Home > ジャンプ > ジャンプ2010年24号

ジャンプ2010年24号

祝快挙! HUNTER×HUNTER連続掲載記録更新(18週)!!

…。

HUNTER×HUNTER

ナックルあっあっあっ

登場人物の整理に入った? 特にユピーなんてもういなくてもいいし、プフの悲惨な最期はもう目に浮かんできています。やっぱり最後はゴンキルア王コムギだけが残るのかな? しかしゴンはもう主目的を果たしてしまっているし、ジャンプらしく戦って勝つか負けるかでENDではならないのでしょうか。どうなるんだろう。とりあえず今の王に「コ」と「ム」と「ギ」を続けて聞かせてはいけない。

薔薇の時もチラッと思わせていたけれど、改めてナックルの口から「国家レベルの武力>念能力者」であろうことが語られました。やはり少年漫画としては異様だと思います。この世界のインフレ度は未だにレッドリボン軍>亀仙人なんだ! それとも、放出系能力者の脳を集めた念能力者キューブみたいなのがあって、集合意識から波動砲を撃てたりするんだろうか。

今回の会長達の任務は、少数精鋭で敵指導者=最大戦力の暗殺すること。初期ドラクエの勇者と似ています。とすれば、勇者が敗れた場合を考慮してラダトームの王様が用意しているはずのオプションがあるはずです。大規模軍事行動? それは集団に匹敵するようなパワーを持った個を相手にできるシステムではないはずで、例えば高速で移動する王に戦力を向けること自体ができないでしょうし、通常兵器ではどんだけ集めても0ダメージでしょう。前のコメントであったように、核ミサイルは? 復活前の王にダメージが通ることは実証されていますし、人類の最強攻撃なので有りうるでしょうが、ミサイルだと王かシャウアプフが全て効果範囲外で迎撃でき、弾頭の威力以前に運搬手段が通用しないはず。核ミサイルの本数が無限ならば、理屈の上ではいつかはダメージを与えられ…その前に発射拠点や人口密集地に移動するとかしますよね。となれば、会長のような、爆弾を抱えて王の迎撃をかい潜れる性能を持った輸送手段…会長クラスの念能力者が複数必要。複数? いたら最初から投入してるよね…。指導者は何を考えているのだろう。

しかしハンター協会には派閥争いがあったらしいので、最初から投入しない理由付けはできているはず。だから、きっとまだ強力な念能力者が何人もいるに違いない。誰かが会長を世界でも5指って言ってたはずだから、あと4人はいるぞ。本当は四鬼だったかもしれないから3人かもしれないけど。3人だと爆弾三勇士になっちゃうけど。

っていうのは人類側が一枚岩である前提なので、例えば北朝鮮にゴジラが発生しちゃって、アメリカがこっそり送り込んだランボーが負けたからってソッコーで核ミサイルぶち込めるもんか、といえば無理でしょう。協議しないと。というわけで、会長は時間稼ぎと威力偵察を兼ねた捨て駒だったんじゃねえの説。あ、先に核兵器使っちゃってるか…。

ゴンさんが「邪魔だ」ワンパンKOという結末も0ではないと思う。

(新連載)メタメタ

やべー小ぎれいなトリコにしか見えねー。

冒頭の、高いところから落ちて生きてるのは、いわば漫符のようなものだから気にならないし気にしない。後からなら特殊な金属の効果だと思えるし。でも、村の中での世話係だけならともかく、なんで山の中までついてくる見張りが女の子1人だけなんだか説明しろ村人ども、とか、ガスの治療法は犯人に聞けばいいだろーとか(もしかして、つい殺しちゃったから聞けない? なら褒める)、登場人物の行動がいちいち有り得なくて脳みそイゴイゴする。この世界にもキャラの運命を司る「律」神の手が存在しているように見えてしまった。存在はしているしかないので、せめて見せないで欲しいなー。

トリコはそういうのあったとしても気にさせないエネルギーがある。肉眼で太陽の輪郭が見えないのと似たような感じ。太陽に例えるほどすげえ作品だとは思ってないけど。

ナルト

ビーさんがウザい人からすげえ良い人にクラスチェンジした。あまりにありがちなのに、今までのウザ描写が活きてるからものすごく自然に見える。

保健室

生存のためになりふり構わない姿が心を打った。しかし、男キャラの行動パターンが同系統の漫画と比較して非常に強くリアリティを感じさせる分、実は本来やりたかったことをやり始めただけに見えなくもない。

打ち切り

リリエンタールはともかく、まさか2番目がヘタッピだとは予測できませんでした。これ予測できた人はいないんじゃないか。でもヘタッピは月1だし、来週もう1本新連載があるので、もう1本は打ち切りがあるはず。H×Hでなければ何だろう? 今、来週すぐ終われる漫画って無いと思うけど、四谷は読んでないから分からない。保険かめだかなら保険かなあ。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20100519_2567/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ2010年24号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ2010年24号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top