Home > 軍事 > 撤収だか撤退だかでデジャブ

撤収だか撤退だかでデジャブ

  • 2008-08-19 (火) 0:58
  • 軍事

なんか前にも似たような話があったと思った。そう、NHKのニュースでは撤収と言っていたんですよ。NHKのサイト(魚拓)でも撤収で統一されているようです。

モヤモヤするので、ためしに新聞各社を回ってみた。順序は東京のテレビ局順。念のため言っておきますが、この記事は何の結論も出さずに終わりますよ。

全紙撤退で統一されています。NHKの方がおかしいのか?

これがね、ソースがバラバラだっていうなら各紙の主観が入ってもおかしくないと思うんですが、どの記事でもロシア軍参謀本部の幹部ロシア軍のノゴビツィン参謀次長が撤退始めたよと言ったって書いてあるのね。つまり、どこも同じネタ元を参照して記事を書いていることになる。でも日本語で出てくる記事では、なぜか「撤収」と「撤退」が入り混じる。「撤収」は今のところNHKだけなのだけれども、NHKだから軽視できない。原文では何て言ってるんだろうか。ロシア軍の幹部が自分から「撤退」なんて言うもんなのかな。

産経を見てて気づいたんですが、17日にはロシア軍、グルジア撤収の構え見せず 情勢安定化の気配うかがえず(魚拓)って記事が出されてるのね。これ、「撤退」だったら変だよね。同じ新聞社内で統一されてないのは(確か毎日は統一してるんだったな…前回記事参照)、書いてる記者の違いか? と思ったら、18日の“撤退”は【モスクワ=佐藤貴生、トビリシ=遠藤良介】、17日の“撤収”は【トビリシ=遠藤良介】で、違うとも違わないとも言えない。うーん。記事中にインタファクス通信などが伝えたとか書いてあるとこ見ると、通信社が伝えたニュースを丸ごと翻訳して載せてるだけで、実は全紙とも同じ奴が翻訳している、とか? うーん、これ以上は私の調査能力が足りません。ロシア語どころか英語すら分かんないし、分かったところで、どう調べればいいのか分からないし。

一方で、グルジアがイラクから軍を引き上げた記事、まさに撤収…あれ? こっちはもしかして撤退の方が妥当かも? は、以下のようになっていた。

帰還・撤退・帰国と、こちらはバラバラ。でもこれは、本国が緊急事態だから戦略的撤退、のように見えなくもない。でも毎日は原則撤退だからなあ。ところで2000人って軍の規模を考えたらかなり多いですよね。西側に入りたくて必死なのかな。

このあたりからどうにか伺えるのは、新聞社は必ずしも特定の意図があってやってるわけじゃなさそうだな、ということくらい。こないだのも、自衛隊だからワザと言ってるわけじゃなくて、単に混同してるorどうでもいいからだったんじゃね? とちょっと思ったりしちゃったりなんかして。何でも戦車、何でも戦闘機と同じで…そんなこともないか。こっち側から見ると、ロシアは何かと悪に見えますしね。逆から見ると、ロシアは出口の1つグルジアを西側に押さえられそうで必死、という見方もできます。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20080819_2342/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
撤収だか撤退だかでデジャブ from キョカラソドットコムホームページ

Home > 軍事 > 撤収だか撤退だかでデジャブ

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top