Home > まんが > 漫画紹介

漫画紹介

主に単行本で読んでます。今回は紹介なので、購入に必要な情報のみを掲載しています。

現在連載中で、おもしろい漫画

皇国の守護者

作・伊藤悠(原作小説・佐藤大輔)。ウルトラジャンプ連載中(月刊)。1-3巻発売中。

クレイモア

作・八木教広。月刊少年ジャンプ連載中(月刊)。1-10巻発売中。

HUNTER×HUNTER

作・冨樫義博。週刊少年ジャンプ連載(週刊)。1-23巻発売中。

休載が異常に多い。2006年6月現在、長期休載中。復帰予定は未定。休載率 ⇒ 34.7% [2006年27号現在]となっている(参考:HUNTER×HUNTER 休載リスト)。

シグルイ

作・山口貴由(原作小説・南條範夫)。チャンピオンRED連載中(月刊)。1-6巻発売中。

絵でも臓物が苦手は人は読まないほうが良い。

ヴィンランド・サガ

作・幸村誠。少年マガジン(週刊)→アフタヌーン連載中(月刊)。1-2巻発売中(マガジン版)。

マガジン連載時は休載が多かった。現在はまともに掲載されている。

鋼の錬金術師

作・荒川弘。少年ガンガン連載中(月刊)。1-13巻発売中。

ガラスの仮面

作・美内すずえ。花とゆめ連載中(月刊)。1-42巻発売中。

ただし、現在は連載が超長期中断している。復帰予定は未定。

ヒストリエ

作・岩明均。アフタヌーン連載中(月刊)。1-3巻発売中。

夢幻紳士

作・高橋葉介。ミステリマガジンで迷宮篇が連載中(月刊)。単行本は幻想篇・逢魔篇などが発売中だが、過去作品は入手難。

現在連載中で、おもしろい時期があった漫画

ベルセルク

作・三浦建太郎。ヤングアニマル連載(隔週刊)。1-30巻発売中。

カオシックルーン

作・山本賢治。少年チャンピオン(週刊)→チャンピオンRED連載中(月刊)。1-8巻(少年チャンピオン版)、1-2巻(RED版 タイトルが「カオシックルーンES」に変更)発売中。

多重人格探偵サイコ

作・田島昭宇(原作・大塚英志)。少年エース連載(月刊)。1-11巻発売中。

休載が多い。

拳闘暗黒伝セスタス

作・技来静也。ヤングアニマル連載中(隔週刊)。1-11巻発売中。

現在は連載が短期中断中(よく中断する)。2006年17号より再開予定。

アカギ 〜闇に降り立った天才〜

作・福本伸行。近代麻雀連載(月2回刊)。1-18巻発売中。

余談だが、アニメの出来は非常に良かった。特に前半は2005年作品では最高だと思う。

賭博堕天録カイジ

作・福本伸行。週刊ヤングマガジン連載(週刊)。1-13巻(賭博黙示録カイジ)、1-13(賭博破戒録カイジ)、1-6巻発売中(連載の区切りでタイトルを変えている)。

あずみ

作・小山ゆう。ビッグコミックスペリオール連載(月2回刊)。1-38巻発売中。

現在連載中で、おもしろい要素のある(あった)漫画

魔人探偵脳噛ネウロ

作・松井優征。週刊少年ジャンプ連載(週刊)。1-6巻発売中。

天上天下

作・大暮維人。ウルトラジャンプ連載中(月刊)。1-14巻発売中。

ホーリーランド

作・森恒二。ヤングアニマル連載(隔週刊)。1-12巻発売中。

最強伝説 黒沢

作・福本伸行。ビッグコミックオリジナル連載(月2回刊)。1-8巻発売中。

ピューと吹く!ジャガー

作・うすた京介。週刊少年ジャンプ連載(週刊)。1-11巻発売中。

以下は、上の紹介を書いた人間が書くこととしてはかなり矛盾が大きい。

いつも思ってたんだ、どうして漫画の紹介をするときに粗筋や感想を書くんだろうかと。売りたい側なら分からないでもないが、漫画を売る側でない人間までが粗筋や感想を、未読の人向けに事細かに書くのはおかしいと私は思う。おかしいという言葉に語弊があるなら、大きなお世話。

紹介するだけなら、「これ面白いから読め」で十分じゃない? 読むか読まないかはそいつの勝手だし、極論するなら紹介なんてのは「俺が面白いつってんだからハズレはない。読んでみろ」ということなのだから(当然ハズレはあるだろうが)、それで十分。紹介を読む側としては、余計な先入観や解釈のない、まっさらな状態で漫画を読みたい。ありませんか、ある作品についての記憶・知識を一切なくした状態でもう一度最初から読みたい、ということが。

だいたい、漫画を読むのに「どれが面白い?」「どれを読めばいい?」という質問自体が愚問としか言いようがない。質問を質問で返す奴より、間抜けな質問をする奴が一番間抜けだ。馬鹿とお節介は死ね。漫画を読むのに時間を惜しむなんてとんでもないことだ。それでは誰かが面白いと思っている漫画か、売れている漫画しか読むことができない。自分にとって面白い漫画を数多く見逃すことになるだろう。なんて恐ろしい! 最も恐ろしいと私が思うことは、一生のうちに面白い漫画を見逃してしまうことだ!(直訳風だな)

