Home > ジャンプ > ジャンプ2010年11号

ジャンプ2010年11号

HUNTER×HUNTER

タコ回ではなくウェルフィン回で、ジャイロ。1話使って、そのまま放置されてから…何年? 私はその時ジャンプを読んでいなかったので、当時どんな感じだったかは想像もつかないのですが…感想サイトをひっくり返せば、ちょっとくらいは空気を感じ取れるでしょうか? これも冨樫神の、とりあえず蒔いておいた伏線の種を回収できれば回収しようかなあという計画通りなのか…。

これでウェルフィンは終わりでしょうか。状況を全く読めずに空回りしている彼が好きだったので、ちょっと寂しいです。

最初の頃はウェルフィンとブロウーダはセットみたいな扱いでしたが、結末は全く違いました。2人を分けたのは何なんでしょうね。

予想通り(?)、ウェルフィンの能力は交渉可能な敵にしか通用しない、実用性の無いものでした。相手がウェルフィンと同じ価値観を有していないと効果がないと言うか、タコの方が交渉上手でしたね。本人の戦闘能力もタコに劣る…というより、ウェルフィン的には暴力とは行使するものではなく、匂わせて状況を有利に運ぶものでしかないのでしょう(のような事を前にモノローグしてたような気がします)。交渉は相手あってのもので、自身が相手の都合なんざ全く考えなかったと言うとおり、的外れな防衛政策のような念能力でした。

でも能力の消え方はちょっと面白かったです。本人は解除できないつもりなのに。脇キャラだからか、念能力と心理的な問題がリンクしてるのが面白い。

なんでウェルフィンは権力志向になったのかが良く分かりませんでした。作中で語られたような理由から上昇志向が強いけれど、でも腕力も知力も高くなかったからこのようなキャラクターになったのでしょうか。

巻末コメントドラクエⅨを始めました。ぎゃああああ

ブリーチ

藍染様だと思っていたら雛森だった。やっぱブリーチはこうでなくっちゃ。ブリーチが終わったら青年誌で描いてくれないかな…。

一護は雛森がメッタ切りになるのをボサーッと黙って見ていたということになるの?

鏡花水月の能力が今ひとつ良く分からないのですが、とにかく藍染様と接触のあった者…一護以外は、全て藍染様の掌の上と考えて良いのでしょうか。そういや総隊長は何やってるんでしょうね?

ナルト

冨樫神のお言葉を引用すると…敵キャラ→味方キャラの補欠要員。味方キャラの誰かが死ぬ前後に似たような的を出す技をマイナーチェンジという。香燐はサクラが合流するまでの繋ぎだったのか…超カワイソス。

あ、でもこれって香燐は死なない? いやでも…要らない理由はなんだっけ? 敵に捕まるような奴だから? (香燐の)回復手段がないから? 前者なら本当に要らないけど、後者ならサクラに治療させれば済む話ですね。

ワンピ

この漫画で、回想以外で誰かが死ぬとは思ってなかったし、そこがヌルいなあ〜とは思っていたのですが…だからこそ死が大きいですね。サカズキは大将の中でも汚れ役ばかりで、天国に行けない運命なんだな…。

最後のページのルフィがギャグ顔ギリギリ、いやギャグ顔だけど、ワンピなら許される。

サイレン

制約のある善玉よりも悪役を通して自己主張するのは嫌いじゃないお。

絵柄が平成ならブリーチより売れるんじゃないだろうか。バトルの流れがすげえいいと思いました。

(読切)痩身マン

面白くなくはないけど、なぜか不快。悪役は素敵なのになあ。

助っ人

こういうの好き。でも特に感想はない…。2回読む気はしないからかなあ。つまり単行本を買う気がしない漫画なんだよなあ。なんでだろう。

(最終回)ねこわっぱ

最初の数話しか読んでいないのでどうこう言えないのですが、途中からバトル漫画になったのは知っています。今まで何本の漫画がそうやって打ち切られてきたか。なんで「人気ない→バトル漫画化→打ち切り」になるんでしょう。「人気ない→バトル漫画化→浮上」の例とどっちが多いのか、誰か数えてないかなあ。読者が数えるまでもなく、後者の方が多いからそうするのかな。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20100216_2537/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ2010年11号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ2010年11号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top