Home > 連続もの > リーグ展望 (1) α1:サヴィオリーグ

リーグ展望 (1) α1:サヴィオリーグ

α1:サヴィオリーグ
チーム名試合勝率
2王子サヴィオス59039619403.0 0.671 31.8
39広島東洋ガンダム590322268077.0 0.545 39.2
40鳥羽パールス590321269078.0 0.544 39.3
77北福島ピーチアップル5902743160125.0 0.464 44.0
78足寄球団5902743160125.0 0.464 44.0
118今治しまなみマリーンズ5901684220231.0 0.284 54.6
総当り対戦評価

しまなみ以外は格差が少ない。守備はよさげだが投手力が低いため、攻撃力とあわせて実に平均的。ドカンと勝ちもしないが大崩れもない印象。強いチームなら負け越せない、弱いチームなら勝ち越したいリーグ。

王子サヴィオス

野手の主力は老人&外人で不安いっぱい。投手と守備は次世代もいい感じなので、前半戦はまだ凌げるだろう。後半戦はヨーロッパ外野手の引き次第に陥ると辛い。

広島東洋ガンダム

守備力が非常に高いため、軟投中心の投手陣は額面以上の実力を見せる。だが、所詮軟投なので打線の援護は必須。守備力を維持しつつ攻撃力を強化できれば、後半戦は十分に王子を食えるだろう。

鳥羽パールス

投手陣は並以上と見るが、AやA+、Cが多いからだろうか、えう゛ぁる的には評価が低い。野手も悪くはないが、長打以外の芸が欲しい。投手の年齢が20代後半に偏っているため、もったいなくても切り捨てて新人を入れていかないと今編成後半から次編成前半がきつくなるかも。

北福島ピーチアップル

二三塁が守備Sだが、投手陣は主力とその他の格差が酷く、強い相手には歯が立たないだろう。野手はマルチポジションが少し欲しい。守備位置の融通が利かないので調子が悪くても休めず指数が下がり、額面以下の能力しか発揮できないはず。

足寄球団

守備力・投手力は一流並み。攻撃力も評価以上に高く、もしサヴィオリーグで賭けをするなら間違いなくここに張る。投手の並びや監督戦術を少し見直せばもっと勝てる。

今治しまなみマリーンズ

現状で勝ち目はないが、20代前半の有望な選手が集中していること、西大寺オーナーが代行していることから、5年後くらいに大噴火の可能性が高い。すべて低い評価となっているが、それが逆に不気味。明確な意図の存在を感じさせる。

コメント:2

スか 06-10-21 (土) 7:08

RBOに加盟してもうすぐ3年になりますが、
やっと抑えねばならないポイントが分かってきました。
3〜4位で安定して、ユーロ爆発で1位狙いという姿勢は
なかなか変わりませんが、
細く長く続けていこうかと思います。
それにしても、α1で優勝するのは爽快ですね。
今編成は、もう満足ですわ。

kyouso 06-10-22 (日) 19:57

優勝おめでとうございます。
もうちょっと満足せず、この調子で王子を押さえ込んで350年代の冠を狙ってください。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20061017_1928/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
リーグ展望 (1) α1:サヴィオリーグ from キョカラソドットコムホームページ

Home > 連続もの > リーグ展望 (1) α1:サヴィオリーグ

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top