Home > ジャンプ > ジャンプ2010年40号

ジャンプ2010年40号

ウルジャンはSQに吸収合併されるべき。スカスカすぎ。銃夢は移籍になりそうだし、なんだかんだいって人気作だった天上天下も早歩きで終わったし、SBRも佳境?だし、ユンボルしかない。皇国の守護者さえ残っていれば…。

以下ジャンプ40号感想。

ナルト

あーん鬼鮫様が死んだ。前の週でバックグラウンドがほぼ明かされて直後死亡とか、長いこと出てきたキャラの割には不遇すぎる。人格の99%が「ただの強い敵」で終わっちゃって、ガイさんの因縁を義務的に回収したようにしか見えない。かなり残念。つまりガイさんも、もう出番ないということだろうか。

ワンピ特集

腕が!よくもいまさらこのシーンを再掲できたものだと言わざるをえない。そいつが戦争を終わらせにきたんだぜ。あのシーンを見るたびに、私はガンブレイズウエストを思い出すのです。シャンクスは出てこないか、最終回でチラッと出るだけの方がよかったなあ。出れば出るほど、読者にとっての絶対性も、読者が見るルフィにとっての絶対性も薄れて、シャンクスはただの人間になってしまう。作者の思惑とは違うかもしれないが、シャンクスは憧れの大人、理想、目標、読者とルフィにとっての神なんだよ!

ファンサービスで出すにしても、イルカ先生とはワケが違う。彼はナルトの擬似親だから、たまに出る(=たまにしか出ない)ことで親離れを表現できる。例えば坂口尚の石の花でも、フンベルなんとか先生は二度と出てこないじゃないか。

話は変わって、この漫画の何が疑問かというと、あの作為的すぎる地形をおいて他にないでしょう。自然なものなのか、何者かの手による造成なのか。素人のRPGツクールより作りこまれてる地形ですよね。私は高次生命体や惑星外生命体の存在を示唆するものだと思ってます。いわゆる「俺達の世界はシムシティだったんだよ!」ってやつですね。ワンピは宇宙海賊編まで続く。

バクマン

秋名さんは頭の一部がかわいそうな子。やはり秋名×港浦は鉄板。登場人物全員カップル成立で落ち着くのを前提とした配置とか、少女漫画か。

ブリーチ

オサレバトルが始まるとワクワクする。同じパターンの繰り返しがなぜ面白いのか?

サイレン

死んだと思っていた師匠ポジションが復活して強敵を足止め…。匂うぜ〜終わりの匂いがプンプンするぜ〜!

サイレンドリフト編が終わって新章突入なんてことになったら、それはもういろんな汁が出る。だが小説出て即終了はどうなのか。全く目が離せなくなってきた。

めだか

やっぱりジャンプにはトーナメントや5vs5がしっくりくるんだ。

SWOT

いかにブリーチが偉大か、よく分かる。

(最終回)疾駆

ほんとうに拙かったのでツッコミどころが何もない。マイスターみたいな痛面白さもない。コピペにすらならねえ。10年経ったらたぶん忘れちゃってると思う。斬はたぶん覚えてると思う。

終わってみれば赤ペン先生の勧誘にくっついてくる漫画と比較対象になるものだった。絵的にも。あれ、一時期集めてたんだよなー。

コメント:4

NIGHT-D 10-09-07 (火) 2:45

NEEDLESSとCLOTHROADは残るようにお願いいたします(涙)>吸収合併

kyouso 10-09-08 (水) 12:54

途中からだとさっぱりわからんのだぜ!一番途中から入りにくいのはSBRですが…。

こういう途中から漫画って、読む方はどう対応するもんなんだろう。ちょっと気になったくらいで1巻から買っちゃうのは、普通はハードル高い。柱のあらすじとか、あれ読んで分かる奴いるのか不明。

NIGHT-D 10-09-09 (木) 3:56

どっちも妙な設定に変なテンションを併せた漫画なので、確かに途中からだと、わけわかんない気がします(涙)>NEEDLESSとCLOTHROAD
といって、どっちも気軽にコミックス買える巻数でもないという。

あと、皇国の守護者にすごい同意(涙)

kyouso 10-09-09 (木) 12:23

カイジが13巻で仕切りなおしたり、ジョジョ6部が1巻から出たりするわけですね。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20100906_3032/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ2010年40号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ2010年40号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top