Home > 同人活動 > コミックマーケット83 参加レポート他

コミックマーケット83 参加レポート他

東方紅魔郷Lunatic、東方妖々夢Lunaticの攻略本でサークル参加しました。

7:30

出発。都合よく雨が小降りだったので、雨具を使わずに会場まで辿り着けた。京浜東北線も遅れていたらしいが、丁度かち合わず。

8:40

自スペース着。荷物が重すぎて既に腕が痛い。本だけで7kg弱。カート総重量だと倍まではいかないにしても…。ちなみに荷物は、カート×1、本の箱(中)×1、装備や展示道具等の箱(小)×1、カバン、ビニール傘(復路用)。
にもつ

とりあえずチラシ片付ける。今回は手袋があったので、前回のように爪の間にチラシを挟んで出血、なとどいった事態にはならず、時間も5分程度で済んだ。

大半のチラシは見ずにしまい込むので広告効果は結果的に無いのですが、1つだけ目立っていたものが。
文々。新聞友の会のティッシュ

文々。新聞友の会」なる、キャラオンリー?イベントの宣伝ティッシュ。これはいいですね。もうちょっとイカガワシサの薄いイラストにならんもんかとは思いますが…。紙質はサラ金ティッシュと同等。鼻セレブ(天狗だけに)を詰めて1個100円くらいで頒布できないものか。

京都だからまず参加はないけど、文花帖かダブルスポイラーの攻略本なら参加資格あるのかな。

9:00

見本誌提出。今回も問題なし。

見本誌だけ他とは別にカバンに入れといて正解でした。

制作は紅Lが21冊、妖Lが23冊、各1冊ずつが展示用の見本になるのと、新刊の妖Lは見本誌として1冊提出なので、頒布可能数は紅Lが20冊、妖Lが21冊。

〜10:00

ちっと休憩して、製本。リング綴じで封筒に入れる都合上、製本してから持ち込むと倍くらいかさばるので、現地製本です。いつもは間に合わないからだけど、今回は40冊くらいで縦230×横320×高220のダンボール箱に丁度収まるくらいなので、これ2箱+その他の荷物となると、ちょっと。だから計画通りなのです。防湿紙でぐるぐる巻きだ。

で、開場直後は人来ないだろうから、紅Lと妖Lを5冊ずつ作って、それからPOP作って…と考えていましたが、これが誤算でした。

10:00〜

開場。ノリを持ってくるのを忘れてしまい、POP作りが遅れる。

仕方が無いので、文字の形に切り取った紙の角を、台紙に切り込み入れて挟んで裏からテープで止める式。養生テープしか持ってねえ!
角を台紙に差し込む
裏からテープで止める

文房具は普段からひとまとめにしておきましょう。

10:30〜

そんなこんなで手間取っている隙に、本が売れました。ありがとうございます。

また売れました。ありがとうございます。

さらに売れ…妖L紅L同時に2冊ずつ売れるもんだから、POPを作り終わる前に5冊ずつ作った分が完売してしまいました。仕方が無いので適当な紙に「製本中」と書いたものを掲示して、ひたすら製本。とりあえず1冊ずつ交互に…。

11:00〜

「妖々夢攻略本まだありますか」「ありますが、今作ってます。1分くらいお待ちいただいてもよろしいでしょうか」「はい」「できました。900円です」「紅魔郷の方もください」「ありがとうございます、合計で1600円になります」(製本済また0ー)。このやりとりを何度やっただろう。

11:30〜

製本が追いついて在庫が2冊ずつになったので、POPを仕上げて掲示。見本誌も展示。値札もできた。できたっつっても、こんなんだけどな。裏に回ってる紙は「製本中」札。
POP

この時点で、もう頒布物は半分も無かったような気がする。POPも見本誌も要らないのだろうか…んなことないよな。午前中は、リピータの人か、前に買えなかった人…事前チェックして来てる人が多かったのだろう。

12:10ごろ

妖々夢Lunatic攻略本、完売。紅Lはあと5冊くらい。

この時点で製本も終わった。1冊2分はかかるから、それだけやってても40冊で1時間半は必要なのね。想定外だったのは売れ行きの早さ。

12:30ごろ

紅魔郷Lunatic攻略本も完売。開場から休む間がなくて、疲れた。さすがに午後までは持ったが、iPhoneいじる間はなかった。

サークルチェックを始める。このためだけにカタロムをインストールしたノートPCを持ってきている。iPhone 5のテザリングもバッチリだぜ。

13:00〜14:00

疲れてロクにチェックできなかったので(何もかも意味ねえー)、そういう事態を想定して念のため印刷しておいた、白地図にC81時点での情報が入ったものを頼りに回る。

売り切れ、新刊なしが何軒かあったものの、だいたい買えた。(帰宅後、絶対に欲しかった本を数冊買い逃していたことに気づく)

