Home > 連続もの > リーグ展望 (5) α5:カリユシHSSリーグ

リーグ展望 (5) α5:カリユシHSSリーグ

α5:カリユシHSSリーグ
チーム名試合勝率
9宜野湾カリユシHSS590381209018.0 0.645 33.3
33桜華フロンティア590329260169.5 0.558 38.5
52松江チーターズ590305285094.0 0.516 40.9
71米軍職員s5902833070116.0 0.479 43.1
89武蔵野Bravo!5902573321141.5 0.436 45.7
110柏崎犬道場5902073821191.5 0.351 50.7
総当り対戦評価

宜野湾・桜華・職員sはスペック通りなら40勝級。松江・武蔵野・犬道場も5割前後は余裕のはず。各チームが期待値通りの強さを発揮すれば、最も総当りで当りたくないリーグとなるだろう。2つしかない総合平均B以上リーグの1つ。

宜野湾カリユシHSS

オーナー代行中…だが、同じく実績S評価の富山オーナーが代行。現状は少し戦力が落ちた感じだが、すぐ上がってくるのは確実。なんといっても溜め込んだポイントによるトレ連打が脅威。宇宙より怖い。

桜華フロンティア

野手はいいが投手がよくない。よくないが、基幹戦力はあるので立ち回り次第で幾らでも補える。さすがA級オーナーである。野手も活きのいい若手が多く、後半戦は優勝候補の筆頭にあがるだろう。

松江チーターズ

守備がキツキツ。攻撃力はあるが次世代も二遊に悩みそうで、しばらくはオージー二遊を手放せないだろう。投手は根本的に使い勝手がよくない。完投のある投手は能力が低く、能力のある投手は完投が低い。なんとかしたい。

米軍職員s

やや攻撃力が低めだが、戦力は今のRBOで10位以内に入るだろう。ルパン一味が目立つが、いなくても勝負になるくらいの選手が揃っている。軟投&メリケンスタジアムなので、守備が落ちると即弱くなるのが弱点。

武蔵野Bravo!

守備がネック。投手は全体にパラメータ高めAタイプ多めなので守備が肝心だが、とにかく守備が低い。なんとか外人で凌いでいるが、日本人が実質ゼロなのが痛すぎる。攻撃力も高くなく、つまり野手がかなり弱い。外人を二遊ではなく外野で引けるようになってからが本番。

柏崎犬道場

投手陣はそこそこ。野手では正一塁手4人が目を引くが、二遊なら使うかも、レベルの打力しか持っていない。若手も長打だけ、足だけの選手が目立ち、先行きは暗い。若手が多いことは多いので一気に伸びれば逆転もあるが、運に頼ってはいけない。地道に上げていこう。

コメント:3

ぶらぼー!(練馬) 06-10-30 (月) 0:21

いつも楽しみに覗かせてもらっています。
武蔵野(→練馬)については、まったくもって仰せのとおり。SLDTで足を引っ張らないようにがんばります。
世代交代もうまくしないと取り返しのつかないことになりそうです…。

じゃが2 06-10-31 (火) 0:27

 っていうか、戦力落ちつつあるのはいいんだけど
340年代に入ってから痛い若手の落ち連発なので
しばらく芽が出ない生活が続くかも(涙)。

kyouso 06-10-31 (火) 12:46

>練馬
上位は二遊が欲しいので、うちまで流れるようにスルーしてくださると助かります。
SLDTはなるべく勝ってポイント稼ぎたいですね。強いリーグは総当りで勝ちまくれますから、優勝が厳しくても得だと思います。
>宜野湾
作戦通り落ちてますの(;;
塚本成分が多すぎるからじゃないですか?
マケボノが相撲の世界に帰ったので、すこしは良くなると思いますが。まさか球界に引き止めるつもりですか!!!

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20061029_1943/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
リーグ展望 (5) α5:カリユシHSSリーグ from キョカラソドットコムホームページ

Home > 連続もの > リーグ展望 (5) α5:カリユシHSSリーグ

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top