Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2013年11号

ジャンプ感想 2013年11号

(新連載)ワールドトリガー

「実力派エリート迅」とも「トリガーキーパー」の流れを汲んでるかなあ…。もうあんまり覚えていないし、引っ張り出すのも面倒だし、2009年のジャンプなんてもう手元にないし。2011年のはあるかもしれないが。「賢い犬リリエンタール」は、ほとんど読んでない(あまり気に入ってなかったのです)。

で、本作ですが、メガネ:力のない一般人、チビ:強いボーダーの一員、という常識から、メガネ:力のないボーダー、チビ:強いネイバー、と少しずらしてきました。良いですね。外国人だから非常識なのではなく、異世界人(?)だから非常識なのね。腑にストっと落ちた気持ちになれたあたり、良いですね。

敵が今時にしては珍しい物言わぬ怪獣なので、2話目以降は意思の疎通が可能な敵が出てくるのか、敵は舞台装置にすぎず、ボーダーの人間模様が描かれるのか。って主人公の片割れがネイバーなら、それはないか。女の子が出てこないのも珍しいですね。少年漫画に女子は不要ですか?女子に溢れた少年漫画に溢れる昨今に、良いですね。

やってる内容の割には、ページ数が無駄に多かった気はする。不良が絡んでくるあたり。でも不良のやり口が妙にリアルで良いですね。

良いですね。

暗殺教室

この「お話が進んだ!」という感じ、名探偵コナンで黒の組織が出てきた時のアレに似た感触でした。

ONE PIECE

スモーカーさん負けっぱなしですね…。彼の存在意義ってなんだろう。今のままでは銭形警部になれない。

NARUTO -ナルト-

こうまでネタバラシされると、遠からず終わるんだなあと。バラシ中なので見守りモード。

トリコ

バトルが始まると面白くなくなる、ぬら孫のごとく。

べるぜバブ

奈須、引っ張りすぎだと思う。不快なキャラクターなのは良いのですが、3週も読者を不快にさせといてお預けはいかがなものでしょう。大きな流れの中での不快→スカッの不快担当だとしても、小不快に対する小スカッは必要だと思うのです。これが2週目なら3週目でのスカッを期待しますが、3週でコレだと次週のスカッはもう期待していませんし、来週ぼっこぼこにしてくれたとしても、今週抱えた不満の方が大きいです。

彼は別にこのエピソードのラスボスではないのでしょう?なのだとしたら小物っぽすぎますし、ではないとしたら、ここでスカッなしの水入りはいかがなものでしょう(大事なことなので2回言ったが、べるぜバブをマジメに読むとは焼きが回ったのか)。

斉木楠雄のΨ難

携帯トイレって。正しいことは正しいが、それで効果があると思ってるのが救えない。彼はどこか悪いのではないのか。然るべき所で診察を受けた方が良いのでは。

セグウェイに乗っている彼から、以下のケースが考えられる。

  1. この学校にはエレベータがある。
  2. 本話は1階での出来事であり、彼の学業も全て1階で完結できる。
  3. フロアごとにセグウェイを常備する剛の者。
  4. 四六時中セグウェイに乗っているわけではない。
  5. 校内にセグウェイ完備(特に便利でもなければ珍しくもないので普段は誰も使ってない)。

SKET DANCE

手抜き回!手抜き回!手抜き回!手抜き回!

こういうの嫌い。ほんっとロマンは手抜き担当のキャラクターですね。これなら伊達先パイがもう1話載ってた方がいい。

(代原)むこうみず君

BLEACHと銀魂が休載のための代原だろう。絵が荒れていると思ったら…。

2ページで辛くなってリタイア。これでよくジャンプに載せてもらえるもんだな。

HUNGRY JOKER

主人公のいないページの絵が荒れてきていませんか。はははは

直近3週の話なのに、話についていけていない。何の目的でここに来ていて、何をすればクリアなのか分からない。

いかにクロス・マネジとキルコさんが控えているとはいえ、3OUTなら確実にHUNGRY JOKERは入りますね(めだかが終わらないなら)。

お使いしてないで、早いとこラスボスか、世界の仕組みの一端くらいはチラ見せしませんこと?お話の着地点が見えないので、なんかフワフワしている。ワンピならワンピースを見つける、ナルトなら火影になる、それが本当にゴールにはならずとも、最初に大きなゴールを示しておくって重要だと思うのです(各エピソードごとのゴール(ドラゴンボールを7つ揃えるとか)も)。いちおうこの作品だと「失われた記憶」ですが、極初期以外では作中の誰も口にしないので私の中で定着していない。ということは、加えて適当な周期で大目標の再確認も必要ですね。俺は火影になるっ!…ってハイジは連呼するようなキャラクターじゃないので、周りの人が言ってあげて。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20130210_6688/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ感想 2013年11号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2013年11号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top