Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2013年16号

ジャンプ感想 2013年16号

週刊少年ジャンプ16号の中で、面白かったもの3つを、面白かった順に番号で書き入れてください。

  1. 明るい人
  2. 暗殺教室
  3. 黒子のバスケ

銀魂

もう9年もやってるんですね。このノリで9年も続くってスゴいと思うのね。合間合間に休憩を挟むスタイル…当たり外れを作る仕組みは気に入らないんだけど、面白い時の瞬間最大風速が大きいから、それでもいいか!と、なっちゃうんですね。

BLEACH

本編と全く関係ないのですが、週刊連載で、しかもジャンプで、上の方にいて、あんだけTwitterできる久保先生は、やはり只者ではない。

暗殺教室

3イニングで終わるって丁度いいなあ。奇策の効果があるうちに終われる。

私は凡人なので、杉野がもったいないと思うのですが、E組からの復活を許すこと自体がダメということで。じゃあ彼をE組に落としたのは失策では?となりますが、生贄を1人作ったことで多数に与える「良い」影響の方が、その1人を犠牲にした分より利益になる、というのであれば納得。というわけで、それを事実にするためにも杉野には死んでもらわねばなるまい!

食戟のソーマ

バトルロワイヤルで、適当なヤツをサクッと殺して「あ、まじだ」と認識させる的な。アイツでNGだったら、ニクミなんかどーなっちゃうんだよ…。だから、あれはきっと仕込み。元から授業についけなくて自主退学が決まっている生徒の、最後のお小遣い稼ぎ…いや、みんな名料理店のご子息とかだったよな。ううーん?

どうでもいいけどニクミの、幸平に見つかって「ササッ」と髪を直すところ、細かいですよね。

足踏んできたヤツが誰だかワカラン…。

気に入らないが、面白いよね「食戟のソーマ」。

ワールドトリガー

よい3話目じゃないですか!もう6話目ってこと以外に文句はないです。

心技体の心は過大評価されている…!と思ってるけど、漫画の中ではそれでいい。という感じの、俺が助けたのはオサムだけ。学校の奴らを助けたのはオサムでした。

(読切)明るい人

観寺 風貴。赤マルとかに載ってたんだろうか?(買ったはいいが読んでない)

目次に載ってるのに休載のワンピースの代原ということで、全く期待していなかったのですが…その分の反動を考慮しても、今週のジャンプで最も面白い作品の1つでした。

月食の説明と絵がおかしい→先生w これが一番ワロタが、分かりにくいと思う。

「制服」:着てないのか!に「ガビーン」は余分だと思う。読者が頭の中で付け加えればいいんじゃないか?何でもかんでもキャラクターに突っ込ませすぎ(説明しすぎ)だと感じるのは、何もこの漫画だけではないが。

これを毎週続けなきゃいけないんだから、ジャンプは大変だ。

(読切)縁結びの神?マッケイ

こっちは辛くて5ページくらいでリタイア。

やはりこの漫画だけではないが、ツッコミ役が説明しすぎなのだ。

黒子のバスケ

それでも結果、相対的には順位が下がったいい!いいね!他に生きる道がなくなって、赤司に改造されちゃうんだね!

しかしキセキの4人、絵がなくても誰が喋ってるのかすぐ分かるな。緑間か、紫原か、青峰か…その誰でもないのか赤司。

恋するエジソン

気に入らないし、読んでないんだけど、たまに見ると、これは上手くすれば漫☆画太郎になるのではないか?もっとキモ絵の比率を上げて、かわいいっぽい女の子を目立たせれば…。

べるぜバブ

引っ張り過ぎなければ、「ダ」で気分よかったのだが。

めだかボックス

今週も最終回じゃなかった。

これはあれですか、幽☆遊☆白書で言うところの、霊界をテロリストが占拠して、青いボタンを押す→最終回的な…いやああいうは先々週で月を破壊→先週の卒業式で使ったわ…。

先生が出てきた時、痛々しいのはやめたバーミーかと思った。

きっと次回こそ最終回に違いない。と終わるまで言い続けるmy soul for you

新米婦警キルコさん

キルコさん×異常な人より、キルコさん×普通の人の方が面白いことが、今週と先週でハッキリわかった。でも前者でないと、続けるのはしんどいよなーとも思う。

読む前は、ワンピとナルトで160円分くらい価値の低いジャンプだな…という評価だったが、全部読んでみれば、そーでもなかったね。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20130319_6733/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ジャンプ感想 2013年16号 from キョカラソドットコムホームページ

Home > ジャンプ > ジャンプ感想 2013年16号

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top