スペースは、完売札と紅L・妖Lの見本誌を置いたまま「13:00〜14:00出てます」と貼って放置してみた。何らかの効果があったか無かったかは分からん。

14:00

スペースに戻ったらホイホイさんが…いた?待ってた?もーよく分からん。とにかくご来店ありがとうございます。何も無かったですが…。

14:30

今度こそ最後まで居たかったが、もう無理。疲れた。眠い。帰る。帰る。箱を1つ潰して、荷物を新しいビニール袋で包んで、ゴミ袋捨てて、撤収。

16:00

まっすぐ帰る体力がないので、例によって大井町バーガーキングで休む。久々に油のある食事!辛い食事!雨かなり降ってきた。

17:00

帰宅。翌31日の21時まで死体。途中で何度かは起きたけど、起き上がれん。夏よりは疲労が少ないが。

出した本について

新刊「東方Project必勝攻略本シリーズ07 東方妖々夢Lunatic」を21冊、既刊「東方Project必勝攻略本シリーズ06 東方紅魔郷Lunatic」の、何箇所か改訂したもの(内容に影響はない)を20冊。

C83前情報で妖Lは、

  • 価格:たぶん800円前後。1000円を超えることは無いです。原価次第。
  • ページ数:66〜70ページくらいの予定。
  • 部数:20〜30部くらいの予定。

と書きましたが、実際は900円、70ページ、21部となりました。部数減については、プリンタの都合により印刷が追いつかなかったため。

内容

いつもどおりです。

  • 表紙・裏表紙。表紙はコスト高い割に…手作り感あふれるってことで勘弁してくれ。背景色が2色になってしまっているが、描き直すのに時間を振らなかった。裏表紙はほとんどPOP兼用。本来1ページ目だったのが、裏表紙を描くのが面倒くさいので定着。「狙い打つ」…「狙い撃つ」ね。裏表紙は盲点だったか。
    表紙・裏表紙
  • 多分このページが一番役に立つはず。なぜか写真だと全体的に赤くて見づらいな。他は…STAGE4の道中、STAGE6の妖夢通常1、幽々子通常1、リポジトリ・オブ・ヒロカワあたり?難しい弾幕は「ここでボム撃て」としか書いてない。
    5面道中前半
  • 予定表・バージョンアップ券・おくづけ。コストダウンのため、奥付を裏表紙に直接印刷してみた…あまり効果はなかった。
    予定表・バージョンアップ券・おくづけ

価格について

今回、妖Lが900円になったのは材料費高騰のため(笑)じゃない、材料費の計算方法が変わったためです。

  • 用紙:1ページあたり紙0.7円(1枚1.4円)。
  • トナー:おおよそ1ページあたり9.7円(約3万円/3100ページ)
  • 表紙・裏表紙:33.8円。1枚あたり半光沢紙7.2円+トナー9.7円が2枚。
  • 綴じリング:84円。
  • B5サイズの封筒:6円。
  • 紅L:789.4円=64P×(0.7円+9.7円)+33.8円+84円+6円
  • 妖L:851.8円=70P×(0.7円+9.7円)+33.8円+84円+6円

トナー代の計算が従来と大幅に違っているのは、メーカ公式の計算がA4用紙に画像面積5%の場合で計算されているところ(A5なら10%相当)、本攻略本は平均で27%(濃度85%は織込済)が画像なので、1ページ当たりのトナー消費量が公式の2.7倍弱と考えられるためです。しかし買ったトナーの量(価格)と残っているトナーの割合からするとやや過剰な数値なので、少し丸めて9.7円を適用しました。(詳しい計算は面倒なので省くが、購入額とスペックからはA5に画像面積10%で単価5.25円。公式だと定価で約8円)

というわけで、従来より700円で頒布していた紅L本はともかく、妖L本を800円で出すのは無いため900円としました。

紙は従来の倍の量を注文したことでページ単価が0.3円下がっていますが、焼け石に水ですね。

紅魔郷が赤字体質なのは別にいいんですが、永夜抄はSTAGE6が2回ありますから80ページ越えは確実、1000円いっちゃいます。高くても1000円以下で出したいのですが、1000円取っても材料費しか出ないというのは、この趣味を継続する観点からよろしくない。コストダウンを考える必要があります。一番簡単なのは純正トナーをやめて互換トナーを使うことですが…あんまり評判いいのないんですよね。剥がれるとか。紙によるのかもしれないし、試しに1回買ってみるかなあ。プリンタを変えることも検討しなければならないでしょう。今、印刷から穿孔・製本まで含めて1冊生産するのに30分近くかかってますし。

