Home > 世間話 > 社民党はどこへ向かうのか

社民党はどこへ向かうのか

民主党との連立問題で、社民党が態度を軟化させてるそうな。

一般には支持されず固定票しか取れてないはずなのに、これじゃ固定票も逃げちゃうと思うんだけどなあ。その分、浮動票が流入すればいいとか思っているのだろうか。っていうか選挙しばらくないから? でも、雨の日も風の日も社民党を支持してきたエリート支持者と、人気が出たから寄ってくるニワカ支持者は違うよね。ニワカは寄るのも離れるのも速いけど、エリートはいっぺん嫌ったら絶対戻ってこなさそうな気がする。

しかし、固定票の期待通りの行動を取れば、先鋭化に先鋭化を招いてジリ貧だろうとも思う。かといって、どっちにもいい顔をすれば、どっちからも見放される結果になるかもしれない。

そりゃ、大臣にでもなって業績を上げれば見直す人は増えるかもしれないけれど、フツーに予想したら、福島大臣がトンチンカンやって総スカンを食らう未来しか見えてこない。攻撃は好きだけど攻撃力が低くて、防御は初めてです、っていう風に見えるし。

まあ、だから、他はともかく自衛隊関連さえ絶対に譲らなければいいんじゃないかと思うんだけど、それだと今度は民主党が難色を示す…よね? 海賊に海保は野党までだよね? いやー、投票しといてなんだけど、不安だ。国民がまともな判断力を獲得するチャンスを作るための条件が海保の人の殉職になりそうってのは、どうもなあ。行かせる以上、殉職者が出ることは当然想定してるよね?

海上給油は社民党が何も言わなくても中止なので、特に言うことなし。もったいないけど仕方がない。これも国民がまともな(ry のコストと割り切るしかない。ISAFにでも参加するハメになって、お国の為の人柱になってもらうしかない。って時代が一回りして、また兵隊に無理をさせる。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20090909_2478/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
社民党はどこへ向かうのか from キョカラソドットコムホームページ

Home > 世間話 > 社民党はどこへ向かうのか

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top