Home > ベスプレ時事 > 351-360冠予想(2) 358終了後

351-360冠予想(2) 358終了後

大きな動きがあった? 総当り358年度。

前回はちょっと手抜きだったので、今回はα・β別に表を作りました。さらに、表だけだとアレなのでグラフもつけました。

  • 冠ライン差 : その時点での暫定冠最下位チームを0ゲームとして計算したゲーム差です。ボーダーからどの程度離れているかの目安です。
  • 差の差 : 今年詰めた/広がった冠ラインとの距離です。プラスは冠に近づく、マイナスは冠から遠ざかる方向です。
  • 冠条件 : その時点での暫定冠最下位チームの勝率を冠ラインとして計算しています。今年の場合は、αが甲山の.610、βが赤坂の.602です。
  • 特に記述のない場合、矢印は「357年度→358年度」という意味です。

358年度終了時点 α

総当り状況

チーム名総順位α順位冠ライン差差の差試合勝率358勝敗冠条件
ロッソネロぷらねっと11→1-68.0→-75.5+7.547036310700.77242-18-0-1.7
博多フレアーズ22→2-46.0→-42.5-3.547033014000.70226-24-014.8
湘南ダイヤモンドダスト33→3-29.5→-39.0+9.547032614310.69544-16-016.5
北福島ピーチアップル44→4-23.0→-36.5+13.547032314520.69048-12-017.7
富山ミラージュ94→5-23.0→-22.5-0.547031016000.66034-26-024.8
小机ファントムラテルネ117→6-14.0→-17.5+3.548031017000.64638-22-024.8
浜芦屋ヨットマスターズ139→70.0→-10.5+10.547029817200.63445-15-030.8
神津島マリナーズ169→80.0→-1.5+1.547028918100.61536-24-035.3
広島東洋ガンダム176→9-15.0→-0.5-14.547028818200.61315-35-035.8
甲山ブルースターズ188→10-1.5→0.0-1.548029218710.61033-27-033.5
桜華フロンティア1911→112.5→1.0+1.548029118810.60836-24-034.0
横浜アンツ2613→1214.0→12.5+1.547027519500.58536-24-042.3
品川ワイロンズ3012→1310.0→18.5-8.547026920100.57226-34-045.3
中振コンデール3414→1421.5→22.0-0.548027020910.56434-26-044.5
ホワイトシャイン瀬戸内3518→1529.5→24.0+5.547026320610.56135-15-048.0
立川ハイブリッド3716→1626.0→26.5-0.547026120900.55534-26-049.3
熱血AGITΩの会3815→1722.0→26.5-4.547026120900.55530-30-049.3
東葛飾デルフィヌス4019→1833.0→28.5+4.547025921100.55139-21-050.3
恵庭チップスター4420→1938.5→32.0+6.547025521410.54436-14-052.0
千葉サニープレイス4516→2026.0→32.5-6.547025521500.54328-32-052.3

残り2年でACが冠を確実に。暫定冠上位グループでは博多が不調だったものの大勢には影響はなく、他チームも危なげなく冠をより確実なものとした。暫定冠下位では浜芦屋が大勝で安全圏に手をかけた一方、広島Gが60試合換算で僅か20勝と大コケ。一気に順位を3つ落とし、初冠落ちが注目される甲山とともにドーバー海峡まで追い詰められてしまった。

冠を狙う桜華・アンツは勝ちきれず現状維持、品川は冠ラインから-8.5ポイントでほぼ終戦。それ以下は終戦気味の品川にすら負けているため、逆転冠がありえるのは桜華・アンツの2チームに絞られたと言っていいだろう。

総当りレース経過

  • 358年度終了時点 総当りレース経過 α
    AC圧倒リードのグラフ

だから、みんなでACを潰さないといかんのです。次の10年ではACを包囲すべき。社交場的な意味で!

