Home > 軍事 > 次期戦闘機導入先送り

次期戦闘機導入先送り

  • 2007-12-17 (月) 2:17
  • 軍事

工工工工工エエエエェェェ(;´Д` )ェェェエエエエ工工工工工
やっぱりF-22しか選ぶ気ないんじゃねえか!

いや、前向きに考えるんだ。

パト2のようにテラカッコヨスなイーグルプラスが大量に拝めると考えるんだ。

以下、記事の引用のみ。

防衛省、次期戦闘機の導入先送り…F22の禁輸解除未定で

12月16日3時4分配信 読売新聞

防衛省は15日、現行の中期防衛力整備計画(2005~09年度)で計画していた次期主力戦闘機(FX)の導入について、10年度からの次期中期防に先送りする方針を固めた。

最有力候補である米国の最新鋭ステルス戦闘機「F22ラプター」の禁輸が解除されるメドが立たないためだ。同省は、代わりに主力戦闘機F15の改修を最優先させることにしている。

FXは、老朽化したF4戦闘機の後継機で、現中期防で7機を調達することになっている。同省は、米国や欧州の戦闘機のうち、高度のステルス性を持つF22をFXの最有力候補としている。だが、情報流出を懸念する米議会が事実上の禁輸措置をとっているため、同省は「中期防期間内にFXの機種を選定し、調達するのは困難だ」と判断した。防衛装備品をめぐる防衛省不祥事の影響も考慮したと見られる。

 

コメント:4

ろばQ 07-12-17 (月) 3:17

 記事の末尾にあるとおり、備品調達の不祥事を受けて「巨大な金額の予算計上による世論の反発」を恐れての先送りじゃないかと思っています。
 ろばQとしては、(もちろん不正は良くないのですが) 国防と数億程度の汚職なら、まず国防を考えるべき (その上で不正は排除すべきですが) と思っていいるのですが、今回の一件を「そもそも自衛隊は必要なのか」ぐらいの勢いで批判する人もいるので (まぁ、そういう人は、本件と関係なく「そもそも自衛隊は必要なのか」という訳ですが)。

kyouso 07-12-17 (月) 10:05

>「巨大な金額の予算計上による世論の反発」を恐れての先送り
同意できる説得力がありますね。兆の金額が動きますから「戦闘機なんか日本には必要ない」など、「自衛隊いらん」よりは説得力を持った要らぬ批判を通常より大きめの声で受けかねない状態ではあったと思います。F-22が禁輸でなくても買えなくなっちゃうくらいに。F-22が欲しい派としては、むしろ今禁輸でよかったくらいかも。
>国防と数億程度の汚職なら、まず国防を考えるべき
不正をした組織なんだから話はお流れ、というのは理屈がおかしいですね。すぐなんでも一緒くたにする意見は目的が別なことが多いので、最近は流すようにしています。どうも世論ってやつで重視されるのは理屈より気持ちと勢いらしいので、流しきれないですが。
こういう話が出ると警察とかでも「いったん解体して別組織を」とか言い出す人が出てきますが、実用的な組織を作るのであれば清廉潔白な経験値ゼロの人を何人連れてきたって、再編中は誰が仕事すんの? 従来以上の能力を出せるまでに何年かかるの? その間はどうすんの? クビ切って無職にした人に対する手当ては幾らになるの? 公務員だからって住宅ローン売った会社も潰れて路頭に迷う人が続出しない? とか、単にお前が自衛隊(警察)嫌いという範囲から一歩も出てないじゃん、という話になって、なんかなあ。
不正は叩くべきですが、あっちもこっちも叩きまくって、お前はいったい何のために叩いているのかと。国防が手薄になったら最後に損するのは我々じゃないですか。
余談ですが、確かF-22は三菱商事でタイフーンは住友商事だったはず。山田洋行じゃなくてよかった(住友商事なタイフーンのライセンス生産で交渉中とニュースが出たのは三菱重工だったような…単に国内では他に出来そうな所がないからか?)。
の上で、F-22が欲しいから汚職を言い訳にして禁輸解除待ちなのかなあ、と思いました。
ちょっと前、欠陥疑いと事故でF-15とF-2がどっちも飛行禁止となり、飛べるのはF-4だけという、保有戦闘機の約1/4しか使えない期間がありました。よりによってF-4だけって、それでいいのかと思いますが、それで構わない程度に何事もないと思われているくらい平和なので、自衛隊の要る要らんは話にならないとしても、戦闘機程度ならちょっとくらい先送りしちゃっても問題ないんだなあ、と。
本文よりコメントの方が長い。

那珂川 07-12-17 (月) 10:31

 しまった、ろばQに言いたい事、ほとんど言われてる(笑)
 そして、きょ~そさんのレスで、ほとんど以外の部分も言われてる(笑)
 こうなったら日本の技術力の粋を集めて、F-15Jにストライクイーグルを超える対地攻撃能力を… と妄想だけ置いていきますね。
 あと、F-15の飛行禁止期間に、F-4の稼働率が激上昇した結果、飛行耐久時間のリミットギリギリでCメンテしまくった結果、通常時よりもスクランブルの運用コストが3倍くらいに跳ね上がってたそうです。結構、部品単位でやばい運用もしていたとか、してなかったとか。
 事故の後遺症で、事故率があがる運用させちゃうんだから、何をかいわんや、と弟の友人が言っておりました。
 

kyouso 07-12-19 (水) 2:26

いやいや、対地攻撃能力などという使わなさそうな能力なんかよりステルス翼とカナード翼で見栄えを…
>F-4ギリギリ
なんかこう、どっかの工場でリアルにありそうな話というか、ファントム無頼みたいな運用してるんじゃないかと心配になりました。それで寿命が縮まればますますFX導入に弾みが…じゃない、これでF-4も事故ったらどうする気だったのか知りたいところです。「どうせ緊急事態はないから」とかだったらやだなあ。実際なさそうですけど。超平和。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20071217_2213/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
次期戦闘機導入先送り from キョカラソドットコムホームページ

Home > 軍事 > 次期戦闘機導入先送り

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top