Home > ジャンプ > ジャンプ感想2011年51号

ジャンプ感想2011年51号

ONE PIECE

本誌で読んでいた感想としては「グダグダ」以外の何者でもないわけだが、単行本で読むと良い流れに見えるってのか?「主人公たちが無双しました、終わり」は読者の漫画力が足りないのか?

敵キャラが石ころ(障害物)と大差なかったってのと、モブの騒ぎすぎが鼻についたシリーズでした。

バクマン。

サイコーの顔芸がキモイ通り越して不快。

これはアレですね、人造人間20号→17号→セル→17号吸収セル→完全体セルの流れ。L→メロ・ニアはちょっと。

キャラを使い捨てられないのが欠点、というのは読者視点だと何言ってんのと思いますね。バクマンはそういうとこが面白いんだけど。

BLEACH

あいかわらず銀城さんの言ってることがちょっと…。しかし、藍染さんの犯行の動機でも同様なのですが、こういったシリーズを挟むことで一護一派vs護廷十三隊をもう一度やりたいのかな。人気キャラ強設定キャラが全員味方になっていって敵がショボショボ、それはダメ作品だと思います。グリムジョーやウルキオラ以降の敵キャラが弱すぎ。というか死神達の魅力値が高すぎ、かつ組織ごと味方についちゃったのが構造的に云々。

クロガネ

剣道うんちくだけでも読む価値あるなあ、今のところは。

magico

しりとりが出てきてからいいですね。もちょっと制約が強いと好みですが、それだと1人1能力の能力バトル漫画になっちゃうか。魔法が何でもアリすぎる…自分の能力を活かし、敵の能力を殺した方が勝つのではなく、単純に魔力値の大きい方が勝つバトルなのが欠点だと思っていましたが、いいじゃない。

HUNTER×HUNTER

説明回なので、特に何もなし。ファミリーネーム大公開が嬉しい人もいることでしょう。

イルミの作戦が(読者に対して)あっさり反故にされててワロタ。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20111129_6075/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ感想2011年51号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ感想2011年51号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top