Home > 連続もの > リーグ展望 (15) β5:マリンレンジャーリーグ

リーグ展望 (15) β5:マリンレンジャーリーグ

β5:マリンレンジャーリーグ
チーム名試合勝率
11小樽マリンレンジャーズ590378212021.0 0.640 33.6
28吹田ホーネッツ590344246055.0 0.583 37.0
49小石川ブリザード590310280089.0 0.525 40.4
75宝塚黄猿歌劇団5902763131122.5 0.468 43.8
90日本海ブルーサンダーズ5902573330142.0 0.435 45.7
112恵庭チップスター5902003882198.0 0.340 51.4
総当り対戦評価

極端に強いチームも弱いチームもなく、戦いづらい相手。将来を見るなら小樽↓吹田↓猿↑小石川↑アンツ?チップ?なので、結局なんともコメントしようがない。大負けしなさそうなだけマシな相手、と言っておこう。

小樽マリンレンジャーズ

防御系は省エネが目立ち、効率は良いが強力な編成とはいえない。だが、攻撃力の高さで全てカバー。攻撃系として必須技能の長打は当然だが、選球眼の高さと徹底した長打系=プルが光る。投手では中継ぎ1と抑え1に注目。この2箇所の巧さ、対費用効果の良さは小樽最大の武器といっても過言ではない。盗むべし。

吹田ホーネッツ

足巧系の打線だが、RSが多めな分ちょっと非力。十分強いが、小樽相手にはかなり足りない。投手は必要十分。守備さえあれば勝ち負けになりそう。小樽が落ちてきたら頭を奪いたいところだが、次代の選手が薄すぎるので難しいか。

小石川ブリザード

実は富山オーナー風の人がやってるらしいので、放っておいても構わないだろう。長Bが全部Aならなあ。

宝塚黄猿歌劇団

打倒・小樽の最右翼。守備力は抜群だが、投手も野手も全体的にはいいものの切り札が足りない。外人が4人とも主力級とか、エース級日本人3枚とか、そういうのがあれば勝てそうなところまできている。超期待。

日本海ブルーサンダーズ

現在は横浜アンツが引き継ぎ。先の予測はつかないが、全てにおいて2枚以上不足しているので、急激にどうこうは無理だろう。地味に地道に選手を買い揃えていくしかないが、それが一番の近道ではないだろうか。

恵庭チップスター

こんなチームではなかったと思うが…。セカンドS以外はなんとも。実力のないオーナーではないはずなので、現時点をどうこう言っても仕方がないだろう。まずは全体に4キロずつ足りない投手からだろうか。

コメント:2

じゃが2 06-11-07 (火) 0:31

 放っておいても構わないといわれつつかれこれ20
年度くらい優勝から遠ざかってる気がしてたまらない
ポです(涙)。
 なんていうか、これからもどうしようっていうくら
い中途半端な地位になってるんですよね(涙)。
 なんとかするように頑張るしかないか(笑)。

kyouso 06-11-11 (土) 15:03

20年は想定外というか予想外(笑)

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20061104_1950/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
リーグ展望 (15) β5:マリンレンジャーリーグ from キョカラソドットコムホームページ

Home > 連続もの > リーグ展望 (15) β5:マリンレンジャーリーグ

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top