あっ、あと、紙が縦目になってページがめくりやすくなってます。前までは市販のA4用紙を裁断してA5用紙としていたので横目になっちゃっていたのですが、今回は紙屋さんに連量110kgのA5縦目で注文しました。印刷後のヨレも減っているはずです。紙を倍注文したのは、単価よりこっちが目当て。

反省会

部数不足

またかよ!ってところ。前回の倍、2種20部ずつの計40部を持って行きましたが、昼過ぎで終わりました。2種ともお求めの方が最多だったので、1種40部ならもっと長持ちしたと思うけど…。完売後1時間の雰囲気的には、これが30・30でも完売したと思います。40・40だとどうかな。結局最後まで居なかったから分からんけど、最大需要がそんなにあるんだろうか。

珍品だからとりあえず買っとくって人も多いのかな。とりあえず買うには高価だと思うんだけど。

余る分には構わないので、できれば次は1種あたり30〜40部ずつで計100部程度は持ち込みたいものですが、今度は売れる売れないより、作業量と輸送が問題になってきます。

作業量

印刷に時間がかかるのは分かっていたので(1冊15〜20分)、今回は既に完成している紅Lの印刷を1週間前に行いました。既刊は最初から20と決めていたので20。で、妖Lは出来てから30刷ろうと思って、プリンタの都合(エアコンいらないくらい高熱になって冷却時間ががが)で20。これは30でよかった。買えなかった人すいません。

今回は印刷や製本よりも、穿孔がキツかったです。グリッサーという機械

に原稿を挟み、上の青い部分を横にスライドさせることで穿孔するのですが、1回に3枚ずつしか処置できません。手順は、1冊分を3枚単位で並べる→3枚穿孔→裏返して脇に置くと同時に青い部分をもとに戻す、を繰り返す。妖Lなら70P35枚なので、1冊あたり12回の操作が必要です。この操作が1冊あたり最速で1分半。3冊に1回は内部に溜まった紙片を捨てる操作が必要。掛けることの44冊。あと表紙裏表紙は分厚いので2枚ずつ。というわけで計550回以上これやったら、もう腕も腰も痛い痛い…。これで50冊以上の製本は、たぶん無理です。

穿孔作業は上記のようなカイゼンにより、従来の1冊5分から1分30秒まで短縮しました。意外と単純作業が向いているのかもしれない。でも疲労は増したと思う…。

ちなみに穴の開いている紙を買う場合、1枚あたりの原価が3.4円になります。現行から2円up。1冊あたり70円の原価upか…トナーのコストダウンが何とかなったら、次から穴の開いてる紙を注文しようかな。

会場製本。製本済みで持ち込むとリングがかさばって〜ってことでバラの状態で搬入していますが、前回の反省も活かして5冊ずつ先行で製本しておいたにも関わらず、売れるのに追いつかなくって、お待たせした、あるいは製本中か後回しにしよう→後で来たら売り切れ、でご迷惑おかけしました。次回から改善します。

正直コピー本50冊未満を頒布するのが、こんなに大変だとは思っていなかったのだ…。

釣銭

妖Lを幾らにするか決めていなかったので、すべての購入者に900円ずつお釣りを出す想定で釣銭を準備しておきました。具体的には、500円玉50枚、100円玉150枚。すいません嘘つきました。その想定には100円玉が50枚足りません…。ま、紅L本は1000円預かりの300円お返しだからいいよね。あと1000円札20枚。5000円、1万円が数名来るだろうことを想定。1万円はいませんでしたが、5000円の方は数名いらっしゃいました。眠くてアレだったから、釣銭間違えてないか不安でした。

結果、妖Lが900円になり、紅Lと合わせて1600円の会計が多かったので多数の100円玉が役に立ち釣銭不足にはなりませんでしたが、多すぎて重い。1kgくらいあるじゃねーか!でもこればっかりは、ねえ。

意外と2100円出してくる人が多いのね。500円玉はずいぶん減った。

ディスプレイ

前回も反省点に挙げてましたが、全く改善されていません。次回は頒布物が3〜4種になる予定なので、もう考えないとダメです。とりあえず在庫をあるていど机上に置けるような仕組みが必要です。

