Home > 連続もの > 421-429リーグ展望 パワーレンジャーリーグ

421-429リーグ展望 パワーレンジャーリーグ

チーム名オーナー総順チーム評価
5年100年通算
佐治パワーレンジャーズ塚本4位AAA
横浜ブルームーンN・RYAN34位BCD
京都ジェネシス城継匠44位BDC
足寄球団スか71位CBB
大和マーキュリーズM.Matsy78位BCD
熊本スピアーズ代行中(来我道@熱血)103位E(C)C

最近の評価でBランクが3チームと、冠には少し厄介なリーグ…のはずなのですが、やはり佐治が9連覇に近い成績を挙げてしまうのではないかな、というところ。佐治の評価はAAAでトップランカーには少々劣りますが、波の無さは抜群で、中位以下が付け入る隙は多くありません。

2位以下の各チームは、総当たり1位を伺う佐治にとって頼もしい仲間以上のものになれるでしょうか。

各チーム寸評

佐治パワーレンジャーズ

総当たり実績
現在の順位4位5年勝率0.653
平均勝利数41.3勝100年勝率0.599
1位とのゲーム差3.0差優勝率0.345
1位到達勝利数42.0勝優勝数86回
冠とのゲーム差-45.0差ファイナル数8回
冠到達勝利数31.1勝冠数9回

往路前半よりは少し落ちているせいか、総当たりは4位にダウン。それでもまだ余裕で1位を狙える位置ではあります。あえて欠点を上げるとすれば、捕手が品切れなのと、二遊に故障耐性がないところくらい。とはいえ、佐治くらいのチームなら、その程度はどうとでもしてしまえるでしょう。

横浜ブルームーン

総当たり実績
現在の順位34位5年勝率0.543
平均勝利数32.5勝100年勝率0.499
1位とのゲーム差81.0差優勝率0.048
1位到達勝利数50.6勝優勝数6回
冠とのゲーム差33.0差ファイナル数0回
冠到達勝利数39.8勝冠数0回

このあたりの2巡目チームからは、まだ冠に手が届かなくもなくなってきます。

しかし、現在・将来ともに大きな期待を持つのは難しいでしょう。当面は二塁がA1人であとはC以下、遊撃はC以下しかいないという悪すぎる守備をどうにかするのが最優先ですが、その先が厳しい。野手は25歳以下の次期主力クラスが軒並み低成長で、現在の能力も二軍レベル。投手は良いだけに惜しいです。

短期的に最適な処方箋はルール7。豊富なポイントを上手く使えば、世代の歪みを矯正できるでしょう。

京都ジェネシス

総当たり実績
現在の順位44位5年勝率0.540
平均勝利数31.3勝100年勝率0.434
1位とのゲーム差91.0差優勝率0.064
1位到達勝利数51.7勝優勝数17回
冠とのゲーム差43.0差ファイナル数0回
冠到達勝利数40.9勝冠数0回

かつてのノーブルカンファレンス初期チーム。RBO250年以上の超ベテランです。

ここも守備力…以前の問題として、守備位置のバランスが非常に悪い編成です。捕二遊はやたら少なく、一三外が多すぎます。確かに捕二遊の数を揃えるのは難しいのですが、数がいないと実用レベルまで育つ選手はなかなか出て来ません。

足寄球団

総当たり実績
現在の順位71位5年勝率0.464
平均勝利数27.0勝100年勝率0.513
1位とのゲーム差129.0差優勝率0.145
1位到達勝利数56.0勝優勝数22回
冠とのゲーム差81.0差ファイナル数0回
冠到達勝利数45.1勝冠数1回

最近はちょっと下り坂。

下位チームとは思えないほど守備は高いのですが、他はイマイチ。野手は巧打の高い選手が多いという特徴はありますが、巧打は他の能力と組み合わせて活きる能力。足が低く、眼長も特に高いとはいえない選手ばかりでは高い効果は得られません。

これで投手が強ければ、得点力は低くても高い守備との相乗効果でなんとか、というところなのですが…能力は制球重視で高めながら、完投が低すぎて台無しです。野手・投手ともに何かとチグハグ。良い若手は十分いるものの、戦略を立て直さずに上へ行くのは非常に困難と言わざるを得ません。

大和マーキュリーズ

総当たり実績
現在の順位78位5年勝率0.500
平均勝利数26.3勝100年勝率0.491
1位とのゲーム差135.0差優勝率0.047
1位到達勝利数56.6勝優勝数8回
冠とのゲーム差87.0差ファイナル数0回
冠到達勝利数45.8勝冠数0回

1回くらいは冠をとってるような気がしていました。0回は以外でした。

野手も投手も特にケチをつける所というか、むしろこれから強くなる要素の方が大きいと思います。一点だけ挙げるとすれば、計算できる日本人の先発が1人しかいないこと。常に外人の先発投手を2人ずつ入手しなければなりません。ただ、今のところは外人引き放題で値が暴落しているので、やっぱり大した問題ではないですね。佐治からフォールを取れるのはここくらいではないかと思います。

熊本スピアーズ

総当たり実績
現在の順位103位5年勝率0.319
平均勝利数20.8勝100年勝率(0.454)
1位とのゲーム差184.0差優勝率0.091
1位到達勝利数62.1勝優勝数7回
冠とのゲーム差136.0差ファイナル数0回
冠到達勝利数51.2勝冠数0回

代行中なので過去の成績は当てになりません。

野手を優先して戦力を整えているように見えます。中でも二遊を多めに確保しており、5年以内に地力が大きく上昇しそうな気配です。野手がいい分、投手は代行のハンデを考えれば今以上に整備できるとは考えにくいのですが、野手さえよければ守備で投手はある程度カバーできますので、優勝はともかくAクラスに張り付けるだけのポテンシャルはあるでしょう。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20091122_2498/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
421-429リーグ展望 パワーレンジャーリーグ from キョカラソドットコムホームページ

Home > 連続もの > 421-429リーグ展望 パワーレンジャーリーグ

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top