Home > 天文 > 冥王星はどこへいく

冥王星はどこへいく

  • 2007-06-18 (月) 11:46
  • 天文

どこにも行ってません! 毎度おなじみ冥王星話です。

人間様が決めたカテゴリごときで格上だの格下だの、あほかと。自分がちょっとでも知ってる分野の報道は、ほぼ例外なく冥王星と同様の感想を抱きます。

2007/06/15-09:12 冥王星、また「降格」=エリスより軽いと判明-米天文学者

【ワシントン14日時事】昨年8月の国際天文学連合(IAU)総会で太陽系第9惑星の地位から準惑星に降格された冥王星の質量が、近年発見された準惑星「エリス」よりも小さいとの計算結果を米カリフォルニア工科大学の天文学者マイク・ブラウン教授らが発表した。

米天文学協会が14日明らかにしたところによると、同教授らはハッブル宇宙望遠鏡などで観測したエリスの衛星ディスノミアの軌道上の動きから、エリスの質量は冥王星の1.27倍と計算。エリスの直径は冥王星よりやや大きいとされてきたが、質量も上回っていることを突き止めた。冥王星は質量の比較でも、準惑星グループのトップの座に立つことができないと判断されたわけで、「第二の降格」(ロイター通信)といわれている。

ブラウン教授はエリスの発見者。その発見は冥王星が惑星なのかどうかの論争を巻き起こす引き金になった。

どうあれ、直径で似たり寄ったりな星が複数発見されている時点で冥王星に惑星復帰の目はありませんし、たぶん同じような起源で直径が大きいならエリスの方が質量も大きそう、悪くとも極端に小さくはないだろうと想像はつくので、そんなに意外な話でもないでしょう。

惑星と準惑星を分けること自体、いかにも近い将来の再変更がアリアリで気に入らない。恒星を一定周期で公転する恒星でないモノ(彗星とかアレコレ除いて)は惑星でいいじゃんよもう。太陽系の他に同様の系が見つかった時に絶対再定義されるよ。ついでだから、天文用語も実情にあったものに変更しちゃいませんか? 恒星(恒にある星)とか惑星(惑う星)とか、まんま天動説ですよね。用語が天動説だから最近の小学生が天動説なんだよ! と無茶苦茶な仮説を述べてみる。でも漢字だから字面で直感的に分かるのって結構重要じゃないでしょうか。

99%話は変わりますが、ガリレオの望遠鏡(有名な2連装のやつ)のキットってないですかね? デアゴスティーニでいいから出してくれないかな。

コメント:3

NIGHT-D 07-06-18 (月) 13:59

私は前から冥王星をあんまし惑星だと思ってなかったので、むしろ惑星とドワプラ(準惑星のこと(笑))の境目より、ドワプラと小惑星の境目のほうが気になる今日この頃。
ケレスはドワプラだけど、パラスは小惑星?
ていうか、メインベルトでもあれなのに、海王星より外の遠い天体の見分けつくのか?
そいや系外惑星がはっきり見つかったら、超惑星(木星よりめっさでかいの)とかいう分類できるんですかね。
ガリレオな望遠鏡は、レンズと筒とかを買ってきて是非自作してください(涙)

那珂川 07-06-18 (月) 17:40

 冥王星が惑星にカテゴライズされた事そのものが、アメリカの政治力だったりするので、科学的に再定義すれば外れるのは当然と
いいつつ、慣習はそうであった期間の長さそのものが説得力になるので、いまさらだと違和感がぬぐいきれません。

kyouso 07-06-19 (火) 23:47

>超惑星
うけた(笑) でかすぎれば褐色矮星でいいでしょうけど、木星の5倍とか微妙なヤツもそのうち出てくるだろうから、どうなんでしょう。ドワプラの向こうなら、ジャイプラ? 巨惑星。
超惑星といえば、ファンタジーゾーンを思い出します。ドリル惑星。ドリミッカ! グラブンガー!
>ガリレオ望遠鏡
手軽なところではオペラグラスみたいのをバラせば作れるかな、と思います。本体より装飾を再現する方が面倒くさそう…。ほんとにキット欲しいです。
>違和感
私ももう冥王星=惑星で固まっちゃってますから、「太陽系の惑星を9個言って! 今すぐ!」と言われたら 「~~~海冥…あっ、しまった。8個じゃん」となるクチだと思います。
自分の記事を蒸し返しますが、天動説が地動説になったときの違和感はこんなもんじゃなかったんだろうなあ、と思いました。冥王星はまだ見た目が小さいので「ああ…そうなんだ」と思えますけど、太陽の周りを地球が回っているってのは、証拠を並べられても信じがたい。そういうのが気になる前に教育されたので地動説を信じられますが、そうでなかったら疑わしいかも。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20070618_2091/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
冥王星はどこへいく from キョカラソドットコムホームページ

Home > 天文 > 冥王星はどこへいく

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top