Home > ジャンプ > ジャンプ2011年37号

ジャンプ2011年37号

ブリーチ

完現術とは、本当になんだったのか…。もはやただの引き伸ばしシリーズにしか見えなくなってしまった。既存のキャラクターだけで回し始めたら終わりだと思います。もうちょっとの間よろしくです。

ナルト

あんまりあっさり長門が敗れると、カブトが計算違いばっかりしているオバカになってしまう。結局ナルトを捕まえられずに最強の手駒を2つ失った上、1つには寝返られちゃってるじゃないじゃないですかー!

バクマン

なるほど、打ち切りだ掲載順だときて、今回の勝利条件は自分たちの漫画のせいでネジ曲がってしまった七峰くんの更生(亜城木主観による)ですか。面白い。あの作品は受けると思って書いてだけ、本当にそうだとは思ってない、などとは言うまいね。

(読み切り)HUNGRY JOKER

ほどよく中二で良かったです。連載しても良いです。ただ、やっぱりバトルが主人公のツエー必殺技でモヒカン雑魚をワンパン終了は味気ない。少しは闘って欲しい。主題がそこではないから冗長になるかもしれないけど、バトル漫画でしょう?雑誌の色と読者の要求に応えた上で、こう、ね。

めだか

なんだこれwww

HUNTER×HUNTER

シャウアプフも王も死期を悟ってると見ていいんだろうね。敵に捕まる可能性が高い任務を帯びていたパームが何でも知っているのが疑問だが、ハンター達はどうなんだろうか。リーダー格のノブやモラウはともかく…いや、ネテロは誰にも何も言わないし、ノブもモラウも聞かないが予測できているという方がHUNTER×HUNTERぽいですね。パームも状況から推測したと見るべきだ(前号にそういう描写があったかは確認しない)。最初から最後まで何も分かってないのはウェルフィンだけー。でも彼がいないと物語に不確定要素が生まれないですね。コムギとはまた違ったかき回し役、乙でした。

エニグマ

なんで殺人犯がガキに金属バットを向けられたくらいで人質を放しちゃうわけー!?そこまで徹底して殺陣を描きたくないか。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20110823_5816/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ2011年37号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ2011年37号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top