Home > 同人活動 > コミックマーケット85 参加レポート他

コミックマーケット85 参加レポート他

東方紅魔郷Lunatic、東方妖々夢Lunatic、東方永夜抄Lunatic、東方輝針城Lunaticの攻略本でサークル参加しました。

結果

今回は新刊8冊(少数になった都合は後述)、既刊は各20冊ほどで計67冊用意(+立ち読み用4冊と見本誌提出2冊)。価格は800円に統一。43冊頒布しました。新刊は完売で、既刊はそれぞれ3~4割くらいずつ残りました。

新刊の内容

いつもどおり。57ページ800円と、ページ数が少なくなりました。輝針城Lunaticが比較的難しくないこと、ボム撃てる数がやたら多いのと、永夜抄より1ステージ少ないためです。

本符「リバースフロントカバー」がモノクロかつ用紙が本文と同じ紙である理由も後述。
東方輝針城Lunatic攻略本 表紙 裏表紙

中身サンプル。画像のリンク先は大きな画像。
輝針城Lunatic攻略本サンプル 18-19ページ

価格

今回、既刊も含めて800円に統一しました。今後も原価がドーンと上がるなどの要因がない限りは800円でいくつもりでいます。たぶん原価600円くらいまでなら800円のままにすると思います。根拠は、50冊頒布できると仮定した場合、粗利200円で参加費が賄えるから。

紅魔郷は100円の値上げ、妖々夢は100円の値下げとなりますので、これから紅魔郷を買う人、すでに妖々夢を買った人には若干の不公平があります。しかし私が計算を間違える可能性を減らすことの方が重要だと考えました。今回も800×3が出てこなくて危なかった。

原価

  • 用紙:1ページあたり約1.7円(前回比+1.0円 穿孔加工費追加 4000枚で用紙3600円 穿孔9000円 送料735円の13335円)
  • トナー:1ページあたり約4.2円(前回比±0.0円 計算式変更なし)
  • 表紙・裏表紙:22.8円(前回比±0.0円 新刊のみ表紙が本文と同じ用紙なので17.3円)
  • 綴じリング:66.7円(前回比-15.6円 購入店変更…大量購入で送料無料など)
  • 書籍用の袋:3.3円(前回比±0.0円 同じやつ使用)

よって、今回の各品の材料費(ロス分の加算なし)は以下のとおり。

  • 紅:470.4円(前回比+48.4円) = (1.7 + 4.2 ) * 64ページ + 22.8 + 66.7 + 3.3
  • 妖:511.2円(前回比+55.4円) = (1.7 + 4.2 ) * 71ページ + 22.8 + 66.7 + 3.3
  • 永:529.4円(前回比+58.4円) = (1.7 + 4.2 ) * 74ページ + 22.8 + 66.7 + 3.3
  • 輝:423.6円 = (1.7 + 4.2 ) * 57ページ + 17.3 + 66.7 + 3.3

穿孔作業がキツかったので、今回から穿孔加工済の用紙を購入しています。1冊当たり50円~60円程度の原価増となりました。前回の残りの資材(高かったり安かったり)を使用した分もありますが、それは計算に反映させていません。報告書じゃないし、そこまで細かく出す必要もないだろう…。

粗利

合計13349.6円。(800-原価)*頒布数で、紅329.6×11、妖288.8×12、永270.6×12、輝376.4×8。参加費と交通費、あと立ち読み用を各1冊と、見本誌提出の永と輝を各1冊で合計約3000円分までは出た感じですね。この後、在庫が損失にならなければ、ですが。

ロス

今回はプリンタの不調でロスが大量に出ました。

特定の色(主にブラック・マゼンタ)が薄くなるトラブルが全く解決できませんでした。時には直ってしまったり、何十枚も連続でダメだったり、とにかくよくわからない。トナーを替えても振っても(互換トナー or 純正トナー)、パソコンを替えても(Mac or Windows)、ソフトを替えても(Indesignで印刷 or PDF化して印刷)、プリンタを替えても(同型機を買い足した)、設定を片っ端からいじってもダメ。結局12月中旬あたりから当日朝に至るまで改善できませんでした。

そのため、今回の頒布物はプリンタの機嫌次第で印刷品質に個体差がすごくあります。あんまりなのは検品でハネました。いちおう言い訳として、立ち読み用はその中でも最も品質の低いものにしている旨をPOPに書いておいたり…。

  • 色確認・調子確認用 A4用紙80枚:1376円 = (1枚0.4円 * 80枚) + ( (4.2円 * 2[A5の倍サイズ]) * 80枚 * 2[両面] )
  • 検品ハネ:5096円 = (1.4円 * 約700枚) + (4.2円 * 700 *1.4[裏面も印刷してからハネたのが4割くらい])
  • プリンタ1台:12980円 (不調のため時間ないので購入…しかし改善せず)

合計19452円。今ここに書くために数えたら、2万?えっ…?みたいな。別に価格に転嫁したわけじゃないから証拠画像upとかはやりませんけど、ちょっとなあ。不良率1割超は多すぎ。プリンタは遅くとも2014年中に買い替えだったとは思うけれど。

