Home > TVゲーム > ひぐらしのなく頃に解メモ、罪滅し編

ひぐらしのなく頃に解メモ、罪滅し編

これを書かないと、次の編に進めない。

やってないけどいつかやろうと思ってる人は読むの非推奨。

ほとんど思いついた順に書いているので、内容が前後したり、別の見出しをつけるべきだったりするものがあったりするけど、メモなので気にしない。リアルタイムでプレイしていたら、次のが出るまでに色々できたかもしれないが…ほんと惜しいことをしたものだ。

本編の内容により、今までクール病と言っていたものをうじ湧き病に統一する。

レナ

レナのインテリジェンスに作者の残り香を感じる。

  • 無学な女の子がまともな職に就けるわけもない
  • 家畜の定義は、柵を開けても逃げ出さないことを指す
  • 圭一くんの無神経な一言にたまにイラつく
  • 楽しくてどうでもいい時間を一緒に寄り合って過ごすだけのお友達

カラ元気でも元気なキャラクター…ではない。元気量保存の法則というより、元気玉は自分だけじゃ作れないんだな。少なくともこの作品内では。

2度繰り返すのも、嘘に敏感だからだろうか。確認しないと不安。レナは色々と「お前は俺か」な部分が多くて怖い。

選択肢を間違えなかったら?

  • レナと鉄平:殺害せずにどーにかなる。当初の予定通り、葛西を頼ることになるのだろうか。しかしそれでは父の目は覚めないので、解決とは言えない。解決とは父をまともにすることであって、彼らを消すのはその過程で必要なだけ。
  • 鷹野のスクラップ帖:部活メンバーには見せることになったと思う。梨花などはどういう感想を持つだろう。
  • 学校占拠:上により行う理由が無くなる可能性が高い。
  • 雛見沢大災害:何事もなくこの日を迎えるだけなのだろうか。

他編でもリナ・鉄平を殺害しているのだろうか?

TIPSによれば、リナは珍しい深海魚に例えられていた。そうそう主要登場人物に関わってくるようなキャラクターではないようだ。ちょっとした紛れでリナ父とは出会わないことは十分に考えられる。

ということは、レナが普段は計画を完遂できているから表面化しなかっただけ、ということはない。圭一や詩音のようには滅多にならないと解釈していいのだろうか。

通常ルートの結末

これまたTIPSによれば、今回の梨花は爆死ルートだったようだ。レナが全員を道連れに自爆するのだろう。ミスって火花もありうるが、どっちにしろ偽時計発見→梨花時間稼ぎ→本命の時計発見、まではやらないと爆発するのだ。圭一の奇跡がない場合、強い意志(罪の意識)がないので、死んでもレナを救うために行動することはないはず。梨花は昨晩の時点で諦めているので、がんばらない(前の時、ボクにあとわずかの頑張りがあれば圭一は間に合ったのです)。なので、良くても偽の時計を発見した圭一を真っ二つ、あはははははやっぱり圭一くんは裏切り者ドカーン。黒焦げのバラバラ。

しかし圭一の奇跡によってこれは曲げられた。正確に言えば、圭一の奇跡によって梨花がやる気になり、もう結末まで選択肢のないルートを曲げた。プレイヤー視点から言えば、キャラがプログラムにない動きをしてゲームをぶち壊しにした。

赤字

ドラクエ2のザラキを思い出した。

地の文が赤色になったときは、より狂気が強まっているようだ。鬼隠し編の末期の圭一や、げきゃってる詩音と同じ状態と思われる。どのあたりからどのあたりまでが赤字だったか、メモっとけばよかったなあ。それを今ここにきて明確に表示した意図はなんだ…?

TIPS:昼の出前リスト

黒田先生に読まれなかった、治療が引き継がれなかったって意味だよね…。全部予想されてるのに、全く回避できてないし。

喉を掻き毟る

何も投与されてないのに、という点では鬼隠し編の圭一と同じ。

富竹について梨花より新情報。うじ湧きの注射を認めた。前回のメモでは注射されてないから喉を掻き毟って死んだ、と予想したのだが、完全にひっくり返された。てことは、目明し編の梨花が喉を掻き毟ったのも、注射のせい?

