Home > 世間話 > 2013年東京都議会選挙・大田区、主に維新で当選した柳ケ瀬裕文氏について

2013年東京都議会選挙・大田区、主に維新で当選した柳ケ瀬裕文氏について

Twitterで喋ろうと思ったが、長くなったのでブログにした。

維新で当選した2人のうち1人の柳ケ瀬 裕文氏は大田区出身。元民主党で、去年秋に離党して東京維新の会へ。2007年の区議選は1位当選(この時かー)、2009年の都議選は2位当選。今回は8位当選。維新のマイナス効果を受けても当選できたことは評価に価する。選挙運動中の柳ケ瀬氏を頻繁に見かけることもあり、もともと悪い評価はしていない(政策・主張は別として)。とはいえ、今回の都議選は全員現職の再選だったりする。投票率が低いからかな。

前回と今回の成績をまとめてみた。

2009年 東京都議会選挙 定数8 立候補14
順位得票数得票率氏名党派新旧肩書き
1位5072016.3%田中 健民主元区議
2位3775612.2%柳ヶ瀬 裕文民主元区議
2013年東京都議会選挙 定数8 立候補13
順位得票数得票率氏名党派新旧肩書き
7位7.7%19055田中 健民主元区議
8位7.1%17798柳ヶ瀬 裕文維新元区議
9位6.2%15457柳瀬 吉助みんな元区議
11位3.4%8580永井 敬臣維新元区議

似たような感じ(乱暴な括りだ)の田中健氏との差が縮まっている。民主バブルの減少分+民主マイナス効果の方が大きいのだろうか。

少なくとも維新バブルで当選した議員では無いし、大きく言えば「柳ケ瀬がいなければ橋下は辞任していた」とか言えるかも(笑)。もう1人の維新・永井 敬臣氏に、柳ヶ瀬氏の「維新だから入れた」分を足しても、ブービーまでの6877票が埋まるのか?埋まらないだろ。

他の候補者については、興味があれば大田区開票結果 : 東京都議選2009 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)東京都議会議員選挙-開票結果を見ればいい。

ちなみに投票率は、全体で43.50%、大田区は44.50%。大して変わらんかったな。投票所別では、自分が行った投票所は有意に高いんじゃね?って方だった。高齢者が多いのかな?

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20130624_6835/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2013年東京都議会選挙・大田区、主に維新で当選した柳ケ瀬裕文氏について from キョカラソドットコムホームページ

Home > 世間話 > 2013年東京都議会選挙・大田区、主に維新で当選した柳ケ瀬裕文氏について

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top