Home > 軍事 > MD試験成功で報道ステーション必死すぎ

MD試験成功で報道ステーション必死すぎ

  • 2007-12-21 (金) 5:02
  • 軍事

MD試験成功で東京新聞必死すぎの続き。

6分50秒あたりから古館さんと加藤さんのお喋りが収録されています。

MDを批判する側の見方としては標準的かと思いますが、おそらく意図的に事実を間違えたり知らないフリをしたり誤解を誘ったりしている点(つまりミスリード)が見受けられるのは褒められたものではありません。なんで嘘ついてまで反対するんだろう? 正面から正々堂々と反対できないもんなんだろうか。

ノドンは200発あるから32発のSM-3では役に立たない

仮にその通りだとして、なぜ「だから無駄! 要らない!」という方に話が進むのでしょうか。ふつう、

  • SM-3を200発配備しろ!
  • 数発でも迎撃できれば助かる人もいるだろう!

って思わないんでしょうか。自分が被害に遭う可能性とか考えないんでしょうか。まさかミサイルがテレ朝の社屋だけ避けて通るわけでもないでしょうに。

さらに言うなら、以下の理由で“ノドンが200発あるから32発のSM-3では役に立たない”というのは不完全な批判と言えます。

200発を全部撃てるのか?

全部撃ち終わるまで我々は黙って待てるのか、ってことです。普通は出せる手があれば手が出ますよね。強い友達もいることですし。

同時に何発撃てる能力があるのかは私には分かりません。分かりませんが、発射台が200発分あって同時に全部撃てます、ってのはないでしょう。あったらMDとかなんとか言ってる場合じゃないくらい大変なことですよ。まんま飽和攻撃じゃん。日本も韓国も詰みじゃないですか。

youtubeのコメント欄にも書かれていますが、発射の兆候はつかめます。なぜつかめるか。北朝鮮の弾道ミサイルは液体燃料を使用しているため発射直前に数時間をかけて燃料を注入しなければならず、それが人工衛星で分かるからです。なぜ燃料を入れっぱなしにしておかないかというと、燃料の温度管理だか腐食性だとか、そういう理由だったはず。

最近では固体燃料のミサイルも作ってるとか作ってないとかって話もありますが、それが本当だろうがデマだろうが、大部分は旧来の液体燃料ノドンであることに変わりありません。

ということは、本当に発射台が200発分ない限り、1発撃った発射台では次を撃つまでに数時間かかるということです。逆に、本当に発射台が200発分あって、相当数のミサイルに燃料を注入し始めたら? 座して発射を待ちますか。発射後も次の発射まで待ちですか。誤射の範囲は何発までですか。日本以外ではそんな反応有り得ませんね。

ですから、本当に200発分の発射台があったとしても、“200発撃たれたら”なんてのは非現実的もいいところなんです。発射まで待ってやる義理なんてないんですから。MDの説明で、「発射された弾道ミサイルをSM-3が迎撃、撃ち漏らしたら地上のPAC3が迎撃」とありますが、重要な部分が抜けてます。「本気発射の兆候を掴んだ時点で北朝鮮の発射台を米軍が攻撃。破壊し損ねて発射された弾道ミサイルをSM-3が~」という説明でないと。全てのミサイルが無事に発射されるとは思えません。また、発射した発射台は位置がバレバレになります。移動式発射台もありますし、有事の際には手が回りきらない可能性もありますから確実にとは言えませんが、北朝鮮側からすれば、次のミサイルを撃つ前に破壊される危険は大きいでしょう。

ていうかね、本当に200発ぜんぶ発射されることが防げなくて、発射されたら今のMDでは迎撃しきれないから日本大被害になることが予見できるっていうんならね(→だからいらない、という意見でしたよね)、私は北朝鮮に対して単独でも武力行使を行うことを支持しますよ。北朝鮮が核弾頭を実用化する前に、早く憲法を改正して、攻撃能力を得て、そんな危険要素は取り除くべきでしょう。

抑止効果を無視するな

100%成功しないミサイル防衛に意味はあるかで述べたとおり。

“迎撃能力ゼロ”と、“迎撃能力多少アリ”では、相手に与えるプレッシャーが違うんですよ。ある程度迎撃できるということは、いつか全部迎撃できるようになるかもしれないのですから。北朝鮮のミサイル恫喝外交はその有効性を大きく失います。

MD導入はアジアの軍事バランスを崩す、とか言ってる阿呆は死ねばいい。日本だけが反撃(核武装)も先制(敵地攻撃能力)もできない状態のどこがバランス取れてるっていうのか説明して欲しい。

MDがある上で、何かと核武装(しない方がトクだからしないけど)をチラつかせるのは対中外交で有効かもしれません。

200発を打ち尽くして北朝鮮は何がしたいの?