梨花と注射という共通点から、喉を掻き毟るそぶりのなかった目明し編の詩音も、やはりそのうち、そうなるのだろうか。

症状の出ている者(レナ・詩音)に注射すると快方に向かい、出ていない者(梨花・富竹)に注射するとうじ湧き病になる?そんな馬鹿な。何か見落としてるぞ。注射器の中身が全て同一とは限らない…と言いたいが、少なくとも症状の出ている(と梨花は判断した)詩音に注射した薬物と、出ていない梨花に注射されてうじ湧き病になった?ならない?の薬物は同じものだ。ここは分からないな。

各編の犠牲者まとめ

そろそろ何と何が似ているかハッキリしてきた。

対象鬼隠し編綿流し編祟殺し編暇潰し編目明し編罪滅し編
圭一喉を掻き毟って死亡生存怪死雛見沢大災害で死亡?死亡(心不全?)雛見沢大災害で死亡?
レナ圭一に殺害される生存雛見沢大災害で死亡雛見沢大災害で死亡生存たぶん生存(裁判・精神鑑定)
魅音圭一に殺害される詩音に殺害される雛見沢大災害で死亡雛見沢大災害で死亡詩音に殺害される雛見沢大災害で死亡?
梨花生存詩音に殺害される綿流死綿流死自殺綿流死
沙都子生存詩音に殺害される雛見沢大災害で死亡雛見沢大災害で死亡詩音に殺害される雛見沢大災害で死亡?
詩音生存狂って転落死自殺狂って転落死
富竹綿流しの晩に喉を掻き毟って死亡綿流しの晩に喉を掻き毟って死亡綿流しの晩に喉を掻き毟って死亡綿流しの晩に喉を掻き毟って死亡綿流しの晩に喉を掻き毟って死亡綿流しの晩に喉を掻き毟って死亡
高野綿流しの晩に行方不明綿流しの晩に焼殺?偽装?綿流しの晩に焼殺?偽装?綿流しの晩に焼殺?偽装?綿流しの晩に焼殺?偽装?綿流しの晩に焼殺?偽装?
入江未登場未登場睡眠薬で自殺?睡眠薬で自殺?生存睡眠薬で自殺?
雛見沢大災害不明発生しない発生発生発生しない発生

大石・熊谷・赤坂・鉄平・レナ・葛西などなどはノイズとして省いた。

こうしてみると、犠牲者は3グループに分けられる。

  1. 部活メンバーの5人+詩音:互いに殺し合ったり、鉄平やレナを殺害したりする。生き残ってもだいたい雛見沢大災害で死亡する。魅音は100%死ぬ。梨花は含まれないかもしれない。
  2. 富竹・鷹野:何があろうと必ず毎回同じ死に方をする。
  3. 入江・梨花:雛見沢大災害が発生する場合、2人とも必ず同じ死に方をする。

補足。梨花が生存に成功した試しはないと思われるので、鬼隠し編でも圭一が死んだあとに梨花は誰かに殺害されているはず。部活メンバー(沙都子)や未登場の詩音に殺害されるケースは考えにくいので、死に方は綿流死の可能性が高い。となると、法則により入江は睡眠薬で自殺(?)するはずなので、雛見沢大災害は鬼隠し編でも発生したと思われる…が…。最後の最後で、圭一の起こした事件の捜査方針がどうとか言ってるんですよね。雛見沢大災害が発生していたら、証言者は死に絶えて現場も捜査できないから、それどころじゃなくなっちゃうはずなのに。発生したとは断定できないが、梨花が死んだとは断定できる、かな?かな?

