Home > 連続もの > 421-429リーグ展望 フロンティアリーグ

421-429リーグ展望 フロンティアリーグ

チーム名オーナー総順チーム評価
5年100年通算
桜華フロンティアKachi12位SAS
乱波集団川並衆小六正勝28位AAA
スクリプト青汁キューサ・イ38位ACC
甲山ブルースターズNIGHT-D63位CSS
茅ヶ崎サーファーズひで80位CDC
金町プレリュードTOMO102位EDC

誰もが同意するであろう、死のリーグ。実績抜群の3チームに加え、調子のいい青汁の存在がめんどくさ…恐ろしい。正直どこが勝つか予測つかないですが、前半の数回は今年優勝の川並衆が持っていくでしょう。その後は分からないですが、本気出しそうな桜華が来るんじゃないかと思います。上位の勝敗はオーナーのやる気で決まる面もありますから…。甲山の復活は今にするのか次にするのか。

各チーム寸評

桜華フロンティア

総当たり実績
現在の順位12位5年勝率0.665
平均勝利数37.9勝100年勝率0.606
1位とのゲーム差33.0差優勝率0.422
1位到達勝利数45.3勝優勝数95回
冠とのゲーム差-15.0差ファイナル数2回
冠到達勝利数34.5勝冠数10回

往路で息切れしたのか、冠なのにいきなり4位を引いてしまいましたが、監督2年目なのでまだセーフ。2〜4位に戦力差はそうないので、「間違ってBクラスにならない」という低いハードルを越えれば勝負できるでしょう。

信じがたいことに、この守備力・投手力でもフロンティアリーグでは高くない方。攻撃力も他と比較して低い方なので、このまま得意の早熟で素早く再編したい…と思ったら既に結構仕込んであるので、中盤以降はやはり桜華を中心にリーグが回っていきそうです。

乱波集団川並衆

総当たり実績
現在の順位28位5年勝率0.639
平均勝利数33.6勝100年勝率0.604
1位とのゲーム差71.0差優勝率0.316
1位到達勝利数49.5勝優勝数71回
冠とのゲーム差23.0差ファイナル数2回
冠到達勝利数38.7勝冠数7回

28位には「なんで?」と思いましたが、1年目優勝と幸先のいいスタートを切りました。主力はもう30歳を過ぎているし、監督も6年目だしで、桜華が戻してくる前にできるだけ優勝回数を稼いでおきたいですね。3回、いや、できれば4回いってみませんか。ついでに冠もいけそうです。

長S6人の得点力や投手力も高水準ですが、なんといっても守備が高いです。特に21歳の二塁Sが超強力。これだけ打ててチーム防御率が3点を割ったら、普通負けません。三塁・遊撃はA維持がそろそろ厳しそうですが、二塁よりは手に入りやすいですし、二塁さえSのままいければ安泰っぽいです。監督交代のタイミングが生死を分けるか?

スクリプト青汁

総当たり実績
現在の順位38位5年勝率0.620
平均勝利数32.2勝100年勝率0.488
1位とのゲーム差83.0差優勝率0.065
1位到達勝利数50.8勝優勝数14回
冠とのゲーム差35.0差ファイナル数0回
冠到達勝利数40.0勝冠数0回

絶好調で桜華・川並衆・甲山に割って入るか。他のリーグなら今のうちに何勝かできそうなだけに、今編成で最大の貧乏くじを引いた感。ずっと日の目を見られずに終わるか、強敵相手に存在感を出していけるか。

今年は2〜4位ダンゴの中の2位ですが、監督1年目で指揮ECということを考慮すれば妥当な順位でしょう。監督的には川並衆が落ちた後に桜華と勝負になるのですが、未来の戦力はどうかというと…推したいのですが、現在がピークと言わざるを得ません。ちょっと引っ張りすぎたかも。ポイントを使うなりして、戦力が残っているうちに優勝を狙いたいです。

甲山ブルースターズ

総当たり実績
現在の順位63位5年勝率0.485
平均勝利数28.0勝100年勝率0.648
1位とのゲーム差121.0差優勝率0.481
1位到達勝利数55.1勝優勝数113回
冠とのゲーム差73.0差ファイナル数11回
冠到達勝利数44.2勝冠数16回

本来なら最大の地雷なのでしょうが、「今の俺を倒しても自慢にはならんぜ」状態。前回の総当たり1位で消耗してしまったのでしょうか? 自分より強いオーナーのことなので、私にはよくわかりません。甲山カムバック!