見本誌

置く間もなく売れてしまったので結果オーライですが、妖Lが売り切れるまで妖Lの見本誌しか置いてなかったのはよくないですね。見本誌カバーも、前回の反省点で挙げといて改善なし。ディスプレイ関係はダメダメです。

バージョンアップ権

バージョンアップ権を行使した方は、今回1名でした。ありがとうございます。紅L初版の丸ごと差し替えは紅Lが売り切れた時点で終わりでしたが、紅L2版の9ページ差し替えは10部分を用意してありました。告知が遅すぎたか、あんまり気にしてる人がいないのか…。もっとも、一番気にしているのは私でしょうからね。完璧エゴだけど、不完全と分かっているものを持たれているのが嫌なんだよ。自宅まで押しかけて差分を渡しに行く妖怪になりたいくらいだよ。

コミケ会場で次々買いに回りたいのに、正直めんどくさいよね。でも権利はあるよってことで。

封筒

今回から頒布物が2種になったせいで、中身が妖Lか紅Lか分からん。いちいち出して確認して頒布してた。これはいかん。何か書いとかなきゃ。中が見えればいいんだけど、そういうのって高そう。穴開けとくのも、なんかなあ。

サークルカット

もう一生変えなくていいんじゃないかな?むしろ変える必要性を感じない。

サークルチケット

何件かお問い合わせいただきましたので、この場でも解答しておきます。

1人サークルなのでチケットが余るんですが、サークルメンバーや活動を手伝ってくれる人以外にチケットを譲渡するのはよろしくないので、しません。また、ぜんぶ1人でやる方針はできるだけ変更したくないので(1人で出来ない規模にしない)、サークルメンバーや活動を手伝ってくれる人を募集することはありません。なので、サークルチケットが出ることはないです。

装備

冬で雨ということで、雨具と防寒…大していらなかった。配置によると思うけど、むしろ暖かくって、コートの前のボタン外してました。とりあえず靴の中に貼るタイプのホカロンは過剰でした。熱くてまともに歩けないとか(笑)。あと、足の裏の形が変わっちゃうので、すげー疲れるんですよね。サークル参加時はともかく、一般の時はやらない方がいいです(去年やった)。足の甲に小さいホカロンでも貼っとけばいいんでない?

カートは、2輪ではもう無理。40部と装備を持って行きと帰りで腕が痛くてたまらん。次は絶対4輪。4輪。あるいは宅配…それは見果てぬ夢…(当日6時から送って間に合うのかお?(^ω^ )

次回以降

夏コミは申し込みますが、第十回例大祭はまだ悩んでます。最大年3回はキツイ。しかし、落選がほぼない例大祭に申し込まないと最悪年0回になってしまう(他のイベントに行けばいいんですけどね)。うーんやっぱり申し込もう。

1:永夜抄Lunatic
スペルプラクティスを全部やる副産物としてクリアしているので、たぶん…できると思う…。もちろん妖夢&幽々子です。
2:紅魔郷Extra
ノーミスノーボムできたら、Lunaticの半額くらいで。今までの最高は波紋までノーミス、波紋で2ミス。他のExtraはどの程度の難易度なんだろ。NMNBは条件キツすぎかな…。
3:風神録以降のLunatic
風:4〜5面でウロウロ。地:3面がヤバイ。星:Hardすらまだ。妖精:Hardすらまだ。神:6面まではいけるが、それだけ。
4:文花帖
やりたいなあ!これ!やりたいなあ!いちおう全部クリアはしてる。問題は、何ページの本になってしまうかだ。
5:花映塚Lunatic
Exはできてるが、Normalはクリアすら危うい。

もう疲れたので、こんなところで。チラ見でもしてくれた人ありがとう。買ってくれた人はもっとありがとう(笑)

コメント:2

ホイホイ 13-01-02 (水) 0:05

完売おめでとうございます。
サークルには13:40頃辿り着きました。
諸国漫遊の旅に出るとの張り紙で、
近所のサークルを見て回ってました。

無事にお会いできて良かったです。
また夏コミに寄らせていただきます。またよろです。

kyouso 13-01-06 (日) 4:26

ありがとうございます。お待たせしちゃったようですいません。
夏コミも落選しなければ参加しますので、またよろです。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20130101_6611/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
コミックマーケット83 参加レポート他 from キョカラソドットコムホームページ

Home > 同人活動 > コミックマーケット83 参加レポート他

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top