:58

ふんっ(涙)

おかだ 06-05-19 (金) 17:44

興味深い話ですねえ。
じっくり研究させていただきまする。
>…でも、宇治自身の球速はほとんど上がってないような気もします。
球速早くなると追放処分にするからじゃないんですか?(笑

しか 06-06-26 (月) 3:03

ちょこっと電卓叩いてみましたが、333年度のローズリーグって下記のパターンにあたるんですかね?
打撃寄りバランス型球団としては痛いです(涙)
「4.51〜5.00」「.250〜.269」-3 /3 「打撃下がりまくり」発生注意報

kyouso 06-06-26 (月) 12:27

最近は新十条さんのブログ
http://shinjujo.exblog.jp/3756399/
で毎年情報が出てるらしいですよ!
・打撃不利警報(-3)
ローズリーグ
打率や本塁打数に注意し、早めに安全なリーグへ避難してください。
あれですね、1チーム当たり5人くらいずつスラッガーを外に出しておけば、翌年は天秤が一気に逆へ振れるんじゃないですかね。

しか 06-06-26 (月) 13:14

有力な情報ありがとうございます!
補正の効力がどれくらいなのか今からドキドキです(;;)

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20060518_1848/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
勝手にフォローする機 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ベスプレ > 勝手にフォローする機

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top