Home > ジャンプ > ジャンプ2011年47号

ジャンプ2011年47号

トリコ

カイジみたい!

食の記憶を食ってる人と食われた人の描写が…すごく…ベリグです…。

こんだけ熱い展開で次号休載とは、分かっておるのう。足りないくらいが丁度いいのだ。足りねえ!

ナルト

オオノキさん凄くね?見た感じ直径100m以上はありそうな隕石を2つ落とされて、地上の生物の形が残っている、ていうか生きてる。どんだけ減速したのか。ほぼゼロなんじゃないでしょうか。だがしかし、どんなに凄くても負けたらダメなのだ。そして毎号毎号と強固になっていく死亡フラグ。「己を拾う」が出てしまったか。

雑魚忍者でも「隕石」なるものは知っているようで、ナルト世界の構造や科学の発展度合いを推し量る材料になるに違いない…かな?

なぜマダラは穢土転生の運用(道連れ用)について知見があるのか。穢土転生は2代目火影・千手扉間が開発した忍術だったはず。うーん?

このへんのですね、柱間・マダラ・大蛇丸(カブト)・イタチのあたりは、単行本を揃えて何度も読み返して分かりたいものです。

黒子

青峰の魅力の大部分は剥がれ落ちてしまったので、どうか、どうか第2部の新キャラのカマセなどにはなりませんように。

めだか

球磨川さんは負けても死なないか死んでも生き返るだろ常識的に考えて…。

貧しくてもへらへら笑う描写は欲しい。

いぬまる

これまででベスト5に入る神回。

HUNTER×HUNTER

あい

血が出なくても、四肢を欠損しなくても、モツがコンニチワしなくても、怖いわあ。アルカ怖いわあ。

謎多すぎ。

アルカは男か女か
キルアは妹と言う。使用人は坊ちゃんと言う。イルミは弟と言う。
「おねだり」の内容
ダッコ→握手→おんぶ→タカイタカイ。肝臓→十二指腸→背骨→脳。後になるほど難易度が高くなっている、というわけでもないのか?
「おねだり」を断る
4回連続で断ると…と(おそらくキルアが)言った。ということは、3回断る→1回「おねだり」を聞く→3回断る…もアリなのだろうか。都合の悪くない「おねだり」が来るまで山札をめくる行為はアリなのだろうか。単純に後になるほど難易度が高くなるとすれば送り行為に意味はないから、おそらくアリだし、後ほど厳しいわけでもない、と思う。
「アルカ」とは何者なのか?
なんか別次元の生命体がこっちに干渉する窓口がアルカで、そいつのヒマつぶしか何かなんじゃないだろうか、というくらい謎能力。ラブリーゴーストライターくらい構造不明の能力。あれも、念能力で異世界から悪魔か何かを召喚しているのではないだろうか…。
なぜ両親には「おねだり」をしないのか
能力解明の経緯から、キルアに対しては「おねだり」もするし「お願い」も叶えているようだ。アルカが高次生命体のオモチャだと仮定すると、保護者=いなくなったら困るヤツには「おねだり」しないのか?
イルミ
ヒソカにアルカの殺害を依頼した件。単純に兄弟殺しはできない、ということだろうか?「2人とも死ぬ」はキルアとゴンを指していて、イルミ的にはキルアが助かるのがまず第一。しかしゴンを救う「お願い」をアルカにした場合、キルアの個性からして3つの「おねだり」は全て自分が叶えるつもりだろうし、それでキルアが「おねだり」を完遂できなかった場合、ゾルディック家の皆さん全員死亡の可能性もあるし。自分と家族とキルアを救うには、アルカを消すしかないのか。
ゴンを助ける「お願い」の対価は
キルアが自分の肝臓を取り出して「ほらよ…あと3つ!!」とやるとこ見ってみったいっー。あ、それそれそれ。
アルカを助ける「お願い」の対価は
家族の誰もこれを言いださないのか、すでにキルアはアルカと何らかの約束を交わしているか、ううん、わからん。

あい

スターズ

この漫画ほど「そんなことやってる場合?」という言葉が似合うものはない。1年くらいの打ち切りプロテクトでもかかっているのか?大して魅力あるとも思えないキャラクターの掘り下げより、宇宙いこうぜ宇宙。甲子園いくつもりで不良と草試合やって終わりの野球漫画みたいになりたいのか?

(最終回)エニグマ

髑髏のない世界を望んだ代償は、仲間たちとの絆ーーー(できの悪いコピーか)

絆が5点分とは、キリは恥ずかしがり屋さんなのだ。本当は95点分なんだろ?このこの。

学校でのe-testの間は、まだ良かったんですよね。しかしその後に続かないというか、その後に続かない能力だったというか…。ジョジョ5部で言うなら、仲間のスタンドが「スティッキーフィンガーズ」「ムーディブルース」「パープルヘイズ」「パープルヘイズ」「パープルヘイズ」「パープルヘイズ」「パープルヘイズ」みたいな。お前その能力、学校内のe-testが終わったらどう活かしていくんだよ、みたいな。

ひいなサンや会長の能力は、全部まとめてぶっ飛ばすぞオラー!特定環境なら無敵だぞコラー!的な強さはないけど、応用が効いて主人公パーティ向きだと思いました。まあ、ジョジョ5部・6部ですね。

完結編よまねば。

コメント:3

へべれけ 11-11-01 (火) 2:36

『おねだり』の内容については、作品内で説明されとるよーに、その前の『お願い』の内容と対価らしーんで、『億万長者』のお願いの後だったから『脳みそ』とか『おねだり』されたんじゃないかと。最初にキルアが『お願い』を『たかいたかい』で済ませたのは、その後の『おねだり』の難度を下げる為やったのかも~。なんにしろ、難しいへんな能力者ですな。おもろい。アルカが『坊ちゃん』なのはゾルディック家に生まれた子は、みな男として育てられる習慣とかだったら、えーなー。男として育てられたおにゃのこ、ハァハァ。 

へべれけ 11-11-01 (火) 2:39

あ、しつれい、そういう意味の難易度じゃなかったですね。『肝臓』のが『脳みそ』より難易度低いゆーことですな。すんませんでしたー

kyouso 11-11-02 (水) 16:39

背骨まではまだしも、脳みそは…それともあの世界では、脳なしでも生命維持装置か何かで生きられる手立てがあるというのか。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20111031_5995/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ2011年47号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ2011年47号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top