Home > 世間話 > 疑問を持つのはネットの闇だけか?

疑問を持つのはネットの闇だけか?

大晦日のK-1のメインエベント、桜庭vs秋山で、秋山にヌルヌル疑惑があったのは周知のとおり。

で、先日のことですが、秋山はヌルヌルを「乾燥肌なのでクリームを塗っていた。違反とは知らなかった」と男らしく認め失格、試合結果はノーコンテストになったのも周知のとおりです。以下参考。

  • 【K-1】12・31秋山VS桜庭問題に決着!秋山が違反で失格、ノーコンテストに
  • 【K-1】12・31秋山成勲VS桜庭和志戦の裁定についての記者会見全文(1)
  • 【K-1】12・31秋山成勲VS桜庭和志戦の裁定についての記者会見全文(2)
  • 【K-1】12・31秋山成勲VS桜庭和志戦の裁定についての記者会見全文(3)
  • 【K-1】12・31秋山成勲VS桜庭和志戦の裁定についての記者会見全文(4)
  • 【K-1】12・31秋山成勲VS桜庭和志戦の裁定についての記者会見全文(5)
  • 【K-1】12・31秋山成勲VS桜庭和志戦の裁定についての記者会見全文(6)
  • だが、ちょっと待ってほしい。なんかおかしくないですか? なんで秋山だけが反則したのに、反則負けじゃなくてノーコンテストなの?

    ちょっとルールを関係ありそうなところだけ引用させてもらいます。

    第6条 ワセリン、滑り止め等の利用の禁止

    第1項

    選手は身体にいかなるもの(オイル、ワセリン、痛み止め、マッサージ用のクリーム、整髪料、靴底・足裏へ滑り止め等)も試合前および試合中に一切塗布してはならない。

    第2項

    塗布していることが確認された場合は、直ちに「警告」が宣告される。さらに、罰金としてファイトマネーの10%が没収される。

    第7条 試合の勝敗は以下の結果で決定する。

    第5項 失格

    レフェリーは、反則行為または指示に従わない選手に対して、イエローカードの提示による「警告」をすることができる。試合中に警告が4回提示された場合、その選手は失格となる。但し、悪質な反則をした場合や故意に反則を繰り返す場合は、レフェリーの判断によりレッドカードを提示し、即失格とすることもできる。

    第6項 ノーコンテスト(無効試合)

    選手双方がルール違反を犯した場合、偶発性の事故により審判員および主催者が試合続行不可能と判断した場合、または、1ラウンド中に偶発性の事故により一方もしくは双方の選手が試合を続行できなくなった場合、その試合は「ノーコンテスト」となる。

    第8条 以下の行為を反則とする。

    反則を犯した選手は、レフェリーに「警告」を宣告され、判定の減点材料となり、警告4回で失格となる。

    なお、警告1回につき罰金としてファイトマネーの10%が没収され、失格となった場合は、ファイトマネーの全額(100%)が没収される。

    20. プロ選手として常識外の行為

    これらの反則行為により選手がダメージを負った場合、または選手の位置関係に大きな影響が見られた場合は、レフェリーは必要に応じて試合をストップし、反則を宣告した後、反則行為が行われた直前の状態から試合を再開するものとする。また、反則行為が攻防の流れに大きな影響を及ぼさないとレフェリーが判断した場合は、試合は継続状態のまま反則の宣告が行われるものとする。

    今回の裁定では、秋山選手の反則行為はHERO’Sルールの第8条その20の『プロとして常識外の行為』と認定し、秋山選手を失格とすることを決定いたしました。となっています。ルールどおりに解釈すれば、試合はノーコンテストではなく秋山の失格負けとなるはずです。なぜルールどおり失格負けにしないのでしょうか。ルールが決まっている以上、それが違反に対してヌルかろうが厳しかろうが守らなくてはなりません。

    ちょっとでも疑問を持つと、あれ、もしかしてこれもおかしくないか、あれもおかしくないか、ということになります。悪意がない、クリームが違反なのを知らなかった(ルールに塗布物全部禁止って書いてあるのに?)、というのも怪しいですし、映像で確認したと言われても、公開されてない映像に証拠能力はありません。そうなると試合中のレフェリーのタイム無視やボディチェックのいい加減さ(足チェックはテレビ放送では映っていなかったとしているが、映像があるなら出してほしい)などから、審判団ですら信用できません。そもそも選手や主催者から完全に独立した審判ではないし。

    まあ、それでもここまでして秋山を庇うのはいいとしましょう。興行ですから、そういうこともあるでしょう。ですから、一番わからないのは、主催者側がこの裁定で今後商売になる、少なくとも自分たちにとって最善策だと思っているだろうことです。この件で、よほどの信者以外は誰もがK-1に対して不信感を抱いたのではないかと思います。ここまでされて、我々はまだK-1に幻想を持てるものでしょうか。私はもう見たいけど見ないことにしました。格闘技自体に冷めた、という設定でいきたいと思います。

    プロレスがいいよ、プロレスが。年に1回のボビーや曙が瞬殺なんて絶対無いし(相手が悪すぎだろ…)、きっと笑わせてくれるしさ。

    魔裟斗vs鈴木悟の試合はとてもよかった。ボクサーvsキックのショー的要素の薄いリアルさを感じられた。カッコ悪く勝つ魔裟斗に感動した。

    今回はあえてグローブ問題やヌルヌルまとめサイトの情報を抜きに、ネットで根掘り葉掘りしなくても手に入る情報だけで考えてみました。ネットの闇に巣食い悪意燃えさかるキモイ秋葉系デブオタニートな2ちゃんねらーだけが、疑問を持つわけでもないんじゃないでしょうか。

コメント:2

おかだ 07-01-14 (日) 14:36

私もこれ聞いて、へんだな、と思いました。
一つ考えられるのは、勝敗裁定は当日のレフェリーにのみあるのかな、ということくらいでしょうか。
失格の項にはレフェリーがらみのことしか書いてないようなので。
適当な憶測でしかありませんが。
でも詳しく調べなかったのは、基本的にどうでもいいからですw

kyouso 07-01-14 (日) 22:51

そうですね、失格にはレフェリーが云々、とありますから。ただ、ノーコンテストは双方違反か試合続行不可能の場合となっていて、試合はもう終わっちゃってるので双方違反以外ないよな、と。
今回のケースはどっちにも該当しないから恣意的な裁きになったのかな、とは思います。
私もK-1側に対して悪意がアリアリなので、アレですけども(笑)

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.kyouso.com/20070114_1979/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
疑問を持つのはネットの闇だけか? from キョカラソドットコムホームページ

Home > 世間話 > 疑問を持つのはネットの闇だけか?

リンク
フィード
メタ情報

Return to page top