Home > 連続もの > 421-429リーグ展望 ローズリーグ

421-429リーグ展望 ローズリーグ

チーム名オーナー総順チーム評価
5年100年通算
宝泉寺ローズhana16位SAA
宜野湾カリユシHSSちょい20位ASS
駒川ムービースターズRARA55位BCC
千葉サニープレイスいしいし56位CCD
福島ブリリアントローズなるすす90位DCC
西神戸ミッドナイトエス91位D(E)E

宝泉寺vs宜野湾、以外になるんでしょうか? ならないですね。はい。下位4チームと差がありすぎて、どうしようもないです。抜けてくる可能性があるとすれば福島が最右翼ですが、仕掛けがうまくいくのかどうかは確率ですし、そもそも仕掛けがあるのかどうか? 不確定すぎて何とも言えません。宜野湾6、宝泉寺3で。

各チーム寸評

宝泉寺ローズ

総当たり実績
現在の順位16位5年勝率0.711
平均勝利数37.1勝100年勝率0.569
1位とのゲーム差40.0差優勝率0.284
1位到達勝利数46.1勝優勝数46回
冠とのゲーム差-8.0差ファイナル数1回
冠到達勝利数35.2勝冠数3回

強豪と呼べる実績を上げ、最近の評価はSランクですが…ここらで一息入れる必要がありそうです。1年目はおそらく故障のせい? で総当たり負け越し、18位以内から滑り落ちてしまいました。監督は12年目でイッパイイッパイ、野手は年寄りだらけで秋データでも守備落ちまくりと、悪いニュースだらけです。前半の間は宜野湾に対抗できないのではないでしょうか。

野手はしばらく厳しいと思いますが、投手は若い選手が多く、戦力の維持は難しくないでしょう。新監督が一人前になる中盤以降は前半の負けを取り戻せるはずですから、連続冠は固いと思います。

宜野湾カリユシHSS

総当たり実績
現在の順位20位5年勝率0.606
平均勝利数36.1勝100年勝率0.618
1位とのゲーム差49.0差優勝率0.442
1位到達勝利数47.1勝優勝数118回
冠とのゲーム差1.0差ファイナル数14回
冠到達勝利数36.2勝冠数11回

個人的には3強と同レベル、と評価するオーナーです。

宝泉寺とは対照的に、1年目優勝で監督が生き残り、総当たりは40勝オーバーで冠圏内に入っています。秋で遊撃を殺られはしましたが、春でも二遊BBの言わば片肺のような戦力でこの成績なので、その程度のことでズルズル後退するとは全く考えられません。復路で冠を取ってくると思います。

データは、とりあえず野手の左っぷりを見れば十分でしょう。伝統的に攻撃力の高いチームで、その攻撃力を支えるのが左・左・左です。捕手すら左で、右は二塁遊撃の2人だけです。スプレー・プルでの能力の分け方も、ある意味で偏質的とさえ言えるほど徹底しており、左スプレーは全員が足巧型、左プルは全員が足長型になっています。すげえ。

投手は球速を抑えて制球高め。今は弱めかつ高齢化が進行していますが、たぶん何とかしてくれるでしょう。

駒川ムービースターズ

総当たり実績
現在の順位55位5年勝率0.550
平均勝利数30.1勝100年勝率0.498
1位とのゲーム差102.0差優勝率0.083
1位到達勝利数53.0勝優勝数12回
冠とのゲーム差54.0差ファイナル数0回
冠到達勝利数42.1勝冠数1回

1度の冠取得が示すように、決して弱いチームではないのですが…上2つが強すぎて、このリーグで優勝するのは非常に困難、と言わざるを得ません。できるだけ監督能力の維持に努め、次編成での戦力を養成しておきたいところです。

データですが、野手は奇しくも宜野湾と似ており、プルは長打型、スプレーは足型に分かれています。が、宜野湾との最大の違いは長打Eの数。いくらパラメータが高くても長Eは駄目です。できるだけ入団時Dを心がけると良いでしょう。E→Dくらいなら伸びるでしょ、と思いたいところですが、これが何故か伸びないものです。