少しは相手のことも考えてください。その後に何があるっていうんですか? 独裁者が狂って~とか、んなことしたら側近に寄ってたかって暗殺されちゃうんじゃないですか?

北朝鮮といえば弾道ミサイルと核兵器ですが、ノドンに積める程度にまで小型化した核弾頭を保有しているのかどうかは分かりません。ですから、防衛に関しては持っている前提で話を進めるべきです(外交では「持ってんなら証拠見せろよコラ」でもいいと思う)。

持っているとすれば、逆シャアのように通常弾頭のミサイルの群れに核弾頭のミサイルを混ぜて使うことが考えられます。やるな北朝鮮。日本側としては、こっちのミサイルが残ってる間は核弾頭は使ってこないんじゃないかなあと思いつつも、迎撃ミサイルを撃ち尽くさざるを得ないでしょう。仮にMDが有効に機能したとしても、核攻撃の成功率は高いんじゃないでしょうか。

ですが、だから何? です。核兵器によってたくさんの日本人が死にます。だから何? です。近い将来の間に北朝鮮が日本を全滅させるほどの核兵器を保有するとは到底思えませんし、対地攻撃において通常弾頭のミサイルの破壊力は小さいです。よく知りませんが、危害半径は1kmもいかないんじゃないでしょうか。その程度の被害なら(実際に遭遇する側はたまったもんじゃないが)、在日米軍や海上の兵力も含めて、反撃能力はほぼ確実に残ります。国際社会も黙ってはいないでしょう。あらゆる意味で北朝鮮は終わります。

で、それをやって、北朝鮮は何を得るというのでしょうか。やるぞ、と見せかけて脅す動機は分かりますが、実際やっちゃう動機はよく分かりません。

ようするにこれも、“成功率100%でなければ意味がない”と同系統の的外れな批判である、と私は思います。

カナダや東欧では云々

カナダ

至近距離に敵対的で弾道ミサイルと核兵器を保有している国がありましたっけ?

アメリカに守られているというのは同条件と言えなくもないですが、カナダにMDは私も要らないと思います。今回ばかりはバカナダとは言えない。日本と違ってアメリカ本土が近いので、きっとアメリカがなんとかしてくれますし、アメリカ本土への攻撃と勘違いされかねないようなことをするのはテロリスト以外いないと思います。

東欧

すいません、よく分かりません。

MD賛成側に一方的に有利な憶測をさせてもらうならば、東欧だけに旧ソ連系の活動家の人やら何やらが扇動してるんじゃないですか? くらいは言ってもいいよね。だってMDが来たらロシアのパワーが弱くなっちゃいますから。何の証拠もないですが。または、日本みたくお気楽過ぎる人ばかり…なわけないですね。

アメリカ

アメリカではMDの価値は低いと思います。だってアメリカは、相手が大国でなければ撃たれる前に滅ぼせるし、撃たれたって報復できます。アメリカはそれだけの力と、(良くも悪くも)それを支える市民を持っています。日本にはどちらもありません。あるのは歪な軍隊と、文句だけは一丁前だけど肝心なことはお上に丸投げの臣民だけです。

だから、むしろ私はアメリカが基礎を作っといてくれてありがたいとすら思ってます。もし日本だけでMDやってたら、完成しても販売できないから今より高価になりかねませんし、弾道ミサイルを持ってないのに迎撃試験どうすんの? ですし、同じものを作ったらアメリカの方が技術的に上でしょうし、今のMDより数段遅れたものになっていた可能性が高いと思います。というか、開発予算すらつかないんじゃないかと思います。

アメリカの方ばかりを向いた視野狭窄

アメリカの方を向かざるを得ない理由も考えて欲しいです。周囲の国は敵だらけだけど、世界最強国のアメリカはどうも味方っぽい。だったら普通アメリカの方を向くんじゃないでしょうか。

