Home > ジャンプ > ジャンプ感想2012年23号

ジャンプ感想2012年23号

巻末の作者コメントで「職場」という言葉に違和感。漫画家といえば「仕事場」じゃない?というイメージ。

(新連載)恋染紅葉

最近のラブコメのヒロインの片方は芸能人じゃないといけないシバリでもあるのか?パジャマとかぶってませんか。後釜なのですか。

ONE PIECE

えっえっ、ゾロさん…?

イエティなんとかにやられて(?)倒れているゾロ・ナミ(サンジ)・ブルックを見て、即座に「えっゾロ&サンジがやられるなんて…?」と思えず、ええっと誰と誰が入れ替わっていたんだっけ…ああ、ナミはサンジだよね、ゾロの中は…ゾロじゃねーか!ええええ、みたいなね、スルッと読めないのね。

グランドラインに入ったあたりからワンピは迷走しっぱなしだと思ってる。もはや迷走期間のほうが長いというか、こちらが本流だったというか…。

ハイキュー!!

いつまで緊張ひっぱるんだろう。しつこい。今週は半分くらい要らんと思う。王様の話を他校生とする場面は必要だけど。

SKET DANCE

なぜボッスンは容易に近接を許すのか。

多対1の場面で喋るのはいいと思うんですよ、一斉に飛びかかられたら終わりですから。だけど、1対1になってからの会話が必要とは思えないよ。物語的には彼と会話する必要があるから漫画的にセーフだとしても、その後に容易に近接を許すのが、なんだろうな、1回それでピンチになってるのにね…というのは!喧嘩慣れしていないボッスンを一切考慮していない批判!

だけど、今週の描写で読者が「喧嘩慣れしてないから仕方ない」と思うか?私は思わないよ。だってヤツは冷静に集中モードで弾を当てているじゃないか。そんなボッスンが次弾のセットもせずに敵の待ち構える教室に入り、敵が飛び掛ってきてから弾を取り出して装填、間に合わず近接を許す…だと…?疲労と緊張で手ェ滑らして弾を落としちゃう方がまだいい。最後はパンチを自分より長身で動く相手の顔面にクリーンヒットさせてたり、素人にはとても難しいことだと思います。ていうかなんで最後パンチ。作者が私の頭の中に築きあげてきたSKET DANCEらしくない(主観です)。

敵が短時間で対策を打って防がれる案は却下。彼はボッスンを舐めきってるはずなので、味方が全員倒された場合に備えるわけがない。

クロガネ

残心でた!武道かっけえ!

番田くんも救ってあげてくださいよ…。

(最終回)現存/古代生物史パッキー

迷走する必要あったのかな?おもしろ恐竜が次々に出てくると思ったのに、出てくる恐竜は人間に置き換わっても別にいいようなキャラクターだったり、タケル父を多用して「どこが恐竜漫画?」と思わせたり、いや、ギャグマンガであって恐竜漫画ではないのかもしれませんけどね、恐竜関係なかったら、いぬまるが丸出しやめるのと同じでしょう。

まー未熟でした。は反感買うよね。発言の最初に「まー」「まあ」を付けるのは、あまりよくないでしょう。負けた後は特に。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20120508_6271/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ感想2012年23号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ感想2012年23号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top