Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2012年26号

ジャンプ感想 2012年26号

トリコ

千代婆の顔が怖いよ…オチョナンさんに見えてきた。トリコ敵にはGTロボか。ていうか師匠弱すぎます。

あんまり食義っぽい戦闘がないですね。

NARUTO -ナルト-

つまりサスケに向けて言ってるんですね。でもそれじゃナルトvsサスケができないよ…。

カブトにも帰る場所があったんだ…!からいいんですが、本当に無かったらどうなるの?

ハイキュー!!

うっ、あんだけ大げさに出てきといてサーブ数本決めただけで終わっちゃうとか、かっこ悪すぎる…。そう、またもスラムダンクに例えるなら、試合終了1分前にセンドーが出てきて、1回も止められずに10点取られたけど陵南の負け、くらいでないと、なんだこいつ…って。特に最後、動けなかったのが痛い。来週フォローされるんでしょうか。

戦星のバルジ

おいおいティアマトさん、超ツエエはずなのにエリートスパイにあっさり剣を折られるなんて…大きく格が下がりました。というか先週の宇宙人はティアマトさんを過大評価しすぎなのでは。というかアストロにやらせるためにティアマトさんの格を落としたのは、どうかなーと思うわけです。ティアマトさんの格を落とさずに、何とかできなかったのかな。

偽者なのがバレる、隠したままいく、どちらもしないのは高評価。この漫画は真っ直ぐな漫画なので、これでいいんだ。こういう真っ直ぐな少年漫画もたまには読みたいです。しかし、今、現代でこういうのが売れるかっていうと微妙だと思うし、そういう視点でしか漫画を読めなくなったのも嫌だなあと。売れるといいな。

スキンコートやら伏線はって即使ってていい。

(読切)あやかしポリスメンひよこっぷ

18ページくらいで辛くなって、最後まで読めなかった。

まず、1ページ目の2コマの主人公の顔と効果音「シュン」の字体にものすごい嫌悪感。何だか分からんが気に入らない。

3ページ目あたりから、コマが無駄に大きいと感じるようになる。大きいコマである必要性が感じられないというか…4ページ目の1コマ目が特に不快。

いや、あんまり不快不快と言ってもなあ。困る。

恋染紅葉

パジャマといい紅葉といい、芸能人と痴れ者が出てこないと漫画にならんのか。

いぬまるだしっ

え…?

…え?

ちゃんと夢オチしてくれるんですよね…?まだ卒業したくないよ!

めだかボックス

「漢字使い」の効果範囲と制約が気になる…。一見なんでもありだが、破綻せずに能力を行使させられるのか?(漫画描いてる側が)。原作付きなので、そこは考えなくていいから安心して来週を待つよ。

BLEACH

なんでこの場で最強の敵(一護)を放って雑魚を狩りに行くかなー。単なる遭遇戦なのに引っ張りますね。敵の特性を紹介しているのでしょうが、特に無目的な遭遇戦なので、あまり楽しめません。同じような説明戦では、ウルキオラ&ヤミーや、グリムジョーの一党が現れたときの方がよかったぞ。

アヨン死亡…いや、生きたと言うべきかな?でもこれから一護に殺されてしまいますね。やっぱり死亡…。

4つの門が同時に一瞬に突破されたと言いたいのですね?なんか大きな門番とか13キロ伸びる剣(嘘)とかあったよなー。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20120529_6286/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ感想 2012年26号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2012年26号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top