Home > ジャンプ > ジャンプ2009年24号

ジャンプ2009年24号

読んでない人にはねたばれ。

昨日は早く起きてジャンプ買って読んだはいいけれど、一日中眠くて、標準スペックの1割くらいの性能しか出てなかったと思う。早起きは十文くらい損。絶対に損。

めだかボックス

ほぼ読み切りの焼き直しなお話。

しかしそつない。非常にそつない。10週打ち切りはないな、という印象。嫌いだけど、たぶん欠かさず読むでしょう。

どうでもいいですけども、あれツンデレじゃないですよね。ツンデレもクラッカー=ハッカーくらいには世間に認知されている言葉になってしまったということなのでしょうか。だから、あえて多少の誤用があったとしても普及してる言葉を使うんだよね、きっと。

ナルト

弥彦をリーダーとする組織を作り、力を増したら危険視されハメられて弥彦死亡まで。

弥彦の死くらいで済ませちゃうっぽいですね。全く予想を上回ってもらえない。大した予想はしていないのに。それともまだ何かが…あったら回想長過ぎですね。でも、当初からの疑問点である死体を操るとか車椅子(?)とかマダラとか暁とかの引っ張りどころがまだ消化されていない。夏まで回想が続くのか? 回想で全てを説明するのって、セリフで全てを説明するのと同じくらい下策だと思います。

いつかの誰か(自来也だっけ?)の回想と被る内容の回想がありましたが、そこで今回も大蛇丸の「殺す? この子たち」を入れたことに意味を感じざるを得ない。あんま意味ない? わけないよね。ワザとだよね。全巻揃えて読み込まないとダメかなあ。

読者はカカシの方が気になってるんじゃないだろうか。

いぬまる

いぬまるの安定感は異常。

べるぜバブ

誰もが脳裏をよぎったバリハケン。

先週の、いや先々週のヒキがどうしてああなるのか理解できなかったのですが、2週待たせておいてこれはないだろう…。今回に限らず、話の展開があまりにもテキトーに見えてしまって、正直いけすかない作品です。騙された感しかない。

ブリーチ

日番谷がやられたー! と思ったらデコイで、バラガンはよくある時間能力者でした、っていう。

こっちも2週も引っ張って「残像だ」「幻術だ」系かよ! このような暴挙が許されてよいのだろうか? 人気が落ちない限りはよいのだ。

まだ卍解してない人がいっぱいいるから、どうせ多少やられてもどうせ…とかどうせ思いますよね。ていうかまだほとんど誰もしてなくなくない? だから、あれで日番谷リタイアだったら褒めたんだけどなあ。

司る死の形とか、絶対さっき考えただろwwwと思われても仕方のない久保帯人カワイソス。

ところでバラガンの能力披露はブラフくさくないですか? なんとなく。「司る死の形」は、そのブラフを補強するための出まかせ。だって、正直過ぎねえ? 藍染様のために全力で働けよと。しかしブラフかます理由が見当たらないのでボツ。死神は死神で卍解できるのにしないで負ける奴もいるくらいだから、本当に正直者なのかもしれませんね。

私はブリーチ好きですよ。だから何段落も書くことがあります。

トリコ

マンモスがゲロ吐いてスタージュン強ええええ! で終わり。

そろそろ飽きてきた。フツー以下のバトル漫画してるから。この漫画の魅力はなんだった?

バクマン。

プロアシSUGEEEE! と脱サラ漫画家のキャラ紹介で終わり。困ったら見吉。

これはもう10週打ち切りに断然期待しますよね。展開は期待を裏切らないけど面白さは予想を上回るガモウ萌え。

いや、2作目で10週打ち切りもアリだな…。でもそれだと編集が変わった意味がないか。でもなあ、1回は打ち切り展開が欲しいですよね。

銀魂

鳳仙に勝った銀さんが人間ごときに負けるわけないので、なんとも微妙。主人公だから負けるわけないのとは違うよね、このワクワク感のなさは。

主題は銀さんが敵を倒すところじゃないよ、って言われてもなあ。つまらないシリアス展開であることに変わりはないからどうしようもない。

ギャグ話は何週先になるの?

サイレン

天からふりそそぐものが世界をほろぼす。あと、ヒリュー生きてて唐突に再登場したタツオが助けた。

少年漫画は男×男を描いてナンボじゃないですか? タツオに死相がバリバリ見える。

この漫画に軟派な展開は(あまり)必要ないのではないだろうか。ちょっと古くさい容姿のキャラクターを活かした男×男でいくべき。

SKET DANCE

なんですか今週は…。

仮にこの後でアッと歴史に残る大ドンデン返しがあったとしてもだ、小中学生が少ない小遣いで毎週買う少年漫画雑誌に捨て回などというものが許されてよいのだろうか? いいわけないだろ! 大して人気もないくせに!