上位争いで重要な監督では、甲山はもう終了間近、川並衆は勝ち続ければ5年持つけど負けたら終わり、桜華・青汁は代えたばかりという現状。成長重視で次の20年の仕込みに徹するか、勝負をかけてくるのか。

現戦力はこのリーグではやや不足。攻防ともに普通に強いチームくらい?平均年齢が低く若い選手が多いので、上手く成長させられれば中盤以降は優勝争いに加わってくると思います。適当な評価しかできないなあ。一度よ〜く見てみたいです。

茅ヶ崎サーファーズ

総当たり実績
現在の順位80位5年勝率0.443
平均勝利数26.1勝100年勝率0.403
1位とのゲーム差137.0差優勝率0.067
1位到達勝利数56.8勝優勝数17回
冠とのゲーム差89.0差ファイナル数0回
冠到達勝利数46.0勝冠数1回

上位4チームばかりに目がいってしまいますが…やはりこのリーグでは5位以上は非常に困難となるでしょう。まずはAクラスを目標にがんばってほしいです。

編成を見てみると、二遊の少なさ、三塁の多さが目立ちます。二遊の数を増やすべきなのは大抵のあまり強くないチームに言えることで、特に取り上げるようなことではないです。数を増やして、強い奴が生まれる率を上げましょう。

三塁が多いのは少し面倒です。どこでも専業三塁手というのはそう多くなく、だいたいは一・遊・外のどれかとマルチポジションです。このマルチがくせ者で、せっかく持っている守備だからもったいないんですが、守備位置が多いと成長しづらいんです。遊+三はまだしも、三+外や三+一は極力減らした方がいいでしょう。少しはいた方が便利ですが。

各守備位置とも予備は2箇所(人ではない)くらいいれば十分で、3人以上もいたら遊兵です。売って金にするか、交換して戦力化するか、捨てて枠を別のことに使いましょう。資源を効率よく使えば自然に勝てます。

金町プレリュード

総当たり実績
現在の順位102位5年勝率0.355
平均勝利数21.0勝100年勝率0.435
1位とのゲーム差182.0差優勝率0.104
1位到達勝利数61.8勝優勝数26回
冠とのゲーム差134.0差ファイナル数1回
冠到達勝利数51.0勝冠数1回

いまだに強かった時期のことは覚えていますが、それ以来あまりいいところがありません。なぜ金町は弱いままなのか!?

データをチラ見しただけだと、別に悪いようには見えません。フツーじゃね? という感想です。ただ所属リーグが悪かっただけじゃ…とすら思えます。どこが悪いんでしょうか。監督戦術に多少は改善の余地があるものの、だからって劇的に変わるほど悪くはないですし、よくわかんないです。強いて言えば、成長力が低いくらい?

あとは、野手に長打だけの選手が多いか。若い選手が多いですが、もう少し獲得基準を上げて平均年齢を上げるといいのかもしれません。平均年齢を低くすべき理由は「戦力になる年寄りが多い→切れずに若手が獲れない→次の世代が育たない」の回避であり、正解はどっかで咲葉さんが仰っていた通り「30過ぎた控えは全員クビ!」くらいの勢いで切ることです。もちろん杓子定規に適用しちゃダメですよ。

翻って金町の場合は、もしかしたら「能力の低い若手を取ってしまう→30過ぎると戦力にならない→若手の方がマシなので取る→最初に戻る」なのかもしれません。よく見てないのでアレですけども。

一瞬を切り取ったデータだけでなく、10年くらいの動向をチェックしないと何ともですね。役に立たなくてすいません。

コメント:2

NIGHT-D 09-12-07 (月) 12:06

なぜかなんかうちのリーグ全般にコメントが弱気っぽい。
といいつつ、私もよくわからないんですけどね(笑)

kyouso 09-12-14 (月) 23:05

自分と互角以上のオーナーの評価は難しいんですよう。じゃあ以下ならいいのかって、ものすごくビクビクしながら書いて、えいやと投稿ボタン押してます。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20091206_2511/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
421-429リーグ展望 フロンティアリーグ from キョカラソドットコムホームページ

Home > 連続もの > 421-429リーグ展望 フロンティアリーグ

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top