この3グループが干渉する点は、“1で梨花が殺害されると3が成立しない”の1点のみ。そのせいかどうかは分からないが、1で梨花が殺害されている場合は雛見沢大災害が発生しない。ここだけを抜き出すならば、罪滅し編のレナ説「オヤシロさま復活の儀式」が行えなくなってしまったから、という理屈に筋が通る。

グループ1の殺し合いは、だいたい圭一が原因。罪滅し編で他編の記憶を得た圭一…というと露骨だな、成長した圭一が継続されるのであれば、もうこのグループ内で殺し合いは起こらないのではないか。あっ、詩音だけはなんとかしないと…。

グループ2の富竹・鷹野の死に関しては、誰も全く干渉できていない。登場人物の誰もから全く放置されているわけではないし、鷹野は本筋にも絡んでいるのに、運命に変化が全くない。彼らの死が誰かの予定通りだとすれば、これまでに登場した誰でもない者の予定なのだろうか。だから変化がないのだろうか。あるいは彼らの意志?彼らというより、祟殺し編の鷹野の行動からすると、富竹の死も鷹野の偽装死も、鷹野の意志によるものなのだろうか。だったら簡単、鷹野が目的を曲げるだけの何かがまだ起こったことがないのだ。主人公達はもっと鷹野に干渉しなくてはいけない。

グループ3は不可解。不可解だが、雛見沢大災害との関連を強く意識させる。梨花と入江には接点がほぼない。あえてあるとすれば、梨花の注射器の入手先の可能性はある。いくらループ(?)してるからって万能ではない。入手先は必要。

これまでの編は、ほぼ全てがグループ1の中での変化にすぎない。それで雛見沢大災害(梨花の綿流死)は回避できていないので、グループ1はたぶん雛見沢大災害の発生条件には関係ない(当たり前か)。グループ2やグループ3(は手遅れか)の死の運命に首を突っ込んでみないと、だめなんじゃないかな?かな?

ついでだから殺した一覧も作ろうと思ったが、詩音が圧倒的すぎてやめた。詩音すげえよ…。

雛見沢大災害と鷹野のスクラップ帖

いちおう、罪滅し編ではオカルト小説ということが強調された。わざとらしいほどに。

あの大量の「ムーと同レベル」のスクラップ帖は、“木を隠すなら森”の典型なのではないだろうか。スクラップ帖のどれか、あるいは幾つかに分散しているのかもしれないが、真実の成分は含まれるのではないか?

鷹野の事実は2つ。“偽装の死を遂げる”ことと、“雛見沢大災害を予言している”こと。後者はちょっと微妙というか、内容が少し違う。

  1. 雛見沢大災害:鬼ヶ淵沼から火山性ガスが噴き出し、村人が全滅した
  2. スクラップ帖:かつて鬼ヶ淵沼から寄生虫が湧き、村人が鬼と化した事例が人工的に行われる
  3. 雛見沢大災害の真実キリッ:何者かが毒ガスを散布し、村人を皆殺しにした

1は実際に起きたと思われる現象。2は鷹野=レナ説。3は、1を踏まえて2を再解釈した説。

皆、1では納得がいかない。だから3であるはずなのだが、目的が分からない。また、その過程で入江の自殺と梨花の綿流死が必然である理由も分からない。富竹と鷹野の死は必須条件ではないと思う。死んでても雛見沢大災害が起こらないケースがあるから。あるいは、梨花が想定外の死を遂げて予定が狂い中止しただけで、前提条件ではあったかもしれない。となると今度は、なんで梨花が想定外で死ぬと中止になるのかだが…。もうその考えの前提からして足元がぐらぐらなので、わけわからない。

これまでのところ、雛見沢大災害が発生する・しないには、詩音が梨花を殺す以外には全く干渉できていないし(それも絶対とは言い難いが…)、発生の予見も鷹野のオカルトスクラップ帖のみ、回避を試みたのは狂ったレナだけ。

次の皆殺し編は、罪滅し編の選択肢を間違えなかったルートで、鷹野のスクラップ帖を皆で検討する機会が生まれるのだろうか。そうでもないと、雛見沢大災害を事前に察知して回避を試みることが誰にもできない。

鷹野

なぜ偽装死が必要なのか

鷹野の死が偽装だとすれば、誰かに「鷹野は死んだ」と思わせたいからのはず。いったい誰の目を欺くために死んだふりをしたのだろうか。

動機は無視して、入江も無視して、仮に雛見沢大災害の発生条件が梨花の綿流死→オヤシロさまの祟りだとすれば、その仕組みを知る人間がいなければならない。今までには、それこそ鷹野くらいしか考えられない。鷹野が死んだふりをすることで、それを防ごうとする何者かのマークが外れたところで梨花惨殺→雛見沢大災害を実行?微妙だ。その説が正しいとするならば、雛見沢大災害を予見し、回避に向けて動いている何者かの存在を仮定しなければならない。鷹野に敵対しており、かつ鷹野と同等の情報を持つ者の存在を仮定しなければならない。

