Home > ジャンプ > ジャンプ2010年31号

ジャンプ2010年31号

(新連載)SWOT

斬であまりにも有名な杉田先生の最新作だ! 超期待してた!

が、やることが、そんなに変わってないような気がするのにもかかわらず、尖ったところが丸くなってて、いまいち。無茶苦茶さに計算してやってる所が増えたって言えばいい? そんな感じ。「バレーボール使い郷田豪」みたく(タイトルこれで合ってるのか?)、勉強命という設定が活かせない、意味が分からないまま終わってしまうのではないかと思う。結局ジャマな奴を殴ってるだけじゃねーか!

ナルト

女性を人柱力にするにあたり、結婚すんなとか産むなとか人権を無視したことを言いたくないのであれば、男性限定にしておけばよいのではないか。n尾に限っては女じゃなきゃダメ! というのは、ここまで読む限りではないみたいだし、わざわざ不利な点のある女性を使う場合もある理由付けが欲しい。例えば、才能のある奴が女しかいなかった時代もある…というのは少し説得力に欠ける。別にそれでも悪くはないけど、それでいくなら、人柱力適性のあるヤツは希少で、たまたま誰もいなくてひどいことになっちゃった、という話を前もって仕込んでおいてもらわないと。ビーさんの思い出話くらいじゃ足りない。クシナに回ってきてもしょうがないよね感が全然ねえー。

バクマン

今週はひどい。登場人物のノリが中学生なのはいつものことだし、読者層的にも正しいと思うけれど、まだカクコたる地歩のない亜豆の出世チャンスを誰得な理由で蹴るのはやりすぎだ。いま誰得と言ったけれど、サイコー×亜豆的には得がなくはない。でも、もうみんな20歳くらいだよね?登場人物に歳を取らせすぎたんじゃないか。年齢は高校生くらいで、サイコーたちの立場もTRAP終わったくらいの時にこのネタだったとすれば、こんなにイラッとはしないと思う。つまり、彼らの行動にリアリティがないと感じた。怒ってくれる大人が必要じゃなかったのか。現場にいたのは、良いキチガイの新妻さん、悪いキチガイの秋名さん、ダメな大人の港浦さん。だめだこりゃ。

助っ人

冒頭2ページのナイアルナイアルひでぶでバカウケした他はあまり覚えていない。

保健室

「あれ、よくね?」期間終了。狙って良かったんじゃなくて、偶然良かったんだと見るよ。2ヵ月後はまたビリ争いしてると思う。引っ張りすぎだろう。今週なくても話つながりそうじゃん。くどい。

疾駆

内容以前に絵が雑だと思います。週刊連載についていけてないように見えます。新連載から10週以内でこの掲載順では、メタメタと一緒に墜落なんだろうな、と。

メタメタ

2話目でこういう話をやって欲しかった。金属+電気+回転=リニアー!金属という設定ならではの特性を活かした話を、なんでこんな遅くにやるんだろうか。ガトー(ダイ大で言えばポップのポジションか)にその役を割り当てたから8話目までそれができなかったのは分かりますが、こうやって手遅れになるんだから、初期のうちはシノにその役を振っておけばよかったのに。例えば、シノは黒魔法は全部覚えるけど白魔法はケアルラまで、ガトーは白魔法を全部覚えるけど加入が遅いから、初期はシノの白魔法が重宝する、みたいな。主人公は才能のみ突出した悟空系だからキャラ的に無理だし、仲間の必要性がなくなるから単独で技が出来てはいけない。

サイレン

何かとブリーチとかぶる…。何が100時間ですが、思い切って2000時間とか無茶を言ってしまえばいいのです。きっとこれがブリーチとサイレンの漫画スケールの差なんだ。でも疾駆とメタメタがコケてるから死にはしないだろう…。

(打切)四谷

4話目くらいから読んでないので評価不能。読んでない理由は読みにくいから。とにかく画面が把握しづらくて、読むのが苦痛だった。クソゲーで例えると、独特の操作性とは言うものの、実はレスポンスが悪くて操作しづらいだけ、みたいな。ただ奇抜な角度にしてるだけにしか見えなかったし、だけにしか見えないからこそ打ち切りという結果になったのではないか。決して、読者は高度な表現を読み取れなかった愚民ども、ではないはず。

あと、作品の善し悪しとはあまり関係ないと思うけど、私の好みでは、この作者のキャラの顔の造作が悪い意味で不快。不快なだけで他に何もない。嫌い。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20100706_2731/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ2010年31号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ2010年31号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top