次は5月の例大祭を予定しているので、それまでに改善できないようなら印刷は別の手段を考えなきゃなりません。

反省会

前回の反省点はどうなったか

部数不足

初めてサークルスペースにモノがない状態を回避できましたが、新刊をまともに用意できず、かなりの方に「完売です」と言わなければなりませんでした。

既刊に関しては事前に20冊ずつ作っておいたことで改善したものの、最も求められている新刊の部数が不足していたので、30点くらいでしょう。

作業量

穿孔作業を無くしました。それによる値上げもないですし、100点。

前回の反省点には明記しませんでしたが、搬入がしんどいのは改善できませんでした。既刊だけでも宅配搬入を利用するつもりだったのですが、プリンタ不調により印刷が予定通りにいかず、未達成。0点。合わせて50点…はひどいな、80点くらいにしとこ。

会場製本

全て製本済みのものを持ち込み、会場製本を排除しました。100点。

釣り銭

釣り銭入れを用意しました。が、適当なものがなかったので、ローソンのリラックマ茶碗の箱を使用…これに100点はやれねえ…。80点。

釣り銭そのものを用意しすぎた、もマイナス点かなあ(重くて)。主に重いのは100円玉100枚ですが、1000円未満のお会計での1000円札の使用率は5割強で、複数購入と合わせると100円玉が一定数は必要なのね。しかし頒布開始前と頒布終了後の100円玉数は10枚くらい増だったので、次から50枚1本でいいかもしんない。

ディスプレイ

何もせずただ横に並べただけなので、0点。でも、もうこれでいいんじゃ?って思ってるから、次から反省しません。もしSTG作品の攻略本サークルが増えたなら、目立つために反省します。

バージョンアップ券

今回もバージョンアップがないので告知しませんでした…じゃなくて、告知自体してないので、0点。

事前告知やら何やら

これは前回で反省を放棄済なので、もう反省点じゃない。

完売後

完売してないので問題なし…って、これは備えるか備えないかの話なので、結果で語るのは間違いですね。完売後の何かを用意していないので0点。

商品袋

マチ付きの袋を用意しました。3冊以上の場合に使用しました。しかしマチが大きすぎた。10冊くらい入るようなヤツだ…でも他に売ってなかったんだ…。努力は見られたので80点。

を踏まえて、今回の反省点。

プリンタ不調に起因する全て

ほとんどこれ。新刊の部数不足、宅配搬入の断念、大量の印刷ロス、新刊の表紙がモノクロ。

新刊の部数不足:騙し騙しで当日朝までに刷れたのが10冊で、立ち読み用と見本誌提出で頒布可能数が8冊。既刊を印刷している時はマトモに印刷してロスを出していましたが、最後の最後になると、ロスを出さないようにA4コピー用紙でテスト(全面黒一色を10回とか)と調整を繰り返してから、機嫌が直った瞬間に印刷、とやっていました。1日それやって、できたのが10冊。

新刊の表紙がモノクロ:当日深夜の時点でブラックがイマイチ、マゼンダがさっぱりの状態だったので、色塗りが失敗した場合用にスキャンしておいた色塗り前の表紙絵を使用したため。光沢紙じゃないのは、プリンタの設定を触りたくなかったから。

これで時間食われて、他の諸々も手につきませんでした。とはいえ新刊の完成自体が前日ですから、例えば1ヶ月前に完成していれば避けられたトラブルかもしれません。

しかしそういう結果論は「会社に遅刻したくないから泊まる」までいっちゃうので、早くやらなかったのが悪かったというより、プリンタのトラブルに対するオプションが無かった、という方向で改善を考えた方が建設的だと思います。

これについては、次回のイベント(5月予定)の前…4月くらいまでに、今のプリンタのトラブルの解決、およびプリンタにトラブルがあった場合のオプションを用意する、ということにします。

前回(例大祭10)より捌けなかった

思いつく理由はこんな感じです。

  1. 例大祭とコミケの参加者層の違い
  2. 紅はもう最大需要を満たしたかも(既に63冊+今回で11冊)
  3. 妖・永は元々需要が少ない(難しくないから)
  4. 夏コミ落選だったのでチェック漏れしてる
  5. 印刷品質が低い
  6. 私が居眠りしまくりで、声を掛けられなかった?(すいません)
  7. 新刊が11時で完売(数が少ないせい)

既刊に関しては需要がどんどん減ってくるので、20冊で残るなら、今後は最大20冊ずつ持っていけば充分かなーと思います。新刊はお客との会話内容からたぶん30冊くらい出たんじゃないかと思うので、余るまではそのくらいで。

Windowsで作業できなかった

読者には全く関係ないことですが、Surface Proのメモリが4GBしかないせいでInDesignがまともに使えず、現役を退いたMacBook Air(メモリ8GB)を引っ張り出してくる必要がありました。でも他のことは既に全部Surface Proに移していたので、製作中はやむなく2台持ち歩いてました。重いし面倒だった。メモリ8GBのSurface Pro2が欲しかった。3が出たら買いたいです。

