Home > 世間話 > 衆院解散・希望の党・小池都知事2

衆院解散・希望の党・小池都知事2

楽しすぎますが、テレビが面白くない…。でもBSフジのプライムニュース(月〜金 20:00〜22:00、土は総集編)は、政治家が出る回は面白いです。司会が自己主張しないし、評論家とか芸能人が邪魔してこない、いい番組です。

  • 小池都知事は衆院選に出るか
    • 前の記事でも予想したとおりの理由で、出ないでしょう。毎日こればっか話題にしすぎ…。
    • 追加するなら、もし勝っちゃったら小池氏は首班指名を受けなきゃならなくって、総理大臣になっちゃう可能性があって、だから避けているという面もあるのではないでしょうか。今の準備も人材も金も何もない希望の党で政権を維持できると思います?私は思わないです。例えばかつての民主党は、それなりに準備していたはずなのにあのザマでした。結党1ヶ月の党がうまくいくとは思えない。でも国会議員になってしまったら首班指名を受けざるを得ないし。
    • なんかのときに希望の党の若狭氏が、「政権(過半数だったっけ?)を取るのは2〜3回くらい後」という発言をしていて、翌日くらいにその件で小池氏が「過半数を目指す」という発言をしていて、若狭氏は正直者だなあ(全く褒めてない)と思いました。組織やるなら、リーダーだけが思い描いていること、中枢だけで合意していること、幹部たちだけが分かってること、組織内では周知されていること、組織の外に向けて発信すること、分けなきゃダメでしょ。若狭氏は、この例でいえば幹部かそれ以上が分かってることと、一般に発信することの区別ができてなかったのではないかと疑ってしまいます。彼にはタヌキの素質を感じない。ここでのタヌキとは政治家の意です。
    • なので、小池氏が出てくる&希望の党が政権を取りに行くのは早くても東京オリンピックの後でしょう。その前に党がダメになっている可能性の方が高そうですが…だったら小池氏は都知事に留まって店じまいでも悪くないんだもんな。タヌキめ。
    • アカの小池と緑の小池って誰が言い出したのか知らんけど、早い者勝ちですよね。
    • 参院選が2019年と2022年でしょ。衆院選は任期満了なら2021年だけど…五輪前にやっとく可能性なくない?だったら2019年のダブル選挙はありえる。その次の五輪後の衆院選に都知事の任期を終えた小池氏が出てくるのだろうか。それとも都知事を2期やる?2024年まではちょっと長いですよね、小池氏72歳になっちゃいます。あるいは次回の都知事選は東京オリンピックと重なってしまうことが決まっているので、そういう理由を付けて2019年に辞任して、さらに五輪後にも辞任して国政へ…ないかな。そんなに辞任しまくらないで欲しい。一度は任期を全うしてくれないと…。しかし分岐がいっぱいあって面白いですね。
    • ともかく、東京オリンピックの成功・豊洲移転完了だけは達成しないと小池氏は支持を失うと思います。できれば花粉とカラスも何とかして欲しい。
  • 希望の党は首班指名を誰にするのか
    • 誰を指名するのかが決まってない・決められないというより、どこと連立するのか決まっていないんだと思います。で、どこと連立するかは、どこが何議席取るかによるから、どこと連立するかは現時点では決められないでしょう。そういう姿勢の党が支持を得られるかどうかは別として。
    • じゃあどこと組む可能性があるのでしょうか。まず自民党が単独過半数を取るかどうかが大きな境目ですよね。数人抜けたくらいでは崩れない程度の。自民党は今287議席。今回から定数465ですから、過半数は233。絶対安定多数は261。すげえ雑に考えて、絶対安定多数はともかく過半数は割らないんじゃね?って思いますが…詳しくはちゃんと予想してる人を参考にしてください。それでも過半数を割るとすれば、当然に安倍総裁は責任を問われて総裁を辞任せざるを得なくなるでしょうし、割らずともギリであれば、グループ単位で希望の党への流出や造反組が出る可能性は高く思えます。
    • 希望の党からすれば、安倍自民党でなくなるなら自民党との連立・自民総裁を首班指名もアリかもしれませんし、希望+自民離脱組+公明+維新で過半数になるくらい議席が取れてしまう可能性も無いとはいえません。だったら首班指名は公明・山口氏か、自民離脱組の誰かになるのか?最大勢力以外から総理を出すといえば村山総理が思い出されますね…。
    • というのは低い可能性で、自民が安定多数(244)前後、希望が3桁いかない第二党、以下公明、立憲、共産、維新じゃねえかと思っています。特に維新なんかネームド議員以外は希望に埋没しません?
    • 自民+希望で2/3(310議席)余裕オーバーになるの希望してます。希望がどうのじゃなくて、公明を除けたいの。
  • 希望の党の公約
    • 大して評価できないですね。保守政党ってより主婦政党じゃねーのかっていう。ベーシックインカムは評価というか、最初に言い出した国政政党(ですよね?)になったという点では評価できますが、だったら消費税上げになるんじゃないですか。
      1. 消費税増税凍結:今だけならともかくだが…。
      2. 議員定数・議員報酬の削減:矮小な問題。一院制はよく考えたことない。
      3. ポスト・アベノミクスの経済政策:よくわからんがカジノ特区作ってください。
      4. 原発ゼロへ:2030年までとか絶対に支持できない。仮に2100年なら、ありかな…。
      5. 雇用・教育・福祉の充実:どこでも同じようなこと言ってるからパス。
      6. ダイバーシティ社会の実現:同上。
      7. 地域の活力と競争力の強化:都市一極集中を進めて欲しい派なので。
      8. 憲法改正:見直しはいつの時代でも必要でしょう。軽々に変更しまくるのは考えものですが、絶対変えないはありえない。
      9. 危機管理の徹底:当然のことを言ってるだけですが、それすらできない党もあるから…。
      10. 12のゼロ:できるのかどうかは別として、そうなったらいいね、と思う。
      11. 政策集:私たちが目指す「希望への道」:全般的に言うだけならタダという感じ。しかし、いっそ公約とはこの程度でいいのかもしれない。今すぐこれやります集よりも、我々の目指す社会はこれです集の方が、どういう方向性の人達か分かりやすい。
  • 誰とどこに投票しようか
    • 東京4区は平将明氏が強いので、希望の党は相当なネームド議員を持ってこないと何も起こらないのでは…。民進の藤田氏は引退済、後継と思われる井戸氏は「五児の母」を連呼するしか能のない人で全く期待できなかったが立憲民主党へ行ってくれた。そして希望の党は難波美智代氏。ぐぐった。ないな。松原氏帰って来いよー(でも入れない)
    • 比例なら希望に入れてもいいかなって思ってる。
    • 安楽死党あらため支持政党なしの佐野氏は比例だけかな?

この期に及んで、野党もテレビも安倍批判(叩き)小池批判(叩き)以外しているように見えないんだけど、やる気あんのか。前の記事の繰り返しになりますが、小池氏・前原氏による民進党の解体は、そういう党から人材を開放したこと、意見の違いと政党の違いを一致させる方向に戻したことで価値があると思います。歴史的価値とまで言えるかどうかは、まだ分かりませんが。テレビも誰かいつか解体してくれないかな。

希望の党のサイトがJavaScriptが無効にされています。本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。だったり※再生中 音声が流れます。なのがイラつく。こういう気持ち、HTMLメールやめろ!と同じように古いんだろか。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20171009_8117/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
衆院解散・希望の党・小池都知事2 from キョカラソドットコムホームページ

Home > 世間話 > 衆院解散・希望の党・小池都知事2

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top