Home > スポーツ > 冬季オリンピック (バンクーバー:2010) の続き

冬季オリンピック (バンクーバー:2010) の続き

フィギュアスケート女子シングル

最初からリアルタイムで見ました。キムヨナがノーミスの上に良かったように見えたので、こりゃあ浅田は追いつかないかなと思ってたら、150点超えて228点で、なんだそりゃと。ドラゴンボール並にインフレしてるような…。他の選手とそこまで差があるとは思えないんだけどなあ。

その後の浅田はミスがあって残念でしたが(の割に高得点?)、無くても勝てないっていうか、なんだかなあ。別にキムヨナが悪いわけじゃないんだけど、正直この競技に白けてしまいました。インフレしすぎて、何がどの程度できると何点くらいなんだとか、訳わかんないです。なんで日本のテレビはメダルメダルうるさいくせに、メダルに繋がらないし何の得にもならない高難度ジャンプで大騒ぎしてるんだろう。

それ以外では、ロシアのレオノアが元気あってカワユスでした。ナガスと安藤は惜しかったけど、カナダだし、ショートで差がついてたからしょうがないか。鈴木はもっと一般人に評価されていい。

プチハマリして点数詳細とか見てもさっぱり分からん。せめてジャンプの種類くらいは次の五輪までには分かるようにしておきたいです。

コメント:2

はらぺこ 10-02-28 (日) 8:18

高難度ジャンプスキーなのは日本人であればしょうがないですね。
だって伊藤みどりを輩出した国ですから。
>インフレ
これまでもたびたびあったようです、インフレ。
その度に色々改定されて。というありがちな歴史なわけです。
ただ、浅田とヨナの抜きんでてる感は歴史的に見ても段違いですが・・・
まぁ、ヨナの高得点傾向に沿ったプログラムはまさに神がかりでしたね。賄賂か?(笑)

kyouso 10-03-09 (火) 1:01

だってジャンプは3回とか4回とかで分かりやすいし、他に違いが分かりやすい要素が…日本人、テラスペック厨。
ヨナは改定にぴったり合わせてるんだと思います。現行の採点だと、一体何人を買収すればいいんだって話になりますから、ヨナ側からすれば、あんな高得点を出してくれたばっかりに言いがかりがつけられて迷惑じゃね、とすら思います。
当日の審判を買収することを狭義の買収、ルールの決定そのものに影響力を行使することを広義の買収とするならば、広義の買収に近いことは行われたのでは…ってどのスポーツでもこれは行われていると思います。地球のどっかの国に所属してる個人に判定させるという制限がある以上、広義の買収までは認めざるを得ないと思います。むしろ積極的に参加すべき…してるのかな? 少なくとも結果が出ているとは思えません…。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20100227_2542/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
冬季オリンピック (バンクーバー:2010) の続き from キョカラソドットコムホームページ

Home > スポーツ > 冬季オリンピック (バンクーバー:2010) の続き

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top