Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2012年28号

ジャンプ感想 2012年28号

いぬまるがない。バクマンやHUNTER×HUNTERが欠けるより物足りない。

黒子のバスケ

紫原が全力だと最後まで戦えないってのは構わないんですが(だからダルダルなのか!)、だったら、いくら2人がかりでも止められちゃダメだよなあ…と。リミッター切った最強形態(時間制限あり)でも敵の最大防御を抜けないなんて、どこがキセキなのよ。本来の持ち味(?)である防御でも点とられまくってるし、青峰や緑川と比べると落ちるなあって。黄瀬は初期ボスだから、何枚も落ちるのはしょうがない。セーラームーンで言えばジェダイト、ダイの大冒険で言えばクロコダインだ彼は。登場時期のせいで弱キャラになるが、早期打ち切りでもお蔵入りしなくて済むという役得もあるにはあるので、一概には云々。

NARUTO -ナルト-

尾獣にすら匹敵する須佐能乎の完成体が出たことで、九尾を従えた…っと、友達になったナルトとサスケが戦える材料が出ました。先週までだと、いくら殺さずの制約があるにしても、カブトごときに2人がかりで苦戦して格を下げていたので。写輪眼の2人がというより、須佐能乎が。

マダラさんは手を抜いているのでも、勝ちたい(ぶっ飛ばしてSATSUGAIしたい)のでもなく、服従させたい、してもらいたいのかね。それでも皆が言う事を聞かないからの「月の眼計画」なのかね。

トリコ

トリコvs千代、スピーディで良いバトルでした。外道が振り回す包丁など…もはや1円の勝ちも無えよなどセリフもコブラばりのカッコ良さ!千代さんの顔が怖すぎる!

ニセコイ

◯ニセコイ vs ×紅葉 vs ×パジャマ(決まり手:表紙)

3者とも都合のいいとこだけ忘れてるとか、どんなFF8だよ。

SKET DANCE

(読者目線で)不快なゲス男が萎縮して何も出来ないと面白く不快でない、これは新境地。

お父さんの初号機みたいな服はどこで買うの。

恋染紅葉

だいたいね、何かと顔が真っ赤になる男の漫画なんて、見てて楽しいですか!?しかも別に活かされないし。

戦星のバルジ

ダメな点が目立ってきた。王子になったのにお忍び2人旅じゃ意味ない。ティアマトさんの顔がどのコマも同じ。

盗賊の作戦は、馬車を停めて襲撃って解釈でいいのん?「助けてください!」が出てきたせいで馬車が停まったのか、停まっていたところに来たのか、それで馬車の扉を開けさせる→襲撃が失敗したので強襲したのか、よくわかんなかった。

BLEACH

初回の襲撃時のように敵の戦闘能力の高さが全く分からなかったわけではあるまいし、雑兵が戦闘を行う必要があるのだろうか?

個体の戦闘能力がむっちゃ高い者に指揮官をやらせるって発想がおかしいんだな、そもそも。通常業務は現在の隊長(戦闘能力が高い者)がいなくても回るなら、例えば隊長から数名+αを常設のタスクフォースにしといて、残りは予備と守備(あるいは過渡期なら今まで通り隊長でもいい)でいいんじゃないの。特殊な事案(旅禍・破面・滅却師、あるいは凄いメノスグランデ)には常設のタスクフォースが速攻で当たればいいし、通常業務用の雑兵は葬討部隊のように雑兵の指揮官が率いればいいんじゃないの。作中では剣八の隊が、上記の常設タスクフォース(切り込み隊)的な運用のされ方をしているようには思うが。

グリムジョーの一派と戦ったときなどのように、隊長格を引きぬいてタスクフォースにしたことはあるけれど、ああいうのを常設したら、ってことね。彼らは何かしらの普段のお仕事を抜けて来てるわけでしょ。そう頻繁にあることじゃなさそうだからいいのかもしれないけど…。

そうなっていない理由として考えられるのは、基本長生きした奴が強いから、なのかなあ。ポストの数で揉める?そういう仕組みだと卍解に至る死神が出てきづらかったからとか。貴族なんてのもありましたね。

人間の貴族が馬上で指揮官をやれたのは、BLEACHの死神ほどは指揮官と雑兵の戦闘能力に差がないからだと思う…。隊長格は雑兵で囲んだって倒せないもの。一騎当千の個体が存在する世界では、現実の人間の組織作りを模倣する意味はあまりないでしょう。分りやすさとか、そのへん以外では。あんまり間抜けじゃなければ、そりゃ見ない振りくらいできますけどね。ガンダムのNT専用機と一般兵のMSの差くらいが見逃せる限界かな。

隊長になりうる資格(卍解)があっても隠して席官やってる一角や、副隊長にとどまる恋次の方が、これからの瀞霊廷を見据えた方向性としては正しいのかもしれない…今はアウトだけど!特に土壇場で卍解を出さなかった一角は今でなくてもアウト!

magico

巻き入りました。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20120613_6322/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ感想 2012年28号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2012年28号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top