Home > ジャンプ > ジャンプ2009年32号

ジャンプ2009年32号

ことジャンプに限っては新連載が歓迎しがたい。好きな漫画が打ち切られちゃう危険が大きいからなのですが、それはそれで風情として楽しめるのがジャンプのいいところ。

あねどき(新連載)

当分ゲームを封印してがんばる…。

ドラクエの発売日が伸びなければ今頃HUNTER×HUNTERが読めていたと思いませんか。

矢吹か河下かなら河下だけど、最終回まで全部読む自信はない。

ナルト

キャラ紹介で終わってしまったら悪いので、ダンゾウの秘密が小出しにされた、だけ。だけだと!?

小休止すんな。単行本を買わない読者にはガッカリ回。

ワンピ

ワンピ世界に生まれるならバギーになりたい。

ボンクレーになりたいとは思わなかった。

来週休載は読者虐待。

ブリーチ

定期的にぶち壊しキャラが登場して強引に話を進めるんだな。今までのは一体なんだったの…。

なんで死神ってこんなに弱いのん?

助っ人

いつものように、現実のアレを微妙にダメにしたモノに振り回されるアレで、それはいつも面白いからいいんですが、今回に限ってはオチがいただけない。あまりに普通すぎて泣けてきた。

ところどころヒメコのデッサン(って言うの?)が変なのは今に始まった事ではないけれど、今週みたいに微妙だと相変わらず絵がうまくないのが鼻についてくる。

バクマン

1ヶ月くらい話が進んでない。その場その場では楽しく読めるんだけど、通して考えてみると全く面白くない。あれから1ヶ月〜とかしてサイコーがぶっ倒れるシーンまで飛ばしても話は繋がるよね。

これでサイコーが死ねば良いと思う。30巻くらい続いたらキルヒアイス状態になってしまうけれど。

平丸は一発屋をイメージしているのだろうか。

ぬらり

もう誰が主人公だとか、どうでもよくなってきた。このままジジイが主役で通した方が名作の予感。黄金時代だけのベルセルク。

黒子

センターラインから3Pは許せる。漫画だからな。だが、反対側のゴールから3Pは許せん。4点にすべきだ。ていうか届くの?

最近、スラムダンクを読み返したんですよ。1巻の、どーでもいい不良漫画の時点ですらバスケ大好きが滲み出てるんだよ。黒子はなんだ、なにがしたくて描いてんだか分からん。ただバトルマンガのゲンコツだのナントカ波だのをバスケットボールに置き換えてインフレさせてるだけじゃないか。朝日が出るまでに黒子のことを3度知らないと言ってやる。

赤星

ごめんなさい、もうついていけない。リタイア。内容がさっぱり分からない。OVER TIMEは最後まで読んだんだけど、赤星は最終回とその1回前だけ読むわ…。さようなら。

サイレン

先週ネメシスの正体は…? で引っ張っといてこれか。てめーは俺を裏切った。

アニメのドラゴンボールの引き伸ばし回と同レベルの評価だよ。

ジャガー

いぬまると交代してよし。

総評

次の打ち切りは黒子と赤星だと思う。根拠はないけど、黒子はまるでダブルアーツかのように落ちてるから、推しても推しても売れなくて見切りつけられたようにしか見えない。赤星は、俺様に理解できない漫画が小中学生に受けるものかー! という想い。関係ないけど、べるぜバブはやっぱりどこがいいのか分からない。合う合わないを超えてる。

あとサイレン。期待すると裏切られるのには疲れた。この作者、確率でこっちのツボにヒットしてるだけの盲撃ちなんじゃないのか。

まさかのジャガー打ち切りも考えて欲しい。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20090707_2452/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ2009年32号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ2009年32号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top