偽装死と簡単に言ってきたが、必要なものは多い。まず、死体があるので1人殺さなきゃならない。運ばなきゃならない。姿をくらますには資金や隠れ家も必要だ。また、我々が鷹野と認識している鷹野は鷹野じゃなくて、死んだのは本当に戸籍上の鷹野さんということもありうる。ついでに富竹もどーにかしていたので、複数の仲間と、何かしらの資金源があるのは間違いない。

となると、鷹野は組織のトップであるとは考えにくい。看護婦とオカルトマニアと、ラスボスの3つの仮面を被っている?時間が足りないだろう2つまでにしてくれ。リアルな理由を入れると、若いし。

富竹実験動物説

鷹野はうじ湧き病に興味があったので、そのケのあった富竹をずーっと観察していた。レナも観察したかったが、発見が遅かった。

だとすると、梨花の発言と矛盾する。富竹はうじ湧きの注射をされたから、喉を掻き毟って死んだのだ。よって、それが目的で鷹野が観察していたとする説は成り立たない。別の目的で、鷹野は富竹とつるんでいたのだ。

このメモは梨花の発言を絶対視し過ぎか?

なぜ34号文書を書き、レナに渡したのか

鷹野の予定と、鷹野と表面上は目的を共にする誰か(Xとしよう)の予定にズレがあるから、何かしてズレを修正したかった。予定の何かは、結果的に雛見沢大災害となる。エヴァンゲリオンの人類補完計画が、ゼーレとゲンドウでズレがあるのと一緒なのではないか。

この場合、ゲンドウ=鷹野、ゼーレ=Xとなる。ゼーレが予定のズレを修正したい場合、立場が上なんだから周りくどいことをする必要はない。鷹野に命令し、加地を派遣して監視を行えばいい。ゲンドウが予定のズレを修正したい場合、立場が下なので搦め手でどうにかするしかない(ロンギヌスの槍を使用したあたり)。34号文書は鷹野の搦め手ではないか。偽装死は監視から一時的に逃れるため。

罪滅し編の場合はそういう説明も考えられなくもないが、他編の場合はどうだろうか。詩音には見せたから、綿流し編と目明し編はいいだろう。鬼隠し編・祟殺し編・暇潰し編は?

毎回死に方が同じで、綿流し編・罪滅し編では死亡時刻がズレてるから「鷹野は偽装死」と思い込んでいたが、編によってはXに裏切りがバレて本当に殺害されている可能性もある?だったら魅音の言うとおり、死体は出てこないと思う。やはり偽装死だ。死んだことを派手にアピールしているのだ。っつーことは、入江先生はX側の人間か。富竹もか。むしろ富竹が監視役?だったら、富竹が死んだら鷹野は思いっきり怪しいから偽装死を即見抜かれないか。いずれバレるにしても。

それで、鷹野は詩音やレナに何を期待したのだろう。彼らに何かを期待したというより、情報を流し、雛見沢大災害が実は…といういい加減な噂が後に拡がることによって、逆に雛見沢大災害が人為的なものである説をオカルトの一種として貶めることが目的なのかもしれない。

そーなると、Xは雛見沢大災害を起こしておいて、それを人為的な犯罪として告発したかったことになる?いやいやいやいや…。

やっぱ分からんなあ。分からん。

梨花

最後の“仲間を信用しない”キャラか?

せめて“次の”竜宮レナは変に勘が良くないことを祈るだけ。梨花は自分が何度も繰り返しをしていることを皆に知られたくないと解釈できる。圭一にも具体的な説明はしていない。暇潰し編で赤坂に述べた梨花の目的からすれば、自分がバケモノだとバレるのは極力避けたいのだろう。同級生をバットで殴り倒し学校のガラスを割って回ったり、エアガン(だっけ?)で小さい子を撃ちまくったりするのと同じように。

皆殺し編では、きっと明かしてくれるのだと思う。

「レナの告白」での長台詞は予定通りのセリフなのか?