図にすると、
漫画界の図
中央の白い部分(A∩B∩C)の漫画しか読めないんじゃもったいなくね? という意味。

とりあえずブリーチは赤か水色。

コメント:7

那珂川 06-06-07 (水) 14:35

 マンガの貸し借りは頻繁にやってますが、自分が名前も聞いた事なかったのに、面白いマンガを貸してもらえた事もあります。
 まあ、お勧めを聞くのも、店頭で表紙買いするのも、機会を増やす努力のひとつって事で、それだけに頼ってると何ですが、それもやっているならいい手段じゃないかな、と思います。
 マンガじゃないですが、涼宮ハルヒの憂鬱は、普段ラノベなんかはまず読まない自分が、2年くらい前にあるサイトで紹介されているのを見て購入してみたところ、すごく面白かった、という経験があります。
 紹介者がどういうものを面白いと言うか、自分の好みにあってるか、そのへんを選別する作業も大事ですね。
 友人同士で、しばしば貸し借りする仲だと、「これ那珂川さん好きそう」ともってくるものに、あまりはずれがありませんから、貸し借りも経験値を重ねれば有効な手段になるということでしょう。

でぶりん 06-06-07 (水) 21:17

HUNTER×HUNTER って一応まだ続いていたんですか?
もう終わったんだと思ったました(笑
アニメの話になりますが、CSで新巨人の星やってます
ひゅうまが右投げになってるのに驚きw

咲葉 06-06-07 (水) 21:50

ARIAは紫、ネギまは白だと思うんですが、それ以外だと今現在買ってる奴は殆どが青なんですが(涙)
基本的に白や黄色の部分は妹が買ってくるので、困らないというのはある(笑)

kyouso 06-06-08 (木) 2:22

>機会を増やす努力
>紹介者を選別
激しく同意。
そういうのは友人が一番確度高いですね。
例にあげた漫画、半分くらいはネットがなかったら読む機会は永遠になかったと思います。いい時代になったものです。
>涼宮ハルヒの憂鬱
面白そうなんですが、まだ手をつけてません。はまったら限界まではまるパターンだと危惧しています。
>HUNTER×HUNTER
し、しつれいな!!!
私は冨樫の足の裏を舐めてでも続きが読みたいです。冨樫は現人神です。現代最高の漫画家です。
>右投げ
左右反転して放映してると見た!
と思ったら新でした。
>ARIA、ネギま
どっちもAの円には入りませんな(笑)
HELLSINGとTRIGUNとエクセル・サーガを入れ忘れた罠。アワーズが遠い。アワーズといえばナポレオンの漫画もいいですね。
ついでにヤングアニマルで今一番おすすめはデトロイト・メタル・シティです。ベルセルクファック。
少女漫画も昔は雑誌で読んでいましたが、最近はクズばかりなので読んでません。

kuniba 06-06-08 (木) 11:02

少女漫画、持ってるのは動物のお医者さんとハチミツとクローバー
昔は、きんぎょ注意報持ってましたわ。
ママレードボーイとふしぎ遊戯は借りて読んだなぁ
>ARIA、ネギま
私的にはARIAは黄色、ネギまは赤かなぁ(笑)
きょ〜そさんがあげてる漫画は、緑かも
あ、でも、ハガレンは読みたいすわ

ろばQ 06-06-09 (金) 1:32

本筋には関係ないですが、話題に上がっていたので……「涼宮ハルヒ」をスゲェ勢いでお薦めします。
小説版、アニメ版共にお薦めです。
小説版→アニメ版でも、アニメ版→小説版の順番で読んでもそれぞれ「面白いと確信して、途中だれても無理して読む(観る)」と途中から急激に面白くなります。
粗筋とか感想とか野暮なこと抜きに、お薦めの言葉を言ってみると
「これを読む(観る)と、凄く色々語りたくなりますor誰かがネット上で語っているのを読みたくなります」
 少なくとも、ろばQはそうでした。
 ぶっちゃけ、面白いとか面白くないとかどうでも良いです。ろばQは面白いと思いますが、つまんない、と言う人も勿論いると思います。
 でも、それはそれとして語りたくなります。
 そんな感じで一つ(何が?)。

kyouso 06-06-09 (金) 11:40

ちょwwwっうぇwww読みたくなっちゃう勘弁wwっうぇw
絵を見て二の足踏んだクチです。
「涼宮ハルヒ」、お前も(十派一絡げの萌えアニメとされるもの)か! みたいな。それ言ったら最近のアニメなんて1本も見られないので見てません。
作品本体がどうこうより、語りたくなっちゃう作品っていいですよね。仮にアラがあってもむしろ話題のタネになるというか。かつてのエヴァやROみたいなのは、そういう意味でも好みです。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20060607_1856/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
漫画紹介 from キョカラソドットコムホームページ

Home > まんが > 漫画紹介

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top