次から表紙はSurface Proで描いてみようか。

その他

宅配搬入、直前告知、ペーパーあったらいいな、くらいかな。

よくあった質問

2名以上に聞かれたことを文章にしておきます。

委託ありませんか
制作できる数、頒布想定数、製本の形(リング綴じ)から、現状では委託を試みることは無いと思います。せめて即売会では売り切れのないように部数を用意したいと思います。
スコアアタックはないんですか
そこまで上手くないのと、ネット上のうまい人のリプレイ等と比較して差別化が図れないことと、スコアアタック自体に興味が持てないことから、今のところやらないです。より上手くなれば興味だけは持てるのかもしれない…。
地霊殿・星蓮船はありませんか
やっぱこの2作が難しくて需要あるのか…という感じで、多数の方に聞かれました。まだクリアできていないので、出せません。クリアできたらそのうち出すと思います。今のところ、地霊殿はHard、星蓮船はNormalまでです。
一番難しいのはどれですか
各作品とも最も有利な機体を使う前提で…星蓮船でしょうね。次点が地霊殿。続いて紅魔郷。他はこれらより難易度が低いと思います。
紅魔郷だけクリアできないのですが、他と比べてどうでしょう
星・地の次に難しいですが、紅がやれれば他作品に応用が効くので、最初にやるにはいいかもしれません。妖(森羅結界)や永(決死結界)の感覚は他作品には適用できませんし。当たり判定が見えないのも、他をやってからだと慣れるのが難しい一方、最初に慣れておけば他作品では高速移動時の回避に役立つのではと思います。
魔理沙が上手く扱えないが、霊夢だとボムが足りずクリアできない(紅魔郷)
ボムが足りない分を鍛えるのと、魔理沙に慣れるのとでは、後者の方が容易でしょう。マウス派の人がトラックボールに慣れるようなもので、無理やり1ヶ月くらいやれば慣れると思います。あるいは入力装置(パッド)を替えてみるといいかも。
艦これの攻略本は出しませんか

前にツイートしたので、加筆修正して再掲します。要は、独自の価値を生み出せる目算が私には無いということです。

  • 日々アップデートが入るゲームでWikiの集合知に勝る部分を出すのは難しい。
  • Wiki(多人数で日々更新)>個人サイト>攻略本。縛りプレイの日記形式なら、文章の面白さ次第で個人サイトを上回れる可能性はあるかも…。
  • >東方の場合は上手下手の高低差がすごいので、必然的に穴(ニッチ)が発生する。上手い人のプレイを見たからって即真似できるわけじゃないから、同じ情報でも人によって価値が違う。
  • 艦これの場合は、上手い人が見つけたレシピを誰でも試せて、誰でも同じ結果を得られるなど、同じ情報が誰にでもほぼ同じ価値を持つ。
  • Wikiが役に立たないのは、相当やり込んでいるプレイヤーだけ。
  • >Wiki見ながらプレイしたい需要には…Wikiがもっと印刷しやすければいいのに。そうした用途には、現状ではデュアルモニタより10インチ前後のタブレットPCの方が良いかも。

次回以降

さっき例大祭11に申し込みました。C86も、申し込みセットを購入済みです。

新刊は風神録Luantic 魔理沙Cを予定しています。これはクリア済み。あとは何かあったら当サイトで告知します。

おまけ

今回は時間と数と金種を記録していたので、サンプル数が少ないのがあれですが、あれこれと想像できて面白いです。

初見:全種買い
珍品だから見敵必殺的な意味合いで。このケースは昼以降が過半だったので、予定のない巡航→珍しいもの発見、の流れなのだろうか。
初見:新刊のみ買い
上記同様。探しているモノが、本というよりサークルなのだろうか。お試しでより新しいもの(サークルの現在値)を参考にする目的か。単純に高価だからかもしれない。4冊で3200円だしね…。
初見:自分がクリアできない(したい)もの買い
攻略本というジャンルの特性。立ち読みの時間が比較的長めだったり、ゲーム内容について質問があったりするので、たぶんそうだと勝手に思ってる。紅のみの人は特に(4冊のうち紅が最も難しい)。
リピート:新刊のみ
「初見:新刊のみ」と区別が付けられない(つける意味あるのか)。
リピート:持ってないやつ複数買い
紅以外全部とか、永&輝とか、そういう組み合わせだと、前も買ってくれた人なのかなーって思う。永&輝の人は、コミケは来るけど例大祭は来ないとか。コミケ的には永も今回が初頒布なので。だが以前完売で買えなかった人と区別がつかない(つける意味あるのか)

うーん、もう朝なので以上。スペースに来てくださった方、ありがとうございました。買ってくれた人はもっとありがとうございました。買う気満々だったのに売り切れだった人は…今回もごめん。回を重ねる毎に改善していきます。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20140101_7269/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
コミックマーケット85 参加レポート他 from キョカラソドットコムホームページ

Home > 同人活動 > コミックマーケット85 参加レポート他

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top