Home > ベスプレ時事 > リーグ展望362-370 β1:メイプルアクターリーグ

リーグ展望362-370 β1:メイプルアクターリーグ

メイプルアクターリーグ・各チームの展望です。

大館・熊本F・鹿児島の3強以外に優勝のチャンスはない、と断言してしまおう。中でも鹿児島の充実ぶりには目を見張る。本リーグの最も有力な最多勝候補といえる。熊本Fも中盤から後半に向けて伸びることはあれど落ちることはまずないと見られる。冠の大館は引きが悪かったとしか言いようがない。

大館メイプルアクターズ

大館メイプルアクターズ
総当たり4位chart58 pts攻撃力
参加年数338年55 pts守備力
優勝95回37 pts投手力
Final優勝19回19 pts将来性(投)
8回12 pts経済力
実績S22 pts将来性(野)

スタメンに長打S6人を擁する暴力的な打線が最大の特徴。特に二遊間は控えも含めて最高級のメンバーを揃えている。投手評価は並だが、要所を高能力の選手で抑えていることと、守備が高いことからたいした問題ではない。問題は、同リーグに鹿児島・熊本Fがいることだ。この2チームを完璧に抑えることはまず不可能、監督もそろそろ交代が必要ということで、今編成で優勝数を稼ぐことは非常に難しいだろう。

熊本フォクシーズ

熊本フォクシーズ
総当たり36位chart51 pts攻撃力
参加年数92年44 pts守備力
優勝8回41 pts投手力
Final優勝0回18 pts将来性(投)
0回13 pts経済力
実績D28 pts将来性(野)

ポスト大館、な感じのグラフ。大粒とはいえないが若い選手が数多く、今後さらに戦力を増強することは確実だ。ポイントも溜め込んでおり、ルール7で一気に抜きん出る可能性も秘めている。ただ、ちょうど監督が交代期なのだけがいただけない。交代直後の上昇ポイントがイマイチとなると、指揮を上げれば選手が育たず先がない、逆をやれば勝てないから監督も上がらず選手も伸びない…の悪循環にはまる危険が大きい。この事態を避けるには、保有ポイントを監督につぎ込むのが吉かもしれない。まずは362年度の結果次第か。

東京プリティカラーズ

東京プリティカラーズ
総当たり39位chart41 pts攻撃力
参加年数261年27 pts守備力
優勝50回38 pts投手力
Final優勝5回39 pts将来性(投)
1回9 pts経済力
実績B13 pts将来性(野)

投手は結構いいが、古今、投手だけが良くて勝ったチームはほとんどないはず。逆に、野手だけがよくて勝ったチームはいくらでもある。野手が悪くては投手が活きない。高齢の野手が多めなので、積極的、かつ贅沢めに入れ替えを図っていきたい。

東都デジタルウェーブ

東都デジタルウェーブ
総当たり82位chart36 pts攻撃力
参加年数194年29 pts守備力
優勝27回37 pts投手力
Final優勝0回16 pts将来性(投)
0回14 pts経済力
実績D25 pts将来性(野)

残念ながらいいところがほぼ全くない。今編成の10年間は非常に苦しい戦いとなるだろう。野手と投手、立て直すなら野手が先。打てなくては勝てないし、守れれば投手はある程度カバーできる。気長に強化していくしかない。

鹿児島ヴァルキリーズ

鹿児島ヴァルキリーズ
総当たり85位chart47 pts攻撃力
参加年数208年52 pts守備力
優勝42回54 pts投手力
Final優勝4回42 pts将来性(投)
2回8 pts経済力
実績B50 pts将来性(野)

古豪復活、という言葉がこれほど似合う復活ぶりもなかなかないだろう。ACや博多と比較すると攻撃力で劣る以外は遜色のない強さと評価できる。唯一の欠点はポイントの稼ぎが少ないところ。ルール7全盛の今では多少の不利は否めないが、今の強さなら各種大会で賞金を荒稼ぎできるはずなので、全くの不利というわけでもなさそうだ。むしろルール7ではポイントの少なさよりも女性選手限定というシバリがネックとなるのではないだろうか。

土浦男塾

土浦男塾
総当たり119位chart42 pts攻撃力
参加年数206年19 pts守備力
優勝19回41 pts投手力
Final優勝1回18 pts将来性(投)
1回14 pts経済力
実績B23 pts将来性(野)

代行中…とはいえ、この守備力はちょっと酷い。せめて人並みの守備力を維持しておきたい。

コメント:2

楠まこと 07-07-30 (月) 1:55

非常に高い評価で嬉しいと同時に驚いております。
360→361でかなりいい成長があったので、そこでの上積みもあったのかなと。
にしてもACや博多とはさすがに差があると思いますが(汗
各種大会はチーム状態に関係なく弱いのであまり期待出来ませんね。
(早速SLDTで酷いことになってるし(涙))
その点で、ポイントの稼ぎはもう諦め気味。
ルール7は安価に、重点トレを1個増とかでやりくりするここ数年です。
現行のシステムでどこまでやれるかは、ここからが正念場かなあと。
上手いこと勝ちを拾っていきたいですね。

kardy@東都DW 07-07-31 (火) 22:49

10年前の「強豪」だった頃なら、どんな評価になっていたのか
むっちゃくちゃ気になる所です。
…確か、前回の記事の時も「強くなる前」だったような気がしたので。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20070728_2113/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
リーグ展望362-370 β1:メイプルアクターリーグ from キョカラソドットコムホームページ

Home > ベスプレ時事 > リーグ展望362-370 β1:メイプルアクターリーグ

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top