  • ダム現場跡に行くのを消極的にだが止める→止められなかった
  • たぶんリナと鉄平の死体発見。梨花の態度からは、おそらく「今回もこうなったか…」という感じ。
  • レナの告白を聞く。
  • 梨花はレナに言った。私は、逃れられない不幸の迷宮に呑まれ、全てに失望する堕落の心地よさを知っている中略自分も運命に屈しない。レナのように戦う。
  • 綿流しの後、廃車の中のもうだめっぽいレナに“この”竜宮レナにはもう興味ないと言い放つ。

梨花は、どこでこのルートを諦めたのだろう。ダム現場跡でレナに語った長台詞は、このルートをぶち壊さないために毎回言っている“予定通りのセリフ”なのだろうか。

本編とTIPSの時間軸が一致しているのであれば、TIPSお気に入りのワインで「死に方が決まった」と言ったのは、レナの告白の前だが…演出とか希望とかを加味すると、レナの告白から帰宅後だと思いたい。

それくらい、ダム現場跡のレナへのセリフと、廃車の中のレナへのセリフのギャップが大きかった。

この世に生きて長いけど、私を梨花じゃないと見破ったやつは初めても、毎回言っているのだろうか。同じようなルートでも、今回のレナが初めてなのだろうか。

TIPSでの会話の相手は誰?

オヤシロさま!それしかないだろ!他にあるのか?本当にいたのか…。梨花=オヤシロさまではなかったのだな。甘いものが好きで、梨花みたいな口調で…なにこの萌え神様。普段の梨花が外見相応に見せるためにオヤシロさまの口調を借りているのか?

オヤシロさまと意思の疎通ができるのは梨花だけなのか。となると、うじ湧き病の人にだけ聞こえる足音は全部このオヤシロさまの仕業?だとすれば、目明し編の足音遊びはスッキリする。祭具殿のラップ音も辻褄が合う。

レナの話の中に“いつまでもどこまでもついてきて、ずっとずっと謝る”とある。祟っているのはオヤシロさまの意志ではないのか?雛見沢大災害も防げないし、だめな神様だ。こっちが勝手に神様だと思ってるだけで、神様ではないのかもしれない。

100年程度で何回「ひぐらしのなく頃に」をプレイしているのだろうか?

赤坂に、生きて村を出られる確率は高くないなどと述べているので、赤坂は何度も出会っている。てことは1回あたり6年以上はプレイしているはず。でもそうすると16回以下しか遊べていないことになる。少ないと思う。確率とか、無理に襲って注射したいけど、あまりうまくいった試しはない だから無理矢理はもう諦めてる、あるいはまたこのルート?みたいな反応を見せるには、少ないと思う。

セーブポイントに戻る時に、戻れる年数は決まっていないのか(ハズレを引くと死ぬ前日だったりする)、ランダムでn年前なのか、だんだん短くなって詰むのか。毎回毎回、赤坂まで戻っているとは思えない。

根拠が“確率云々言うには16回は少なくね?”という主観なので、いまいち。100年程度とは言っているものの、単に100年より後は数えていないだけかもしれないし、どーせもう諦めてるから適当に言ってるだけかもしれないし。

富竹・鷹野をどう思っているのか

毎回死んでる上に予言には入っていない。もしかして、4年目までの殺人と同じ流れだと思ってるのかな。毎回同じだから。プレイヤーは俯瞰してるから富竹・鷹野は違うと分かる。鷹野の死が偽装くさいという情報を与えられているから。梨花にはその情報が今まで1回も入ってきていないのではないだろうか。大石が接触してきた人物には入る情報だが、その人物は毎回うじ湧き病なので仲間に相談なんかしない…。

ほとんどの場合は仲良くできてるんだから

廃車の中のレナに言ったセリフ。レナと険悪な梨花というのも見てみたいものだ。

ループ?巻き戻し?