だから今週のSKET DANCEは認められません。

捨て回のつもりがなくてこれなら、もうそろそろ潮時じゃないの。

ぬらりひょんの孫

ゆらに全部ばれ。2人の陰陽師は京都編への呼び水でした。あれですね、幽遊で言えば北神の役回りですね。でもさ、ゆらに来いってのはベジータナッパラディッツに戦闘力416の悟空が加わるようなもんなんでないの?

京都編が四国編の二の舞だったら、もういらないや。いや、京都は放置ということも十分ありうる。ゆらが帰ってフェードアウトで終わりとか、まさか。ないわ。

バトルなしで続けるのは難しいでしょうから、ぜひ京都編でそれをモノにしてほしいですね。

アイシールド21

大和&峨王○−×ドンと、高見&桜庭○−×タタンカ。

話が進むの超はええー。でも久々にちょっと面白かった。少年漫画。

世界編のアイシールド21が面白くないのは、展開のアレさ以上に、モブでないキャラが多すぎだからだと思います。味方3人敵3人くらいでないと把握しきれない。コイツが誰でどんな奴でって思い出すラグで、読むリズムが乱れます。キャラが立ってても味方5人まででしょ。このネタは書いてたら長くなったので(時間も遅くなったので(笑))またこんど。

フープメン

主人公が試合に出て、程よい敵を倒して、点入れて、勝った。

なぜ打ち切りが決まると(決まってない)面白くなるのだろうか! まるでアスクレピオスの晩年かのように今週は良い出来でした。

が。なんでそこでキンチョーほぐしてくれるのがアツムなの。なんでジョシュじゃないの。もうこれ、アツムという名のパーフェクト流川に憧れてor対抗したくてバスケ始めました! でよかったじゃないですか。通訳設定とジョシュ一切不要じゃん。奇抜でないと掴みがアレかもしれないけど、こうやって後から裏切られた感があるよりマシだよ。

もしDグレが休載にならなかったら今週の話が最終回だったんじゃ? というくらいキリのいい10話目でした。最後のコマに「川口先生の次回作にご期待ください!」ってあっても違和感なかったです。

あとがき

簡潔に「今週はどんなお話だったか」を書くのって難しい。

諺はたいてい嘘くさいから嫌いですが、「継続は力なり」はよい諺です。あくまでも力にしかならず、良い結果を生むとはどこにも書いていない。そのついた力でどういう結果を生めるかは知らんぜよっていう正直さがいいんですね。

というのは私の勝手な解釈ですが、ジャンプ感想はしばらく続けます。目標は火曜日が終わるまでの更新だ。もちろん30時間制で。

コメント:5

Nakagawa 09-05-13 (水) 13:15

 なんとなく自分の感想レスをつけたくなってしまいました。
> めだか
 ツンデレなのはむしろ男の方。しかも、登場キャラ全員(笑)
 スクールなヒロインとツンデレな男たちって構図は、それなりに新鮮で、パターン化できそうとか思いました。
> ワンピ
 過去のライダーが現役ライダーに登場、というのは燃えるシチュエーションですが、それと同種の盛り上がりで、現時点で一番、次読むのが楽しみなマンガになってます。
> ナルト
 回想で全部語るやり方もありだけど、このやり方はないよなあ、と思います。最終決戦前に長々と回想はさむと勢いそがれるし、ネタバレや伏線回収をある程度やってからバトルに向けて盛り上がるもんなんじゃないのかなあ、とか思ってしまいます。
> べるぜバブ
 作者の中のネタのストックが切れたなあ感、満載。こういう時の凌ぎ方って担当編集の力次第だと思うわけですが、この流れは、作者よりも担当を責めたい流れです。
> ブリーチ
 その週その週を刹那的にしか読んでないから、あんまり考えないぜ!
> トリコ
 うん、たしかに飽きてきた。
> ぬら
 この掲載位置でバトル化しても消えていくのが見えるようだし、バトル化して許されるキャラ展開してないんですよねー。あ、それで兄投入か、なるほど。
> フープメン
 ヤンジャンやビージャンなら、それなりに安定できた内容だったのに、なぜに少年ジャンプでこれ書いたんだろう(涙)

