Home > ベスプレ時事 > 359年度の抱負・結果1

359年度の抱負・結果1

結果が半分出ました。

>大館を30勝台に抑える
大館メイプルアクターズ5→640勝20敗0分

無理でした。惜しい。

>リーグ対リーグで220勝以上する

188対172

無理でした。網走35勝しかできなかった。さらに、大館40勝、多摩34勝、東海村31勝と、3チームに勝ち越しを許してしまいました。

鳴門ファルコンズ25→2140勝20敗0分
赤坂キリド21→2037勝23敗0分
網走プリズナーズ10→1035勝25敗0分
千歳キングサーモンズ28→3233勝27敗0分
西品川ハウスダンサーズ22→2527勝33敗0分
有田オレンジサンズ92→10116勝44敗0分
大館メイプルアクターズ5→640勝20敗0分
多摩クリティカルヒッツ43→4334勝26敗0分
東海村メルトダウン36→3931勝29敗0分
北陸カノン104→10426勝34敗0分
柏グラスプリズン78→8025勝35敗0分
新宿アザレアガーデンズ85→9316勝44敗0分

(c)たまにくにばん

今年の網走は、先発1と2が球速アップ、正二塁手の遊足ス巧長5段アップなど好材料が揃っていました。勝てる要素は揃っていましたが、正三塁手の故障が痛かったんだと思います。

5 沢村 B P - - - B - - B B B A C D A +1 0 340 ; M 42 晩成 C B B 3-N2 -

鳴門からトレードで来た奴が最後の最後で裏切りやがった。

42歳だから仕方がないと言えば仕方ないのですが、問題の控えはこの2人。

- 剛力 L P - - - A - - B C D D B D A -2 -1 240 ; M 23 普通 D A B -
- マスターパル R P - - - C - - C A D E C C A +1 0 260 ; M 28 普通 B B C -

普通に考えたらマスターパルが出そうなんですが、たぶん剛力が出てしまったはずです。監督のタイプ-2にしてたし、出ちゃうのもテスト済です。しかし、素の状態でも監督タイプ-2でなければ勝ち目が薄いと見ていたので、沢村が故障したらもう仕方がないと考えました。全てのポジションに十全な控えを用意することはそうそうできることではありません。

と、もっともらしい理由をあげてみたけれど、たとえ沢村が故障しても、剛力を二軍にしとけばまだマシだったはずなんですよね。だけどマスターパルは守備がなあ。守備Bなら剛力は文句なく二軍いきなんですが…。沢村も常時3割打てるかといえばそうでもないので、重点トレで剛力の足とかが伸びてくれれば沢村の調子悪い時を補えて…という皮算用をした分だけ油断がありました。結局オーナーの読みが甘くて負けたということですね。

もっと言うなら、マルチポジションでレギュラー張れる野手が1人でもいればなあ、ということになります。二+遊はよくあるし、一外は放っておいても控えは溜まるので、やはり重要なのは三塁持ちですね。補も三と同環境ですが、こっちは三塁よりも打てる期待度が低いですから(はなから攻撃力として計算してない)。

主力に2人以上故障が出たらカバーしきれなくても仕方ないと思いますが、1人でここまでダメージがあるのはやっぱ、ねえ? シングルポジションは選手個々の成長面で有利ではありますが、チーム自体の耐久力は下がります。マルチポジションのレギュラークラスを常に1人は確保しておきたいものです。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20070620_2094/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
359年度の抱負・結果1 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ベスプレ時事 > 359年度の抱負・結果1

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top