今回、圭一が鬼隠し編のことと、薄ーく祟殺し編のことを思い出した…という表現でいいのかは微妙だが、とにかく梨花以外に他編の記憶を持つものが現れた。これで少なくとも、梨花だけが何らかの能力で平行世界を渡っている、梨花だけがビデオを巻き戻している、という考え方はないことが分かった。

一巡後の世界説(ジョジョ6部式)の場合。もし梨花が能動的に一巡させているのなら、プッチ神父と同様の能力だし、そうでなく勝手に一巡しているのなら、過去を思い出せる能力だ。これなら、それぞれの編にそれぞれの未来が存在する理由が分かりやすい。

1つしかない世界全体を巻き戻してしまえば未来は存在しないし、十分な未来まで進んだ上で巻き戻すとして、巻き戻す主体(梨花かオヤシロさまか)にそこまで待つ理由があるのか?ない。ていうか死んでいるので、オートでないのなら、オヤシロさまが梨花のために行っている、のか?

圭一が記憶を持っている以上、“あったことを無かったことにする”わけではないんだよな…。そこが、戻って分岐説を唱えきれないところ。

どうせもうすぐ滅ぶ世界

梨花がレナに言ったセリフ。雛見沢が滅ぶではない。世界が、と言った。しかも、もうすぐだ。未来はない。あくまでも主観的な発言(広くてもレナと私、程度)だとすれば、あながち間違っているわけでもないが…。本当に言葉通りの世界だったらどう解釈すべきなんだろう。

入江

なぜ、富竹の死体がありえないのか

普通は“自分で喉を掻き毟って死ぬなんてあり得ない”と取れるが、梨花の発言や、これまでの編から考えれば。

  • 富竹はうじ湧き病ではない(のにどうして?)。
  • 入江が富竹にうじ湧き病になる薬品を投与した覚えはない。
  • よって、富竹がうじ湧き病で死ぬことはありえない

ということだとすれば。

  • 入江はうじ湧き病の存在を知っている。
  • うじ湧き病は投薬で発症させられることも知っている。
  • うじ湧き病になる薬品を持っている。鷹野には触ることができない(ここだけ本当のことを言ってる)
  • うじ湧き病か否かの診断ができる。

投薬以外でうじ湧き病が発症する例があることは知っているのだろうか。知っているとすれば、祟殺し編で圭一を眠らせて確保しようとしたのは、それが原因の可能性もある。祟殺し編の圭一と悟史の類似性も踏まえると、悟史を拉致したのは入江とも考えられる。だから自分から詩音に接触したのか?

ここまで来ると、入江はうじ湧き病に詳しい、研究対象としか考えられない。レナの脅迫が通って強制捜査が入っていたらやばかったんじゃないか。

入江と鷹野

ありえないや祟殺し編から見て、富竹と鷹野の死は入江にとって予定外であることを示している。ということは、鷹野は入江に自分が死んだと思わせたかった可能性がある。

  1. 入江は鷹野を監視していた。鷹野が何かをするために、入江の監視を外したかった。
  2. 鷹野は入江を監視していた。入江に何かをさせるために、鷹野の監視が外れたと思わせたかった

何のために、誰の指示で?入江と鷹野の会話シーンなんて無かったように思うので、分からん。富竹まで殺しちゃう理由も分からない。3者が3者を監視していたとでもいうのか?何のために、誰の指示で。

とにかく園崎家を外して考えているので、入江・鷹野・富竹はこの3人の中でしか話が進まない。

入江と山狗

祟殺し編で組織名だけ出てきた「山狗」は、情報がなさすぎて考察できない。あの後は名前すら1度も出てきていないのだ。分かっていることは、入江診療所に出入りしていて、入江と関係があり、複数人であることくらい。

強引に既存のものと結びつけるとすれば。鬼隠し編の白衣と数人の男。本編の白いワゴンと4人の男で、「小此木造園」と名乗っている。本当に経営しているけど、これは表向きの顔。鷹野の看護婦、入江の医者、富竹の写真家と同じ。本当にそれで生計を立てられる商売をしており、カバーは完璧だ。富竹だけは普段はバイトでもしている設定なのかな…。