投手は悪くないですが、並べ方が若干気になります(春成長の結果ならすいません)。投手の序列付けは以外と難しく、春成長を織り込んでみたり、タイプが違ったりすればより分かりづらいですが、ここで何十勝も違ってくる場合も多々あります。

千葉サニープレイス

総当たり実績
現在の順位56位5年勝率0.469
平均勝利数29.8勝100年勝率0.495
1位とのゲーム差105.0差優勝率0.056
1位到達勝利数53.3勝優勝数8回
冠とのゲーム差57.0差ファイナル数0回
冠到達勝利数42.5勝冠数0回

かなり中位。

今年は指揮SSパワーで宜野湾・宝泉寺にかなり迫る3位でしたが、ここも秋で遊撃をかなり殺されてしまいました。何かの当たり年なんでしょうかね? 守備力はそうそう簡単に戻せないでしょうから、あまり高くない攻撃力を上げていった方がいいでしょうね。弱いのは外野なので、簡単に補強できると思います。

投手はいい選手が取れているのですが、並びでかなり損をしています。駒川の10倍くらい損してるんじゃないでしょうか。せっかく球速のある投手が揃っているのにもったいないです。

福島ブリリアントローズ

総当たり実績
現在の順位90位5年勝率0.408
平均勝利数24.7勝100年勝率0.485
1位とのゲーム差150.0差優勝率0.119
1位到達勝利数58.3勝優勝数20回
冠とのゲーム差102.0差ファイナル数4回
冠到達勝利数47.5勝冠数2回

ファイナル3連覇(4年連続出場)、往路1位が1回とかなり凄い実績ながら、一発屋という印象をつい持ってしまいます。上下の非常に激しいチームです。

さて、現在90位ではかなり酷いデータなのだろうと思って見てみると…これは面白い。25歳前後の選手が多いです。野手4人、投手8人。狙ってますね。狙ってますね。野手は少々年寄りが目立ちますが、投手重視の守備チームに変貌できるフラグはビンビンに立っています。これ以上の深読みは避け、たぶんあるであろう大攻勢を眺めたいと思います。

西神戸ミッドナイト

総当たり実績
現在の順位91位5年勝率0.421
平均勝利数24.3勝100年勝率(0.378)
1位とのゲーム差153.0差優勝率0.000
1位到達勝利数58.7勝優勝数0回
冠とのゲーム差105.0差ファイナル数0回
冠到達勝利数47.9勝冠数0回

投手偏重チーム。野手偏重はよくありますが、投手は珍しいですね。

投手は能力・戦術ともに「おお〜」ってなもんですが、野手がイマイチすぎます。特に守備。これで守備が高ければ、余裕で防御率2点台を出して上位と勝負できると思うのですが…。二遊の数は多めで、守備を重視し、向上に努めていることは読み取れます。でも守備が高くない。春でCBBAABBCは、投手チームとしては物足りません。そして守備重視なので攻撃力も低い。長打のないRSは、少し強い言葉で言うと生ゴミです。AAADくらいならギリギリ人権を認めてもいいですが。

ではどうするのが良いか。長打A以上で他のパラメータも高ければ話は別ですが、まず打撃ポジションでRSは極力避けること。それと、これまで今回の展望では何度か話題に出ましたがシングルポジションをお勧めします。特に守備位置が一二三などはRBO最強級の糞マルチポジションです。二塁のみ、せめて二三のみにした方が良いでしょう。二塁・遊撃の三塁を消すのはもったいなく思いますが、延べで二塁3、三塁8、遊撃6は明らかに三塁が過剰で、遊兵です。活かされない守備位置は成長にマイナス以外の効果がありませんので、故障対策用の選手以外は全消しでもいいくらいでしょう。っていうか投手重視で野手にある程度能力を持たせたいならシングルポジションがセオリーと言っても良いのではないでしょうか。

長くなってしまったので(もう朝だし)、この辺で打ち切ります。コンセプトがハッキリしてて、成功しかけてるだけに、もったいない、あと一歩、と思います。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20091213_2516/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
421-429リーグ展望 ローズリーグ from キョカラソドットコムホームページ

Home > 連続もの > 421-429リーグ展望 ローズリーグ

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top