Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2012年35号

ジャンプ感想 2012年35号

NARUTO -ナルト-

1週で「神威」2発…しかも無駄に…。チャクラ量に不安のあるカカシですが、今までどんな感じでしたっけ。日に2回までは見た覚えがありますが。穢土転生&尾獣との戦闘もありましたし、3回目は無理とすれば、カカシ戦力外。

ガイのヌンチャクを食らってでもナルトを攻撃する選択肢がトビにないのが、奇妙に思える。尾獣玉ならともかく。そういえばこれまでにトビにダメージを与えた描写があるのは、小南の大量起爆札と、フー&トルネの蟲でしたっけね。なんとなく「攻撃が当たれば何とかなる」と思っているフシのあるナルトたちですが、あれらの描写…特に腕を切り離した時のことを考えると、「当てれば」自体がブラフな気もしなくもない。だから、当てれば何とかなるよーってなスタイルで戦って時間を稼いでいるのだろうか。ようやく当てた頃には別にあんまり痛くもなくって、十尾の復活だー!ってな。

暗殺教室

怖い先生をチラ見せでなく、定期的に見せつけて欲しいです。

しかし実際は危害を加えないわけですから、例えば銀行強盗が人質を多数取って、言うこと聞かないから何人か殺して見せて従わせる式のことはできないわけで。あんまりしょぼい怖がらせ方だと、漫画のキャラが漫画の進行の都合で心折れたように見えてしまって興ざめ。とか言いつつも楽しみ=期待している=信じている。

黒子のバスケ

主人公以外の対戦が面白く思えてきたら、そのバトル漫画は成功している。しかし赤司vs緑間は、緑間の負けが確定した試合であるので、勝敗が分からないから面白いのではない。緑間がいかに負けるのか、また、全貌は見せないながらも見えてくるであろう赤司の個性が楽しみなんだ。

トリコ

捕獲レベル100オーバーでも大したことないと感じてしまう程度に、この世界はインフレしていると思う。127で「げえっ!?」って思いました?私は思いませんでした。「な…まだ上がっていく…?800…900…ピーッ! ボン ひええ」になると思ってたもん。

一時のガッカリを感じさせてしまう代わりに、無駄なインフレを防いだと取れなくもない。

ハイキュー!!

「ちくしょう、こいつらカワイイな!」と思ってしまったので、私の負けです。ハイハイ、ハイキューは面白いですよ!まったくもう。

(金未来杯)ゴブリンナイト

「なんだデビルマンの焼き直しかよ…」と。でも真ん中あたりから、いいですねえ。いいですよ。弟の件もね、復讐の炎=自身に焼かれ燃え尽きるやら何やらってちゃんと回収してるしね。(主人公視点では)ふいっと殺されるのも良いです。別にここは残虐描写だから良いってことじゃなくて、意識に「えっ」と一瞬の空白ができて(主人公は本当に、読者は色のなくなった画面で疑似体験)、そこに入るヤクザさんのセリフに説得力を感じてしまう、そうなんだと思えてしまう、ここがいいんだなあ。

雪(ウサギ)が、全っっっっっっく女の子に見えません。見えないよね?ウサ姉ちゃんおかえり!!がなかったら、分からないまま読み終わっちゃうこともあるよね?どーみても可愛い男の子でした。連載するなら男の子に変更した方が良いよ、きっと。

「次◯◯したらアウトな」、くどくなく、それでいて確りとした良い印象づけでした。ここがしつこすぎたり、印象に全く残らなかったり、よくありそうな気がしませんか。ゴブリンナイトのコレは、いい塩加減だと思います。

タカマガハラ

なんでこっち指してる指の先端が細くなるんだーっ!(見開き)

すっごい重要な見開きなのに、のぺーっとした絵だと話自体がしょぼく見えてしまう…のは、坊主憎けりゃ、かなあ。その見開きこそ、クドい方の絵を使えよと。

BLEACH

侘助と同様、兄様が死んだとは思えんのだ…。今まで味方キャラを殺さずにきた弊害。

剣八vs陛下は読者の誰もが望んでいるだろう…しかし勝敗は見えているのだから(ボス補正)、剣八は足止めを食らって陛下は山爺の元へ行くのが良い。

戦星のバルジ

とうとう掲載順最下位。1話目で気に入ると、こうなるパターン多いなあ。ライバルキャラが出てこないのが、いかんかったかな。敵キャラが全員モブだったものな。つまり岩男とタドが、終わればモブにもかかわらず長いんだな。継続して登場する敵キャラが何故いなかったのだろう。

なんでタドはティコを早急に殺そうとするかね。悪人なら助けに来た2人をもっと痛めつけるところを見せつけるべき。別に、ティコの首が飛!…けーけけけ!その顔!とならないのは分かってるし。つか先週やったし。堀越先生、もしかして悪の心を持たぬ人なのでは。

ブラックさんが糖尿病のオッサンにしか見えねー!終わった…

…いや、これから先、何があってもバルジを諦めるな…!連載が終わるのは死ぬより何倍も辛いのだろうか?

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20120731_6368/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ感想 2012年35号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2012年35号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top