Home > ジャンプ | まんが > HUNTER世界は地動説か天動説か

HUNTER世界は地動説か天動説か

世界の大きさについての記事HUNTER MIX – 現在の状況を見かけたので。なお、用語はググればすぐ出てくるものしか使ってないつもり。

人間界の広さが半径2万kmに収まるとのことで、地球の円周4万kmといい感じに一致する。そこで暗黒大陸の広さを参考に、HUNTER世界を円周の半分が100万km、一周して200万kmの球体、惑星と仮定してみよう。となると直径は約63.7万km。

どのくらいの大きさかを東京ドームで表すのは難しいので、惑星で比較しよう。地球の直径が約1.3万kmだから、約50倍の大きさだ。わかりにくい。では木星の直径が約14.3万kmだから、その4倍強ってことでどうだ。ちょうど地球と月が4:1くらいなので、HUNTER惑星:木星がそのくらいの比率。太陽なら139.2万kmで1/2弱。太陽の半分というのが一番分かりやすいか。でかすぎ。

表面積にすると地球の2500倍くらい。だいたいでも計算が合っているか不安になる大きさ。もう広すぎてアレだが、そんな惑星があったとして、まず気になるのは重力がどのくらいあるのか。

地球と同じような岩石惑星の場合

岩石惑星はガスを留めておけない程度の質量(引力)しかないからガス惑星になってないので(月の引力では大気を留めておけないから空気が無いのと似たようなこと)、もし地球を材料据え置きで木星サイズ程度にしたら木星より大きなガス惑星になるので、HUNTER惑星の大きさだと…ていうか、太陽の半分の直径で地球と密度が同じなら、余裕で恒星になってしまいはしないか。直径が半分なら体積は1/8だが、地球の密度は太陽の4倍だから、HUNTER惑星の密度も地球と同じと仮定すれば質量は太陽の約1/2。太陽質量の0.1倍くらいの恒星もあるくらいなので、岩石惑星はないな。存在できない。

少なくとも、中心にコアを持ちーのマントルありーのプレート薄っすらーのな、地球と同じような環境の岩石惑星ではあり得ないはず。我々の知る限り、類型はまだ見つかっていない(スーパーアースはせいぜい地球の数倍の質量)。

真ん中が空洞ならどうか?地表で1倍の重力があって地球の50倍の直径だと、殻の厚みと強度はどの程度必要になるのか、ちょっと私には計算できないので、空洞地球は保留ね。

空洞惑星の考えを進めるなら、HUNTER世界は先史文明の作ったダイソン球とも考えられる。これならデカイことも、恒星でないことも、殻の厚みと強度も解決できる。「全てが先史文明の遺跡なんだよ!」

木星と同じようなガス惑星の場合

核融合反応を少し我慢してもらうとして…HUNTER惑星の大陸は、全て浮遊大陸だと考える。あの海は実はガスとなると、暗黒大陸も実は浮遊大陸がチラホラあるようなイメージになってしまうかもしれない。メビウス湖の設定が死ぬ。あるいは、メビウス湖自体がまだ浮遊大陸の中。だとしたら惑星サイズは更に大きく見積もらねばならない。浮遊大陸1個で半径100万kmオーバーとか、やっぱ恒星ルート一直線じゃん…。

重力もいちおう考えると、木星表面でも地球の2.3倍、密度の低い土星だと1倍未満なので、密度の低い低い低いガス惑星&浮遊大陸説は、この点だけならいけなくもないのではないか。ないわ。

開いた天動説の場合

いわゆる普通の天動説のこと。

HUNTER世界が惑星だとすると質量が大きすぎて恒星になっちゃう問題を、シンプルに解決できる。太陽の沈む穴と昇る穴が暗黒大陸のどこかにある。虹の根っこもある。ワールドエンドに滝があることにしてもいいし、あるいはHUNTER世界の物理法則で実現可能な速度より速く陸地が膨張しているなら実質的に端は無い。開いた宇宙やジャンプインフレバトル漫画のようにハントの対象が永遠に増え続けるので、連載が終わらない。嬉しい。

しかし、天動説の世界で万有引力の法則って成り立たないんじゃなかっただろうか(つーか地動説の根拠の1つでは)。恒星になっちゃ困るが、万有引力の法則も無いのは描写が色々不便すぎはしないか。また「薔薇」の存在も面倒くさい。薔薇が核兵器だとして、引力がないなら質量がエネルギーに変換できなくないか…難しいな。

というわけで天動説を採用する場合、重力はグラビトン(まだ仮説らしいから勝手に使う)の謎効果ということにでもしておけばいい。地面の下に陽グラビトンの鉱脈があり、万物は陰グラビトンを持ち(多い=質量が大きい)、相互に引き合うとか何とか。薔薇は掘り出した陽グラビトンで作れる兵器。人間界でも得られる厄災の1つ。毒はどうしよう…。

世界の構造のおかしな点を念能力で片付けるのは気に入らないので、例えば太陽が念能力とか、引力が念能力とかは、ちょっと。月は輪廻眼の能力で作られた、くらいなら許す。

閉じた天動説の場合

凹面地球という考え方がある。世界は空間ではなく岩塊で埋められており、その中の空洞の内側がHUNTER世界と暗黒大陸。

天動説の亜種で、閉じた天動説とでも言えばいいのだろうか?これなら宇宙編をやらずに済むし、世界のサイズを一定にできるし、端を滝にしなくてもいい。限りがあるということは、連載をいつか終わらせることができる。岩塊を掘り進むことはタブー(今の暗黒大陸編と同じじゃん…)。それでも掘ると、ちょうどドラゴンクエスト3のアレフガルドのような別の世界に出る。岩盤内にある空洞の数が宇宙の数で、平行宇宙だとなおよし。やっぱり宇宙編やるのか。

モデルは、ガンダムのスペースコロニーの超デカイ版を想像してもらえればいいと思う。違いがあるとすれば、コロニーは遠心力で擬似重力を生み出すが、凹面地球は岩塊が世界全体なので…生じようが無くない?そういうのはグラビトン的なものでよかろ。宇宙がエーテルで満たされているようなものだ。

というわけで、重力以前の問題だった。HUNTER世界は天動説っぽいけど、ダイソン球なら地動説でもいけそうな感じ。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:1

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20140625_7441/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
HUNTER世界は地動説か天動説か from キョカラソドットコムホームページ
pingback from kyousoさんの記事「HUNTER世界は地動説か天動説か」への反応 | かぶとやまひるね部 オフィシャルサイト 14-06-26 (木) 14:54

[…] kyousoさんの記事『HUNTER世界は地動説か天動説か』に対する反応です。連載再開万歳!冨樫的な意味とkyousoさん的意味の両方で! […]

Home > ジャンプ | まんが > HUNTER世界は地動説か天動説か

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top