Home > 連続もの > 421-429リーグ展望 ロッソネロリーグ

421-429リーグ展望 ロッソネロリーグ

チーム名オーナー総順チーム評価
5年100年通算
ロッソネロぷらねっと咲葉15位SSA
佐賀ラブイリュージョン22位BBB
横浜ワイルドハーツmok49位CBB
みやざきハンマーヘッドシャークス桜狼59位CCD
伊勢シュラインPMA85位CDD
奈良スタッグスまつうら95位CCC

AC専用狩り場。直近5年が唯一Bランクの佐賀はピークを過ぎているので、実質はSランク1チームとCランク5チームです。15位冠でこのリーグは大当たりでしょう。9連覇鉄板です。

もし万が一、他チームに勝ち目があるとすれば、ACが監督を引っ張り続けて戦力が落ちた時に交代してくれる一瞬です。でも、ACがそんなマズい監督交代をする訳がないですし、数年以内の指揮Eでも勝てる時期に代えられちゃったら止められそうも無いですね。大事なことなので2度言います。9連覇鉄板です。

各チーム寸評

ロッソネロぷらねっと

総当たり実績
現在の順位15位5年勝率0.696
平均勝利数37.3勝100年勝率0.616
1位とのゲーム差38.0差優勝率0.336
1位到達勝利数45.8勝優勝数40回
冠とのゲーム差-10.0差ファイナル数3回
冠到達勝利数35.0勝冠数5回

評価SSAは桜華・宜野湾と並び4位タイ。今最もノッているチームの1つです。余裕で総当たり1桁を狙えるでしょう。

データはケチのつけどころがありません。窓枠を指でなぞる姑のごとく探してみても、せいぜい捕手・二塁・三塁が2人ずつしかおらず、事故死の危険が少しだけあることくらいです。それも健康Cは意図的に維持しているらしいので、可能性としては100年に1度クラスでしょう。無視していいと思います。

昔は「選球眼が低い」「右の足長はイマイチ強くない」とか文句を言ったものですが、もう何も言えませんね。右打者中心の打線なのに得点力が高いのは立派。

佐賀ラブイリュージョン

総当たり実績
現在の順位22位5年勝率0.521
平均勝利数35.0勝100年勝率0.549
1位とのゲーム差59.0差優勝率0.252
1位到達勝利数48.2勝優勝数67回
冠とのゲーム差11.0差ファイナル数1回
冠到達勝利数37.4勝冠数1回

冠を十分に伺える位置ではありますが、年齢的に限界点。5年以上の撤退も止むなしでしょう。一応20代が半分くらいいることはいるのですが、20代後半は主力に代われるような選手はあまりおらず、20代前半は30代後半選手の引退に間に合わなさそうです。

強いときは強いチームなのですが、選手の引っ張りすぎで自滅するケースが多いように見受けられるので…でもそこが魅力でもありますから、難しいですね。ゲームに勝とうと思えば無情に切るのが正解ですが、あんまりバッサバッサやるのは辛い場合もあります。

横浜ワイルドハーツ

総当たり実績
現在の順位49位5年勝率0.485
平均勝利数31.0勝100年勝率0.528
1位とのゲーム差94.0差優勝率0.239
1位到達勝利数52.1勝優勝数56回
冠とのゲーム差46.0差ファイナル数4回
冠到達勝利数41.2勝冠数3回

通算A評価が出なかったのに驚き。冠がまだ3回だったことに再び驚き。

データは「実力の高いオーナーが生命維持モード」な匂いがプンプンするので、あんまりマジレスしても仕方が無いと思います。じゃあ本気出せばACに勝てるのかよってところですが、9年以内に追いつくのは難しいでしょうね。Aクラスは確保して監督成長を維持しつつ、次の往路に合わせて調整するのがベターではないかと思います。

みやざきハンマーヘッドシャークス

総当たり実績
現在の順位59位5年勝率0.431
平均勝利数28.9勝100年勝率0.448
1位とのゲーム差112.0差優勝率0.048
1位到達勝利数54.2勝優勝数7回
冠とのゲーム差64.0差ファイナル数0回
冠到達勝利数43.4勝冠数1回

監督引っ張りすぎですね。他のチームの評価でも書きましたが、才努がBCを割ることが確定したら条件反射で代えましょう。できればABと言いたいところですが、下位で**AB **ABを維持するのは難しいのも事実。

伊勢シュライン

総当たり実績
現在の順位85位5年勝率0.434
平均勝利数25.2勝100年勝率0.440
1位とのゲーム差145.0差優勝率0.060
1位到達勝利数57.7勝優勝数14回
冠とのゲーム差97.0差ファイナル数0回
冠到達勝利数46.9勝冠数0回

投手はいいし守備もいいのに、なんで防御率が酷いんだろうと思いました。完投か! 先発の完投が低い場合、中継ぎ1に先発と同等クラスの投手を置かないときついはずです。

得点力が低いのは、監督戦術のタイプをプラス側にしてみるといいかもしれません。守備の低い選手を一軍に置かないのであれば効果はあるでしょう。

奈良スタッグス

総当たり実績
現在の順位95位5年勝率0.425
平均勝利数23.2勝100年勝率0.497
1位とのゲーム差163.0差優勝率0.124
1位到達勝利数59.7勝優勝数31回
冠とのゲーム差115.0差ファイナル数1回
冠到達勝利数48.9勝冠数1回

ここが6巡目になるとは。地味に今編成最強の地雷だと思いますが、ACが強すぎるので実質的には地雷機能がありません。

でも、ACに一矢報いるとしたらここだと思うんですよね。控え野手が全員20代で、監督能力も野手優先で上げてて、突撃の号令を待っているように見えます。

野手はそれで追いつくことにしても、ACとの最大の差は投手力。奈良Sの投手はパラメータが高く、先発の不調や秋落ちに強そうですが、前と後ろにエース級がいないのが弱点。ポイントは700しかないので、今すぐエース級を買うには足りません。後半戦までに貯めておくか、ACの監督が交代したてで弱いうちを狙って補強するか。

コメント:1

mok 09-12-16 (水) 23:13

本気でも勝てません(涙)

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20091210_2515/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
421-429リーグ展望 ロッソネロリーグ from キョカラソドットコムホームページ

Home > 連続もの > 421-429リーグ展望 ロッソネロリーグ

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top