咲葉 09-05-13 (水) 20:30

例によってまねっこ
>めだか
やっぱりジャンプっぽくない絵と内容。
つきぬけはなさそうだが、問題はジャンプになじめるかどうか。
>べるぜ
内容はともかく、絵はちょっとよくなった、ってか読みやすくなった。
ただ連載順はあきらかに補正っぽいなぁ。
ダブルアーツにならなきゃいいが。
>銀魂
毎度のことながら、よろず屋ファミリーが活躍するのって誰得?
腐女子の皆様は新撰組出して欲しいし、それ以外はギャグパートを期待してると思うんだけどなぁ。
>スケ団
今週はなくてよかった。
>ぬら
この1クールが勝負ですね。京都編こけると打ち切りが…。
ぬらとかつららできゃっきゃうふふしたほうが人気でる気がしないでもない、この作品。
>アイシ21
打ち切り漫画のような速さ(涙)
>フープメン
やはり絵がイケスカナイ。
内容もイケスカナイ。私がイケスカナイ、ってことは青年誌向けなのかもね。

kyouso 09-05-16 (土) 4:47

>めだか
ツンデレは男だったか(笑)
素直クールとも違うし、こういうの何て言うんだろう。類型に当てはめるのも無粋ですが、この漫画はあらゆる要素を類型に当てはめたくなってくる。だって類型的に見えるんだもの。
>ワンピ
クロコダイル大好きです。面白いから書くことなくて何も書いてません(笑)
>べるぜ
もうネタストック切れてるとすれば、なんで連載になってんの? と思いますね。ヒルダの扱いがすげー取ってつけた感。今週いないし。ダブルアーツにならなきゃいいが。
>ブリーチ
この刹那さがいいんですよね。バクマン的に評価するなら、いつ読み始めても、しばらく離れてても、すぐ内容に追いつけるところが週刊連載で読者を獲得するのに特化してると思いますね。掴んだ読者を離さないっていうより、新陳代謝はあるけどトータルでプラマイ0以上っていう。設定が緻密で伏線が多くて展開の早い漫画じゃ、そうはいかないでしょう。設定や伏線をなかったことにするのは、ある程度わざとじゃないかとすら思います。
>銀魂
>よろず屋ファミリーが活躍するのって誰得?
たぶん誰でも作れるこういう展開で時間を稼いでギャグパートのネタを考えているに違いない!
銀魂は周期的に原作つきで作者は絵だけ描くシリアスパートと、全部自分でやるギャグパートという制作手法をとっている、に違いない!
>ぬらり
清継くんたちの出番が減ってる、ヒロインが1人ぜんぜん出て来ない&目立たない、四国編、などの理由で、バトル漫画化していくものだと思っています。どっちにしてもつららは出てくるから問題ないのか?
バトル漫画化しないで欲しかったのですが、もうしょうがないなあと思ってます。ネウロの6編みたいなもんだと。
それでも、フープ、21、とらぶるがある現状では、永遠の打ち切り候補にしかすぎないでしょう。その間に回復してくれるといいんですが…。
>フープメン
めだかもそうですが、ジャンプっぽくない漫画も入れていきたいんじゃないかなと思います。鶏か卵かみたいな話ですが、ジャンプがジャンプっぽい空気を作ってきたのにジャンプっぽい空気に縛られてジャンプっぽい漫画しか載らなくなったら、つまんねえなあと。猿の群れが新しい血を入れるみたいな。
でも今週の表紙はジャンプの表紙じゃねえ(笑)と思った人は多いと思う。
フープメンの話じゃなくて、めだかの続きになってしまった。

Nkgw 09-05-16 (土) 16:30

 めだかは、バクマンでいうところの全て計算で作ってるマンガって感じですね。
 読み切りの時点で感じた不満感を全部丸めてきてて、読者リサーチと必要な対応に関してはパーフェクトって感じてます。読み切り時点では、まだ小説的なキャラの作り(アクが強くひっかかるキャラ。文章だと、そうしないと印象に残らない)してたんですが、今回は完全にマンガのキャラ作り(アクの部分に万人受けする理由づけをして読者に見せる)をしてきてて、適応力ハンパないな、と感じました。
 って事で、めだかは、今のジャンプ読者の求める公約数的に変化していくものと思われるので、非常に今のジャンプ的になると思います。

kyouso 09-05-17 (日) 2:21

>バクマンでいうところの全て計算で作ってるマンガ
言いたいこと全部いってくれました(笑)。以降は、おお~、なるほど。ここまでは分析できないな、みたいな。
>非常に今のジャンプ的になると思います
たいした努力もせずに勝利と友情が舞い込んでくるんですね!
キャラ立ちしてるキャラがある程度揃ったら、5vs5だけど1vs1を5回の団体戦かトーナメント。←これは古いか

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20090513_2426/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ2009年24号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ2009年24号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top