Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2012年46号

ジャンプ感想 2012年46号

斉木楠雄のΨ難

1周年でもないのに巻頭カラーとは。私は勇者学も彼方セブンチェンジも完走できなかったのだが、斉木は読んでいる。そういうことか。

今号から読み始めた人でも追いつけるキャラ紹介、というよりこの漫画の作法回?超能力はあまり出てなかったから、何の漫画かよく分からないか?いや別にどうでもいいか…。

トリコ

四獣編は、ぬら孫の四国編とどっちがマシか。

BLEACH

本編よりも、巻末の足立音衛門の栗のテリーヌが気になる。

伸びた影は良い。BLEACHはシーンごとの描写がいちいちカッコいいし、この週だけなら面白そうなんだよなー。久保先生は分かってらっしゃるのだな。

やーっと零番隊が…それほど興味ない?

白哉が微妙(な死に方)だったからか、山本は完膚なきまでに消した。さようなら。

暗殺教室

ビッチ先生がギャグ要員化により性能が低下しつつあるので、戻すべく活躍する?しない?少なくともこのエピソード内ではやらず、しばらくしてから「一体私は何をやっているのか…?」みたいな話がある、かな?

(読切)恋愛銀河区 石川荘

絵が、というか線が多すぎて読む気しない。それでも我慢して読むと、マイナー誌で見かけそうな話ながら面白い(それをジャンプでやる価値はある)。でもセリフがクドすぎて、やっぱり読む気しない。線と文字の多さで損してると思う。視線がコマ内・ページ内で定まらないんだよなー。

ハイキュー!!

音駒について、監督にばーっかり喋らせることでチームとしての音駒を表現しているのが、分かりやすくて良いです。最後の数ページは音駒の子たちはセリフなしだもんね。「もう1回!」を受けて立つのも監督ってのが徹底してる。フツーは選手(主将か主人公のライバル格)に喋らせると思うの。少なくとも何も喋らせないのは、ないアル。アルアル。

めだかボックス

ツッコミ待ちか!?ツッコまないぞ…!!

タカマガハラ

こち亀の上くらいまで…せめて紅葉・REBORNよりは上に…いかんかなあ。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20121016_6482/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ感想 2012年46号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2012年46号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top