祟殺し編から3編を経た今でも、予測できることは「たぶんこいつらがそうなのではないか」ということくらいで、目的は全くわからない。4人というところから、富竹に暴行、うじ湧き病の薬物を投与→鷹野の仲間(どっちが下かは?)→入江より上位か、共に上位者より指示を受ける立場(無断で富竹を殺害しているので部下ではない)。あたりまで考察の羽を伸ばすことはできるが、思いつきに過ぎない。

レナが同じナンバーの白いワゴンを何度も見ているのも気になる。1度なら圭一の言うとおり、近道をしようとして迷ったと言えるが、何度もだ。道に迷った造園業者のフリをして村で何かをしているように見えなくもない。レナは無関係だけど。

どちらにしても、彼らが黒幕ということはないと思う。どこまでいっても手足ではないだろうか。

鬼隠し編の答え合わせ

カップ麺はおばさまによく会うから食卓が筒抜けだっただけ、おはぎの針はタバスコで、魅音の注射器はマジックでした。すいませんでした!

本編が種明かしなので、特に書くこと無い。

その他

  • そういや魅音は狂わないね。やることは全部裏目に出るのに。
  • レナの告白以降、何かと手首を掴むレナ。本当は信じたいときに出る、圭一を信じた時を思い出す無意識の仕草?
  • 魅音:絶対勝てるという信念が砕けると、まったく同じことをやっても裏目裏目に出るやはり部活にヒントが多いのだろうか…。
  • うじ湧き病が出ると身体能力が増すのは、本編でもあった。鉛管を軽々と振り回したり、死体が軽かったり、鉈でチャンバラできたり。
  • 圭一も、詩音も、レナも言った。「罪の意識はない」。
  • 悪いことに悪いことで立ち向かうってのは、多分、うまくいかないように出来ている。ひぐらしの中では、たぶん絶対の法則。
  • レナの家が3段になってて、芋虫みたいでかわいい。2回増築したのだろうか。小屋→玄関の逆側に大きな家を追加→その後ろにもっと大きな家を追加。
  • 去年の仲間たちはまだ未熟だった。だから悟史を不幸な運命から救えなかったとは、今までの編ではそうだったが、次の編からは違いますよ、ということを示すのか。解決は近いのか。解が全て終わってもバッドエンドなのではないか、と少しは思っている。
  • 全体的に罪滅し編は、○○が××をしていたのは本当、レナは関係ないけど。とか、半分合ってた、のオンパレードな気がする。TIPS悪魔の脚本でそれを匂わせて終わった。問題は、何が本当で何が合っていたのか。
  • TIPSやつら:捕獲例はあるのに、溶けたり消えたりで跡形も残さない→スカイフィッシュでFA。
  • 大石が自説を吹きこまなければ結末は違うか?その時には表面化しないだけで、同じことだと思う。詩音の人形と同じ。
  • TIPS雛見沢だったわけ:2人組は誰か?梨花&オヤシロさま。なんで圭一父にオヤシロさまが見えるのか不明。見える見えないはオヤシロさまがコントロールできるのか?できたらもうちょっとマシだよな…。
  • 絶対に許されないのだ、いいフレーズ。
  • いつか魅音に何かの不幸が訪れたなら:圭一が鬼隠し編のことを思い出したくだり。訪れるの?魅音はそういう子じゃない気がする。
  • なんで園崎組が鷹野のスクラップ帳を持ってるの。謎い。

疲れた。メモはまだ残ってるけど、ギブ。まとめてないから読む方も疲れるだろう。

コメント:2

どめ 11-06-26 (日) 3:37

いよいよクライマックスに向かっていきますなぁ。
ちなみに私は小説から入ってゲームやってました。

kyouso 11-06-27 (月) 14:39

最後長すぎです。8月31日が長いのは幸せです。

私は興味を持った時点で出来る限り情報を遮断して原作から入ることにしています(原作厨)。
リアルタイムでやれた人たちがすごく羨ましくて、その万分の一でいいから同じ体験がしたいのが理由です。リアルタイム至上主義とでも言うべきかもしれません。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20110625_5513/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ひぐらしのなく頃に解メモ、罪滅し編 from キョカラソドットコムホームページ

Home > TVゲーム > ひぐらしのなく頃に解メモ、罪滅し編

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top