Home > 世間話 > 「選挙権ほしいなら帰化を」 県会議長発言

「選挙権ほしいなら帰化を」 県会議長発言

永住外国人に対する地方参政権の確立を要望した際、「帰化すればいい」と発言されたとして、在日本大韓民国民団県地方本部(朴昭勝団長)は28日、県議会の新田篤実議長に抗議文を出した。新田議長は朝日新聞の取材に対し、発言したことを認めている。

民団によると、今月2日、朴団長らが新田議長に地方参政権確立のための意見書採択を要望。新田議長は当初、「いけんものはいけん」と取り合わず、「竹島問題」にも言及。さらに「そんなに選挙権がほしいなら、帰化すればいい」と発言したという。民団側は「人権問題だ」とその場で抗議したという。

抗議文では「前回の対応を反省し、発言の撤回と謝罪を求める」としている。朴団長は「われわれの民族性を抹殺する差別的な発言であり、容認できない」と話している。

抗議に応対した県議会事務局の加賀美和正局長は「(地方参政権を求める)要望書は総務委員会に送ってある。抗議文は議長に渡したい」と話している。(福家 司)

ちょちょちょ、ちょっと待て、人権と選挙権と民族性の抹殺を一緒にすなーーーー!

日本だと誰も意識してないけど、国民の義務を果たす者が参政権を得られるんじゃん。これって与えられたものじゃなくて得たものだよね。制限選挙→普通選挙ってことで権利を得た…いや、革命して得たわけじゃないし、権利意識が薄いのかもしれない。話がそれた。

日本人と同じように税金払ってるんだから参政権が与えられるべき、とか言ってる奴は浅はかだと思う。じゃあ、日本人が外国で税金払ってたら参政権もらえるの? もらえる国あったら教えてください。何かと都合のよい“諸外国”という国ではそのような事例はありません(訂正:北欧や韓国等でありました。嘘書いてごめんなさい)。小学生がなんかで超所得を得て税金払ったら参政権もらえるの? 参政権に飛び級はありません。せいぜいテレビに出て親がアホ面さらすだけだ。税金で参政権が左右されるんなら、俺はたくさん税金払ったから10票よこせとか、所得がないから税金払ってない主婦やら老人からは参政権剥奪という話にも発展せざるを得ない。問題はそこではない。大半の人間の納税額なんか、公園の便所でクソ流す分くらいでおしまいだよ。

そもそも、日本という国、全体のために働く人を決めるための選挙、その参政権なのだから、日本という国と運命を共にしている人が参政権を得られるべきだと私は思う。

例えばだ、将来日本人に兵役の義務が課せられることになったとして(兵役と言う言葉にアレルギーがあるならば、金以外で行う全体の利益への協力と解釈してください)、日本に居住している日本国籍を持たない者に兵役の義務は課されるだろうか? また、我々は課すことを望むだろうか? 否だろう。んなことしたらそいつの国からめっちゃ抗議されるだろうし、敵対している国民だったら内部で何されるか分からない(そんな無茶苦茶な理屈、と思うかもしれないが、外国人に参政権を認めるのと同じくらい無茶苦茶なのは認める)。なぜこんな心配をするのか。それは、そもそも在日外国人は日本および日本人と運命を共同していないし、共同することもできないし、共同していると思えないからだ。

別に在日外国人が悪い奴らだ、と言っているわけではない。彼らには彼らの母国や故郷や守るものがあり、それは多くの場合日本よりも優先されるのは当然だ。日本が焼けるか傾くかすれば故郷に帰るものもいるだろうし、日本を捨てて他の国に引っ越すこともできる。だが、日本人の大半は“その程度”のことで日本を捨てて他に行くことはできないんじゃないだろうか。経済的にか郷土意識ゆえかは分からないが、「危なくなったら俺は国も故郷も家族も捨ててアメリカに逃げるね」とかリベラルぶって言ってる奴、実際そうなったら逃げられるのか? 大半の日本人は新天地に逃げるより、焼けた家を建て直すことを考えるんじゃないだろうか(私は日本人を信じすぎだろうか)。

