Home > ジャンプ > ジャンプ感想2012年16号

ジャンプ感想2012年16号

ナルト

26人いる。木遁分身とは、影分身と同じようなものなのか、上位互換的な忍術なのか。それぞれが須佐能乎を使える(とマダラは言っている)が、それは木遁分身ならではの特性なのか(ノーリスクで26倍はないだろ…穢土転生じゃあるまいし)、マダラにとって須佐能乎ごときは1/26マダラでも使える程度の忍術なのか。

須佐能乎は、輪廻眼の能力(術吸収…名前忘れた)を使ったときは引っ込んでいる。塵遁に消されたわけではないだろう。同時には使えないのか?今までどうだったっけな…。

わざわざ5対1にした理由…1対1ではダメな理由は?本当に遊んでいるだけなのかもしれないし、強者にありがちな「試している」というアレなのかもしれないし、分身で足止め→本体が大技狙い?マジでマダラ1人では厳しいのかもしれないが、今までそれをしなかったのも、遊んでいるうちに入りますね。彼は輪廻眼を開眼してすぐに死んだそうなので、自分がどれほどの強さなのか測っている途中なのでしょうか。現代の強い忍の顔も名前も知らないマダラにとって、目の前の五影より良いサンドバッグはそうそう見つけられないはず。

どうあれ、マダラはあんまりやる気(殺る気)ないですよね。カブトの穢土転生ではなく、本来の予定通りトビが彼を復活させた場合に彼は何がしたかったんだっけ?トビがしたいことは無限月読だが。

SKET DANCE

久々にケチつけずに面白かった回。キリはいわゆる残念美人のようなもので、パターンだなあ…感が拭えなかったのですが、ここまでハイスペックだと素直に笑えますね。

ハイキュー!!

うっ、絵にクセが出てきた。古館さんの絵の個性は漫画が読みづらくなる個性なので、ちょっと。

田中の足ほそすぎ。

ともあれまっすぐな主人公2人より、月島くんの方がよっぽど問題児ではありませんかね!?

黒子のバスケ

普通にリング直して再開した。空いた時間で体が冷えて…!とか、そういうのないの?

(読切)DOORCONBOURO −ドア、こん棒、炉−

いまどき、白目で舌を出して上を向いて「うんこ!」と叫ぶくらいじゃ笑いは取れない。

HUNTER×HUNTER×

生首候補が10人も出てきおった。ビヨンドさんは次回、魔獣に喰われてる見開きでも別によ…くないな。V5から狩れって言われてんだから、しばらくは、いやいや、そんな常識が…いやいや。

とりあえず他の漫画からパクったようなキャラを描いといて、あとでイケメンになったりするアレだろコレ!陰獣とは違うよ、きっと。

新章というか、ここからグランドライン的な宣言だけ投げて長期休載に入りました。5年までは待つ。半年以内に帰って来たら、ますます崇める。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20120320_6240/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ感想2012年16号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ感想2012年16号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top