見て分かるとおり、入れ替わりがあるとすれば神津島・広島G・甲山・桜華の4チーム。浜芦屋の落冠、アンツの戴冠は少し難易度が高そうだ。

358年度終了時点 β

総当り状況

チーム名総順位α順位冠ライン差差の差試合勝率358勝敗冠条件
大館メイプルアクターズ54→1-17.0→-36.0+19.048032515500.67752-8-015.1
横浜ロイヤーズ63→2-21.0→-34.0+13.047031815200.67741-9-018.6
新大阪ユニセックス71→3-33.0→-33.0+0.047031715300.67433-27-019.1
宜野湾カリユシHSS85→4-16.0→-28.0+12.047031215800.66445-15-021.6
網走プリズナーズ102→5-22.0→-27.0+5.048031616400.65838-22-019.6
西大寺ヌードルズ126→6-11.0→-15.0+4.047029917100.63637-23-028.1
佐治パワーレンジャーズ149→7-0.5→-9.5+9.047029317610.62542-18-030.8
柏の葉ブルークッキーズ156→8-11.0→-6.0-5.047029018000.61728-32-032.6
御前崎アリアマリーンズ2014→98.0→0.0+8.047028418600.60436-14-035.6
赤坂キリド2111→101.0→0.0+1.048028919100.60234-26-033.1
西品川ハウスダンサーズ228→11-2.0→1.0-3.048028819200.60030-30-033.6
熱海ホットスパーズ2312→125.0→4.0+1.047028019000.59629-21-037.6
BCコスタデルソル2410→130.0→5.0-5.047027919100.59428-32-038.1
鳴門ファルコンズ2518→1417.0→5.0+12.048028419600.59245-15-035.6
乱波集団川並衆2720→1521.5→10.5+11.047027319610.58244-16-040.8
千歳キングサーモンズ2817→1615.0→14.0+1.048027520500.57334-26-040.1
船橋レッドギャンブラー2913→176.0→15.0-9.047026920100.57219-31-043.1
吹田ホーネッツ3116→1810.5→15.5-5.047026820110.57123-27-043.3
桃山ジャックポット3219→1920.5→16.5+4.047026720210.56932-18-043.8
東京プリティカラーズ3315→2010.0→19.0-9.047026520500.56419-31-045.1

大館まさかの52勝、ようやく減速気味の新大阪を抜き去り一気にβ首位へ。横浜・宜野湾も負けじと後を追う。上位は多少順位の変動はあったものの、7位の佐治までがプラスで冠キープ。8位柏の葉は負け越しで冠ラインと6ゲーム差まで後退。あと2年を凌ぎきれるか? 西品川は5割で粘るも圏外へ転落。BCも大失速で5差の圏外へ。

御前崎・赤坂は、自身の勝ち星は今ひとつも冠下位の不調を突き圏内へ乱入。ありえない加速を続ける鳴門が今年も猛チャージ、とうとうBCに追いついてしまった。川並衆も大勝で冠の灯りが見えてきた。千歳は肝心なところで急ブレーキ、最終年を待たずに終わってしまうのか? 船橋・吹田は負け越してお疲れちゃん。

総当りレース経過

  • 358年度終了時点 総当りレース経過 α
    自転車レースのようなグラフ

αと比較して、より接戦な様子が窺える。上位5チームはまず安泰、西大寺・佐治・柏の葉は期待値どおりならOKの範囲。御前崎から鳴門までの6チームは残り2年の調子次第か。去年までの不気味ちゃんは鳴門&千歳だったが、今年からは川並衆が危険な存在になりつつある。βは正直最終年まで展開が読めない。

キングサーモンリーグ

鳴門は冠厳しいとか言ったけど、撤回します。358の結果で、これはいけると思った。なぜなら最終年の同リーグ対戦で鳴門が一番勝つと思ったからです。

その根拠は、鳴門には高齢晩成が少ないから。晩成バグ修正の影響が、おそらくRBO全体でも最も少ないチームの1つなんです。それに伴い、若手が多い→成長も多いということで、今後数年は強くなる一方のはず。

キングサーモンリーグ ピーク過ぎ晩成・超晩の人数
チーム名野手投手合計
鳴門ファルコンズ112
千歳キングサーモンズ437
西品川ハウスダンサーズ213
網走プリズナーズ426
赤坂キリド325
有田オレンジサンズ336

あと、今回調べて初めて知ったのだけど、去年は網走がβ2位だったのね。今年で5位に落ちちゃったけど。こんなことならもっとがんばってβ1位を狙えばよかった。次からちゃんと順位を確認しながら遊びます。9差ならまだいけるかな? 高齢晩成が主力だし、金もないから厳しいか。無理せず次の10年で5位以内を狙える位置をキープした方がいいかなあ。

コメント:4

咲葉 07-06-07 (木) 22:03

>次の10年ではACを包囲すべき。社交場的な意味で!
それはすげー困るから却下(涙)

NIGHT-D 07-06-07 (木) 22:08

まず初左冠陥落は、当確?(涙)

こざぴ~ 07-06-08 (金) 13:47

 難易度の高い技は封印希望で(涙)
高みの見物を決め込むつもりはありませんが、甲山さんと桜華さんの同一リーグの強豪チーム同士の争いは楽しみです。
 以上、どっちにも抜かれたりしそうな浜芦屋でした(涙)

kyouso 07-06-11 (月) 13:10

>咲葉さん
いやいやいやいや。強者は寄ってたかって引きずり下ろされるのが常識ですよ。
>NIGHT-Dさん
5位富山と22.5差なので、左冠には連続50勝クラスのマジカルが必要かと(涙)
>こざぴ~さん
浜芦屋は、ちょっと落ちるとその甲山を引きかねませんから要注意です。しかし上がったら上がったで、品川を引いちゃう可能性も…

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20070607_2083/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
351-360冠予想(2) 358終了後 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ベスプレ時事 > 351-360冠予想(2) 358終了後

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top