Home > 世間話 > 中国が欲しいもの

中国が欲しいもの

ステルス攻撃機に空母計画と、プロ市民風に言えば侵略用兵器を着々と揃えつつある中国ですが、彼らは一体何のために軍拡を進めるのでしょうか?

日本において「軍」という単語を口にすると、即座に「九条」「過去のナントカ」「キモオタ」「帝国主義者」「この人殺し」などの単語が連想されてしまいます。このように、軍事の話題となると自分自身(の国)の話に終始してしまい、他者との関係性は滅多に語られることがないどころか、その前段階で拒絶されてしまいます。

とはいえ、最近は北朝鮮の尽力で軍事について考える人も増えたと思います。たまには周辺国の軍備とその目的を考えてみるのもいいんじゃないでしょうか。

北朝鮮

ここは簡単ですよね。昔はともかく、今は、他国に対しては恐喝犯の包丁と同様の効果を期待して、国内に対しては権力の基盤として軍事力を維持しています。

物理的な力の衝突のみを戦争とするならば、すでに韓国以外に対しては意味のある軍事力ではなくなっています。対韓国にしたところで、たとえソウルを火の海にしたとしても北朝鮮が韓国を併合して統治することはできませんし、その能力もありません。なので、脅しの道具にしかなりません。

北朝鮮といえども(そこ、北朝鮮だからって馬鹿にしないように。彼らの指導部はきっとお前より賢いぞ)、目的のために軍事力を整備するのは我々と同じです。ですが、その目的はもはや「祖国統一」ではなく、「脅して当面の金をせびる」ことになっています。というか、それ以外に道がない状態です。「刺されたくなかったら飯よこせ」とは言うものの、刺す側は刺したら後がないです。

こちらは刺されても死にはしませんし、もしやられたら寄ってたかって北朝鮮をボコボコにするでしょうし、しなければなりません。しかし、ちょっとでも痛い思いをするのは嫌です。嫌でしょ? 適当に受け流しておけば収まるのなら、そっちの方が楽でしょ?

つまり、こちら側の被害ゼロで北朝鮮を無力化する方法がないから現状放置されているということです。このまま、多少の被害を受けても片付けないとヤバイ、ということになるまで放置されるんじゃないでしょうか(だから細々とでも支援が続くのだろう。死なれたら後片付けするのは中韓で、金出すのは日だから)。

仮に北朝鮮が無政府状態になったとしたら、中国やロシアは難民が嫌でしょうし(端から撃ち殺すんじゃないか)、日本だってそんなとこ(従順なら自国民として迎えて労働力にしてもいいと思いますが、反日だし)に回す金はありません(今のうちに嫌北朝鮮感情を醸成して、難民カワイソスとか言い出さない土壌を作っておかないと。自分の福祉を叫ぶなら、もっと不幸な人がいても見捨てなければならない)。祖国統一、とか言って全部押し付けられる韓国は経済破綻するでしょう(本当は統一したくないはず。せっかく大国に肩を並べ(?)つつあるのに、激しく足手まとい)。

たとえば、玄関前に犬のウンコがあって、片付けたいけど手が汚れるしなあ…飼い主も怖そうな人だしなあ…。みたいな状況です。あんまりアレなら警察に通報すればいいんですが、残念ながら国々の上に立つ政府や役所はありませんので、警察はいません。警察ぶってる人は1人いますが、おいしくない仕事はしてくれません。国連? それどこの町内会?

韓国

北朝鮮への備えもありますが、非常に日本を警戒しています。対北朝鮮だけなら、F-15Kやイージス艦は必須ではありません。中国には歯向かってもしょうがないです。明らかに対日本(対先進国)を意識した軍備を進めています。

売ってる側(アメリカ)はまた別の思惑があるでしょうし、韓国自身もどっちにつくか(米同盟側か、大陸側か)決めかねているかもしれませんし、どっちに転んでもいいようにしているのかもしれません。中国の前線基地になるか、アメリカの前線基地になるかですが…。

中国

冒頭でもお伝えしたとおり、近年の軍拡はアメリカ以外にとっては非常に脅威です。あれらはアメリカ以外は持っていないか、持っていても戦力として勘定できない数や性能のもの(ぶっちゃけ見栄)ですから。

中国周辺に、脅すなり攻略するなりに最新兵器が必要、かつ勝てそうな先進国は台湾と日本しかありません。ニュースにはないですが、揚陸艦(兵員や車両などを搭載し、目的地に上陸させる艦艇。港でなくても積み下ろしできる。プロ市民的には侵略兵器に分類される)も毎年何隻も建造しています。

ここまで読んで、「中国に侵略の意思はない。侵略しようとしているのは日本」とか言う人の話は流したほうがいいです。日本の貧弱な軍備に空中給油機や対空迎撃ミサイルがついたくらいで大騒ぎするような反戦平和主義者なら、モロ侵略兵器を増強する隣国に抗議しないわけないですから、その人は反戦平和主義者ではない何かです。

要するに、中国はやる気満々だとしか思えません。やる気ないならそんなもんガンガン作ったりしませんし、少なくとも、そのうち「マジで侵略可能になった」軍事力を背景に脅す気は満々でしょう。もちろん北朝鮮のようにストレートなやり方はしないでしょうが。

ちょっと前までは中東がホットスポットで、今は北朝鮮を中心にこの辺です。今後は台湾・日本を中心に、やっぱりこの辺になると思います。

だから何をしろってことはないですが、を含めた変な人や、多数のサイレントマジョリティ(意見の内容でなく、話の持って行き方が…。最近は稚拙すぎるとすぐネットで広められて馬鹿を見ますね [2chスレ])などには騙されないようにしましょう。

余談

「中国、韓国と仲良くした方がいい?しなくてもいい?」って聞かれたら、私は「した方がいい」と思いますし、そう答えますよ。した方がいいに決まってるじゃないですか、本当に。

だから、ちゃんとやればアンケートなんてアンケートする側が出て欲しい答えが出るはずなんです。このヘタクソ。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20061106_1953/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
中国が欲しいもの from キョカラソドットコムホームページ

Home > 世間話 > 中国が欲しいもの

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top