Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2012年39号

ジャンプ感想 2012年39号

黒子のバスケ

掲載順下位をウロチョロしてた頃が信じられん。

パーフェクトな敵を見せつけて引く、いつものアレだけど、コレがいいんだよねー。

暗殺教室

プロって言ってるのに、事前調査(殺せんせーと生徒の関係)と、対象以外との良好な関係を無視しているのはいかがなものか。すぐに片がつくお仕事だから?そうでないことは分かっているはずなのだが…彼女もまた、作劇の都合で登場したキャラクターにすぎないのか、それとも成長を楽しませてくれるのか。

NARUTO -ナルト-

カカシのチャクラ、前より増えてね?忍刀七人衆→尾獣→トビと連戦しているのに、神威の使用可能数がまだあと数発…だと…?

トビの写輪眼の紋様はカカシと同じ。いやー気づかなかったぜ(そりゃ読者といえども写輪眼と目を合わせる訳にはいきませんし)。

しきりに「攻撃を飛ばす」と喋ってるものだから、影分身を飛ばすのには思い至らないまま読み進められた。ナイス誘導。

しかし、今までなら小さな範囲を飛ばすだけでも数発で力尽きていた神威、今回は影分身全身を飛ばしたのですから、数発分のチャクラを消費したと見てもいいのかな。正体を暴けばカカシのお仕事は終了ってカンジでもある。キャラ的にも実力的にも。もちろん終了なのは戦闘限定でね。

最終ページの見開きのコマ割りと構図、いいよねえ。単行本で見たいねえ。

斉木楠雄のΨ難

なんでことごとく外国が昼なんだよwwwって、時差を調べたわけじゃないので、脊髄反射的なものです。

結果によっては友達になってやらんこともない離しちゃだめだろバンb(ついてる)の見事なコンボにやられた。

BLEACH

完っ全っにっ!使いどころを誤った伏線!設定!キャラクター!

雀部さんの印象って、尸魂界編の最後、一護に副隊長3人がかりで瞬殺されたくらいしかなくって、実はスゴイ人なんじゃね?っていう要素ゼロだったじゃん…最終章に至るまで。私は原作しか把握していないので、他でそういうのあったのかもしれませんが。だから、実はスゴイっていうのが、スッと降りてこない。つかえる。ライブ感に乗れないです。

山じいがどう考えてもロクデナシなのは、これまでの行動から読者は察していたと思いますが、今日のほれみろで確定ですね。彼は大人物でも何でもありませんということが!

彼らの価値観については、違う世界の違う寿命の人々なので、特に問題視はしない(隊長が減っちゃったんだから雀部とか恋次がやれよ…!とは言わないってこと)。だが敗北に意味を見いだせない実戦で卍解を隠して負けた一角さんだけは許されない。勝てば許せたのだが。

69は便利だから生かされてるナァ…。

お主の磨き上げた卍解は、この程度では断じて無い!を信じるならば(山じいの言葉を信じるのか…?)、奪われた卍解は劣化している!

どことなく空知先生に似ている猿を猟奇しても誰も喜ばないよ。

久保先生は、キルゲを斬ったのを誰にするか、まだ思いつかないのだろうか?ナニゲに掲載順は回復している。

(読切)放課後アイドル

フツーに面白かったです。線が丸くてカワイイですね。不良(男)までも絵がカワイくてワロタ。もうちょっとすれば少女漫画誌に載せてもいいのではないでしょうか…って、これ女の子が読む漫画じゃねえの!?昔こういうの、なかよしとかりぼんで読んだ気がするくらい、そっちに載ってそうだよ。あ、ぴょんぴょんには載ってねえ。断じて。

謎の美少女の正体は 俺と鮫島の秘密だありがとなが短いような気はしたけど、ううん…主人公が薄いんだなあ。変身ヒロインが主役すぎる。

クロガネ

掲載順V字回復ッ!!!

スポーツマンガの主将はケガしなきゃいけない法律でもあるんですかね…。木吉といい。集団スポーツなら「俺達が…!」ってできるけど、剣道ではどうなん。今回のストーリーは神宮の話なので、いいっちゃいいんですけど。練兵との戦いにいろいろ詰め込みすぎたような気がする。こっちはメインイベント(黒鉄戦)が終わって、ちょっと疲れているんですよ。

戦星のバルジ

やっぱりティアマトさんを生かしとく理由なんて無かったじゃねえか!キャラに意味のない行動をさせるなよ!

バルジをアストロにした理由をちゃっちゃとやってしまいましたが、もったいないなあ…もったいない。

よかった、のーみそぶちまけた王子はいなかったんだ。しかし本当に何でもありだな暗黒エネルギー。

この編、たぶんククルカン(汚い人間)がボスキャラだったよね。で、タド(思想的にはモブ)で暗黒エネルギーの呈示と噛ませをやり、ティアマトさんを掘り下げてティコを仲間にする話だったんだよね、きっと。そうだったと言ってくれ。

アストロといいブラックといい、星を救うには1人旅をしなければならない決まりでもあるのか。作者の話を作る能力の欠如ではないのか。

パジャマ&バルジの2outで、紅葉とクロガネが生き残りか。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20120828_6441/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ感想 2012年39号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2012年39号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top