Home > 連続もの > リーグ展望 (16) β5:ハイブリッドリーグ

リーグ展望 (16) β5:ハイブリッドリーグ

β5:ハイブリッドリーグ
チーム名試合勝率
12立川ハイブリッド590374216025.0 0.633 34.0
27船橋レッドギャンブラー590347243052.0 0.588 36.7
50東葛飾デルフィヌス590307282191.5 0.521 40.7
70薩摩川内クレセントムーンキャッツ5902853041113.5 0.483 42.9
92岡崎マッチョメン5902573330142.0 0.435 45.7
111長崎シーガルズ5902073821191.5 0.351 50.7
総当り対戦評価

極端な3強2弱1さんいに見えるが、今のところ東葛飾がやや弱めで長崎が上がってきているため、後半は4強になりそうな気配。出来れば今のうちに当っておきたいリーグ。

立川ハイブリッド

現在、総合2位で投手&打撃は1位という強力チーム。トップの選手は普通の一流だが、層が厚い。若手二遊間がうまく育てば、何の問題もなく他を寄せ付けない戦いができるだろう。

船橋レッドギャンブラー

ミスターFKO。守備力と投手力は、今の実力・年齢層ともにほぼ万全。攻撃力がこのクラスにしてはやや低いものの、全体としては十分大関級以上。並のリーグならば常に優勝を狙えるチームだろう。投手にやや技巧派が多いが、いずれも能力が高いので欠点ではない。

東葛飾デルフィヌス

最近弱体気味。守備と投手はどうにか一流どころの最低水準を保っているが、攻撃力があまりに低い。野手は中堅以上がほとんどで若手がいないため、数年内の建て直しも難しそう。相手が立川と船橋ではごまかしも効かない。つらい。

薩摩川内クレセントムーンキャッツ

ある意味異常なマルチポジション。意外と二遊が少なく一三外ばかりだが、これは選手の調子次第で“守備の影響の少ないところだけ”を入れ替えることができ、防御力を維持したまま安定した攻撃力を出すことができる戦術なのだ(思いつきで適当書いてます)。安定する分MAXパワーが低めという欠点があるので、さんいが定位置。

岡崎マッチョメン

典型的な放置球団の編成。常にドラフトリストの最強選手が取れるのでトップ選手は強いのだが、中堅選手は放置の影響で全く育ずレベルが低い。まさに格差社会。まともなチームでも一度壊せば20年祟る。地道に再建するしかない。

長崎シーガルズ

伝統的な防御型球団。1点で勝つため0点に抑える。長いこと低迷していたが、守備が上がってきてこれから上り調子になりそう。今はまだ投手のレベルが低いが、そこさえ整えば。あと、女性球団にしては全体に成長が低めなのがちょっと心配。

コメント:4

おかだ 06-10-24 (火) 16:25

弱体気味の東葛飾です。全くそのとおりです。
相当弱ってるんですが、首の皮一枚で3位とかとり続けたので選手が全然揃いません。
それになにより負けるとわかってる戦を続けるのがつらかった。
まあ今回しっかり初の5位を拝命したので、そろそろ巻き返しかなと思っております。
久々にユーロ外人もヒットしましたし。
でもどこをどう立て直すのか、問題点は色々解ってるのですが、対策がわからん。
とりあえず一ついえることは、ウチの球場がむずいです。
球場変えてから明らかに迷走し始めました。
広いしフェンス高い。でもそれだけじゃない気もするんですよね。
なんかヒントあったらご教示ください。
やや長文失礼しました。

NATSU(船橋) 06-10-24 (火) 22:16

> 出来れば今のうちに当っておきたいリーグ
ってことは、逆に言えば総当たりでは不利な可能性有りなんですね(涙)
平均38-40必要なんですが、厳しいかもしれませんね。
攻撃力不足はNIGT-Dさんにも指摘されました。
前リーグ中盤から投手陣崩壊で、補強をかなり投手よりにしたつけですね。
ただ、野手は若手で将来主軸って感じのがいないので、
外人頼みになりそうです。
長崎が上がってきたらしいので、攻撃有利天秤がしばらく続い攻撃力UPに期待です。
立川の将来に不安が無いのは悲しいですが、今年1勝したので、
なんとか、のほほんとされない程度には迫っているのかもしれません。

だいれく 06-10-25 (水) 0:29

立川の評価がこんなに高いとは…別チームの評価を見てるようです。
ただ将来への不安はそんなにないものの、さすがに今の強さを維持するのは無理ですね。
他を寄せ付けない戦いと言うものをしてみたかったですが。
しかし普通じゃない一流選手はどうやったら手にはいるのでしょうか。

kyouso 06-10-27 (金) 2:10

>東葛飾対策
眼長RPに不利な球場だから、眼長LPを入れればいいじゃない! と思って、足C以下のRP(中村、新井、馬場)をLPにしてテストしてみたら、総得点が平均23点、打率が4厘多かっただけでした。勝利数はほぼ変化なし。誤差の範囲内でしょぼーん。
たぶん、LPで足眼長AASとか、そういうスーパーな掃除機が出てくれば違ってくると思います。今はとにかくランナーを帰す力が不足してるように見えます。
>前リーグ中盤から投手陣崩壊で、補強をかなり投手よりにしたつけ
網走も同じだったりします。必死こいて野手出して投手とってたら、投手ばっかガンガン伸びて野手がスカスカです。こうなるといいヨでも引けないとだめですね。ぜんぜん引けません。
>一流選手はどうやったら手にはいるのでしょうか
僕も知りたいです。誰かこっそり教えてください。あいや、ください。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20061023_1937/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
リーグ展望 (16) β5:ハイブリッドリーグ from キョカラソドットコムホームページ

Home > 連続もの > リーグ展望 (16) β5:ハイブリッドリーグ

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top