Home > 軍事 > 敵がいなけりゃ

敵がいなけりゃ

  • 2007-11-13 (火) 13:08
  • 軍事

あーあ、誰か、「自衛隊が侵略への第一歩」とか「征韓丸の発売を狙っている」とか「軍靴の音が」とか言わねえかな。ちくっちゃん(筑紫哲也氏)とか。彼もNEWS23の初期の頃はよかったんだけどなあ。死んだのはTBSじゃなくてちくっちゃんだ。とにかく誰でもいい~

以下、引用。

日露戦争以来!「正露丸」100年ぶり自衛隊装備品に

11月12日21時41分配信 産経新聞

日露戦争時に日本軍が製造し、陸海軍の装備品だった胃腸薬「正露丸」が今年、100年ぶりに自衛隊の装備品に復活した。大幸薬品の「セイロガン糖衣A」が防衛省の装備品として採用されたもので、今年3月のネパール派遣の際に自衛隊員に配給されたという。

「正露丸」はこれまで部隊ごとに購入され、駐屯地の救急箱などに置かれているケースはあったが、「防衛省の補給統制部が一括購入して、海外部隊に初めて支給した。装備品として復活したのは100年ぶり」(柴田仁社長)という。

同社によると、7個を納品し、今年1月の防衛庁から防衛省に移行後、初の海外派遣となった3月の国連ネパール支援団(UNMIN)に参加する自衛隊員に配給されたという。

「正露丸」は日露戦争前、腸チフスなど感染症の予防のため、当時の陸軍軍医学校が開発したのが起源とされる。服用を奨励するため、ロシアを征服するという意味を込めて「征露丸」と名づけられた。日露戦争終結後に製造販売が民間業者に開放され、日本軍は1906年に装備品としての配給を廃止した。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20071113_2182/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
敵がいなけりゃ from キョカラソドットコムホームページ

Home > 軍事 > 敵がいなけりゃ

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top