Home > ジャンプ > ジャンプ2011年45号

ジャンプ2011年45号

ワンピ

ホーディさん出てこねえ!

腕の力、すなわち腕力で麦わらの一味に打ち勝てる個人、あるいは勢力はこの世界にはもう少ない。だから想いの力で戦う、心が折れなければ俺の勝ち、それがホーディさんだというわけか。主人公属性…。

確か、ずっと昔のSBSで「心を折れば勝負はつく、だから命はとらなくてもいい」みたいなことが書いてありました。もしホーディさんが決して折れないのならば、ルフィは彼を殺さなければならないのか?だがおそらくは彼も何かの被害者に過ぎない、それなのに?ということになるのだろうか。ちょっと興味出てきたよ。

トライガンのレガートを思い出しますね。

ナルト

半ば意固地にトビをマダラと呼称しなかったことが、私の中でちょっとだけ報われました。いや、誰もが読めることだったと思いますが、ちょっとしたお楽しみです。

さて、分からないのが、現在の状況は誰の思惑通りなのかということ。トビ・カブト(大蛇丸)・マダラの3者のうち、少なくとも復活したマダラの思い通りではないですね。しかも彼の計画の重要な部分(長門の輪廻天生により復活)は、もう実現不可能です。クリティカルパスを潰されたんじゃない?マダラ終了。

トビはどうでしょう。トビはあくまでも“自分がマダラだ”として動いています。マダラのカリスマを利用している、あるいはマダラと似て非なるもの(兄弟・クローンなど表裏の裏ではないか…柱間とマダラの関係で言えば、マダラが柱間、トビがマダラにあたるような関係)なのではないでしょうか。

しかし、カブト(大蛇丸)がトビの前に姿を表した時、トビには見せたが読者には見せなかった穢土転生の1体。あれがおそらく今回のマダラで、カブト(大蛇丸)と手を組む決定打となっていました(うろおぼえだ)。あの時点でトビ=マダラではない、を公にされては都合が悪かった、あるいは敵対して消耗したくなかった。となるとマダラが穢土転生で蘇るのは、トビの計画でもないと考えられます。トビは恐らく、マダラの計画に修正を加えた上で乗っ取ったのではないでしょうか。もし長門がナルトに感化されなかった場合はどうするつもりだったんでしょう。

となるとカブト(大蛇丸)かって、彼の目的が何だったか覚えていないので、保留(出てたっけ?)。

トリコ

人間の脳みそが原料、これ王道。

ブリーチ

一角さん…個人的な都合で卍解を出さずに負けるのは餓鬼の粋がりとどう違うんですかね…?

実は周囲はぜーんぶ知ってて、それもコミで一角を第三席という地位に置いているんですかね?知らぬは一角だけで。だったら性格は悪いけど仕事できるヤツみたいな扱いになるから、いいや。

月島さんのターン。一護が銀城をボッコにして勝ちそう!って時に、ブック・オブ・ジ・エンドで増援の死神を全員味方につけた月島さん登場→だが全☆員☆瞬☆殺で一護が主人公に復権という流れなんだよ!

(読切)ケルベロスッ

小学生向けな部分は、私が想定読者でないがゆえのイラつきであるから容赦して。ストレートでいい話だと思うんですよ。具現化された理不尽な死が襲いかかり、逃げて避けて助けられて、最後には立ち向かい打ち克つっていうのは。小学生向け的に。

読み切りすぎて先がないっていうのと、先を作ると人助け漫画→バトル漫画→当初のテーマはどこへ、となるのが見えるので、「別の作品を読み切りで読みたい」だな。

バクマン

だんだんとデスノートを描く話になってきました。もちろんダークヒーローとライトヒーローは互いの正体を知らないけど同じクラスだったりして、誰がキラだ、誰がLだ、を云々。

エイジの漫画も亜城木の漫画も読みたいぜ。「大場先生原作の別の作品“も”連載で読みたい」。

黒子

バスケットカウント・ワンスローが決定打は見飽きたよ。何か別の何かがあるんだろうね。

テニプリにならないというのも、難しいものだ。

HUNTER×HUNTER

なつかしのキャラが顔見せ。そして会長選にゴンキルを絡ませてきた。話を続ける気があるんだな…よかった。

しかしこの漫画、「偶然うまくいった」を排除するよな。強調するのは、下準備の大事さ、それが上手くいった時の快感、そして必ず起こるアクシデント。現実と一緒。

エニグマ

話が分からなくなってきた。毎週読んで感想まで書いている31歳が分からないのだから、標準的な小中学生が追えているとは思えないぞ。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20111018_5949/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ2011年45号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ2011年45号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top