国民の義務にはそこまで含まれんのか、というのはアレだが、日本という国と日本人が困ったときに、在日外国人は日本のために日本で働いてくれるだろうか、我々は働いてくれると思っているだろうか、ということなのね。その宣誓というか、イザというとき逃げないで協力してくれる保証みたいなものが国籍だと思ってるのね。仲間、家族、身内である証明。その証は絶対に手の届かないものではなく、義務を果たすこと(とその確約だな)を条件に権利を得られる道は用意している。

赤の他人の身内になりたいのなら、なりたい方が歩み寄らなければならない。強引に仲間に入ったところで、誰もが腹の中で「俺はあいつを認めない」と思い続けるだけだろう。例えルールが変わって参政権が認められるようになったとしても、「あいつは本当の日本人じゃない」と思う心までは変えられない。それは新たな差別を生む要因になりかねなく、それはお互いにとって不幸なことじゃないですか。

※日本人が全員立派で義務を果たし優れている一級民族だとか、そういう意図はありません。馬鹿でダメでどうしようもない子でも親は捨てないでしょ? 少なくとも他人の子より先には捨てない。

コメント:5

kyouso 06-07-01 (土) 1:20

頭にきて思い付きを書いてしまい、恥ずかしいので反省しています。

ろばQ 06-07-01 (土) 1:59

>じゃあ、日本人が外国で税金払ってたら参政権もらえるの? もらえる国あったら教えてください。
 これを受けて韓国では、在韓永住外国人に参政権が認められている (そう言う法律を昨年あたりに作った) 筈です。
 この一点に関する主張は一貫している様です。両国の永住外国人の数が全然違うとか色々ありますが。

ろばQ(補足) 06-07-01 (土) 2:04

外国人参政権に反対する会 公式サイト:
http://f57.aaa.livedoor.jp/~nazonog/
参考として、上記サイトの
>Q2. 外国には認めている国もある。
と、その回答をご覧下さい。ろばQの意見も大体一緒です。
失礼しました。

kyouso 06-07-01 (土) 2:15

外国人に参政権を認めている国なんかねえ! とか真っ赤な嘘つきました。ごめんなさい。訂正しておきます。
少なくとも「諸外国では認められている」という、賛成派による説得力のない主張ができる程度にはある、と認識しました。
>参考サイト
ちょっと検索してから記事をかけばよかったんですね。反省。
だいたい似たような感じで、誰も考えることは一緒だな、と思いました。

那珂川 06-07-01 (土) 4:36

 いわゆる欧州的な考え方ですと、納税の義務はインフラを利用する権利とセットで、兵役の義務が参政権とセットになっています。
 このあたりは、共和制ローマの昔から欧州はそうで、だから欧州では、近代国家になって国民が誕生するまで、庶民は徴兵されず、ずっと傭兵でやってきたんです。
 で、近代国家が出来て国民が誕生し、徴兵制度が出てくると、戦争では圧倒的に強いもんだから(ナポレオンのフランスとか)、近代国家にならないと滅亡するってなって、どこの国も国民を造ろうと意識改革をはじめ、そうなると当然、参政権も要求されて普通選挙に至ると、そんな流れです。
 日本は、平安時代から戦国時代までは、庶民が武器もって自衛するのが当たり前で、武士と農民の境界がなかったわけで、だからこそ加賀の一向一揆みたいに庶民が政権とっちゃう、みたいな政治意識が非常に高い状態になっていたわけです。
 で、江戸時代になって兵農分離されても、そのへんの意識から、自治意識が非常に高いまんま明治になったおかげで、国民国家の急激な誕生にも、政治意識の高さで適応できたという事で、日本人の感覚としては、参政権がいったい何と引き換えに与えられているのかが非常に曖昧で、感覚としては、共同体の一員ならば、って感じだと思います。
 で、その共同体の一員かどうかの境界を引くとしたら、国籍しかないわけですが、そのへん、曖昧にしておきたいのが日本人の特性で、まあ、そんな感じかなと。
 個人的な意見はまったく同感ですので、わかる範囲で、事実と流れをかいてみました。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20060701_1872/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
「選挙権ほしいなら帰化を」 県会議長発言 from キョカラソドットコムホームページ

Home > 世間話 > 「選挙権ほしいなら帰化を」 県会議長発言

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top