それでもどうしてもアメリカを切りたいなら(なぜ切りたいのかは聞かない)、中国、あるいはロシアと組む必要があると思います。現状、日本単独で日本の防衛はできないはずで、それをするには莫大な予算と憲法改正が必要になると思います。憲法九条は他国(今はアメリカ)の庇護があるという前提でしか維持できないということを認識して欲しいです。反米で九条死守は矛盾している。

とはいえ、選択肢は5つもあります。1つしかなさそうな国もあるはずですから、ありがたいことです。好きなのを選んでください。

  1. 日米安保条約
  2. 日中安保条約
  3. 日露安保条約
  4. 単独防衛
  5. 防衛放棄

私は今のところ1番が最もオトクだと思っています。単なる反米にとどまらない、1番と4番以外を支持する意見が見てみたいです。5番を選ぶ人は私にとって害虫なので物理的に排除したいです。

迎撃側に有利な条件での試験にすぎない

それでもマッハいくつかの弾道ミサイルにマッハいくつかの迎撃ミサイルを宇宙空間でぶつけて破壊できることに違いはありません。むしろ、不利な条件で公開試験を行って失敗したとして、それは“政治的に”よろしくないとは思わないのでしょうか。MDの目的は弾道ミサイルの迎撃だけではありません。有利な条件での成功だから意味がないとかかんとか、それはあまりにもMDの外交カードとしての側面を無視しています。MDは弾道ミサイルという外交カードを弱体化させる外交カードでもあるんです。

有利な条件だろうがなんだろうが、0%ではないと示せたことがMDというカードに力を与える上で重要なのではないでしょうか。仮に今回の試験が迎撃側に有利すぎる条件だったとしても、現実に近い条件での成功場面を公開して、実際の成功率や限界性能を敵に教えてやる義理はありません。スポーツか何かと勘違いしてませんか?

その他

費用が高価すぎるという意見は否定しません。保険料が高い安いの違いであれば。

アメリカの軍需産業が的な意見はどうでもいいです。家が傾かない範囲の出費で自分が助かるなら、どこの誰が幾ら儲けようと構いません(法律に触れてはいかんが)。あとはアメリカ側の問題だと思います。だいたい他の店では売ってないものなんですよコレ。

また、前の記事の繰り返しになりますが、MDという手段自体には固執しません。私がMDという手段を支持するのは、現憲法下で外交的軍事的不利を解消するという目的のためですので、他にいい手があるならそっちで構いません。

反対する人の大部分が、なぜ“実際に迎撃する能力”と“戦略兵器・外交カードとしての能力”のうち前者しか見られないのか理解に苦しみます。

コメント:2

那珂川 07-12-21 (金) 8:34

 こう読んでいて思うのは、一番安上がりなのは相互確証破壊だよなあ、という事ですね。
 一兆円あったら米軍が使ってるような空母+護衛艦買えますからね。爆装したストライクイーグルが80機もいれば、北朝鮮が燃料いれはじめた時点で、発射台全部破壊できます。地下サイロとかあったら、何発か撃たれてしまうでしょうが、撃ちもらしはMDより全然少ないはずです。
 東欧は、ミサイル迎撃に金使う前に、地上侵攻防衛に金使わなきゃならないから、MDなんか導入できないのは当然と思います。
 仮想敵国であるロシアやドイツの場合、ミサイルぶちこんで破壊するより、都市占領した方が実入りがいいですしね。

kyouso 07-12-22 (土) 5:47

>一番安上がりなのは相互確証破壊
ですねえ。そういう理由もあってアメリカなんかはイマイチあれなんでしょうし、MDはなんといっても攻撃に使えませんからね。日本の場合は金よりもその他のコストの方が高くつきそうですが。
>東欧
この辺全然わかんないので、ありがとうございます。大陸で国境のある国と海洋国の差を失念しておりました。
こうなるととことん、MDがコスト的にも実際的にも役に立ちそうな国は限られますね。海洋国で、弾道ミサイルと核兵器を持ってる国と敵対してて、報復能力がなくて、経済力のある国。3つまでなら英米も当てはまるけど、4つとなると日本だけじゃないのか。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20071221_2218/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
MD試験成功で報道ステーション必死すぎ from キョカラソドットコムホームページ

Home > 軍事 > MD試験成功で報道ステーション必死すぎ

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top